ENGINE online/エンジン オンライン

BREITLING for BENTLEY 接するだけで嬉しい。


ブライトリング・フォー・ベントレー ベントレー・マークVI
クリックすると拡大
ブライトリング・フォー・ベントレー
ベントレー・マークVI

ベントレー社は、1946年に現在も本社を置くイギリス・クルーに工場を新設。このモデルは、そこで同社が初めて完成させた名車「ベントレー・マークVI」にインスピレーションを受けた、上品な2カウンター・クロノグラフ。クラシックな雰囲気を盛り上げる中心部の茶色いサークルは、1/100時間単位の10進法の目盛りとなっている。
自動巻き。ステンレススティール・ケース+プラチナ・ベゼル。ケース直径42mm。100m防水。
133万3500円。
問い合わせ/ブライトリング・ジャパン
Tel.03-3436-0011
www.breitlingforbentley.jp



接するだけで嬉しい。


第2回は、ブライトリングとベントレーに共通する“魅力”の話。
過剰なものが多ければ多いほど、不要なものであればあるほど、
人は興味を持ち、欲望をそそられるのだ、と本誌編集長の大胆発言!
語り=鈴木正文(本誌) まとめ=森 慶太
 ブライトリングの時計を、僕たちはなぜ、ほしいのか。高品質で正確な計器だから、という説明では実は不十分です。もっとはるかに簡便な方法で限界に近いほどの精度を実現しているものがほかにいくらでもあって、しかもずっと廉価なのに、あえて純機械式クロノグラフを求める人々が依然としている。いるどころか、さいきんはむしろ増えてさえいる。どうしてか。
 欲望の対象だからです。たんに計器としての正確さだけを求めるなら、なにもブライトリングを手に入れる必要はありません。用が足りればそれでいいというなら。でも、ほしい。値段が高いからいい、というのとは違う。もちろん、安いからいいのでもない。
BREITLING for BENTLEY/ブライトリング・フォー・ベントレー
BREITLING for BENTLEY/ブライトリング・フォー・ベントレー
クリックすると拡大
 ただそれに接しているだけで嬉しい。楽しい。僕たちの好きな時計とはそういう時計です。クルマの世界でベントレーがそうであるのと同じく。化石燃料を燃やして走るいまの自動車は、無駄のカタマリかもしれません。でも、だからこそ情熱や欲望の対象になっているともいえる。便利で環境負荷が低い個人用の移動装置というだけの存在にいつかなったとしたら、そのときクルマは終わります。しかたなく使うものになる。
 ほしくもない時計やほしくもないクルマが圧倒的多数を占めるにいたったからこそ、ブライトリングやベントレーの人気がかえって増大した。用を足すための手段としては過剰、もっというと不要なものであるからこそ、それらをほしがる人たちが増えている。新たな富裕層の登場という経済的要因はもちろんあるわけですが、とりあえずそうかんがえるのが順当でしょう。
 電波やクオーツに頼らずにあえて複雑かつ困難なやりかたで高い精度をひたすら追求するのはアナクロニズムだ、という人もいます。僕はその意見に賛成しません。ブライトリングのひとつひとつの腕時計が、スイスの腕時計の公式精度検定機関であるクロノメーター検定協会のテストに合格しているという事実は、それらを作った人たちの膨大な叡知と情熱と労働のメルクマールです。「要らないもの」のために惜しみなくエネルギーを使う。熱意を傾ける。まさに人間を人間たらしめている営為、そういってよければ文化がそこに凝縮されているからこそ、人間である僕たちはそれを欲するわけです。世界最速の豪華車、ベントレーも同じ意味で「文化」だからこそ、欲望されつづけているのだと思います。



1957年Sタイプ・コンチネンタル“フライング・スパー”
クリックすると拡大
1957年Sタイプ・コンチネンタル“フライング・スパー”。
コーチワークはHJマリナー。ベントレー・モーターズが
所有するこの個体は現役でゲスト送迎に活躍。
乗って驚愕のスバラシサ。まさに過剰!

 
BREITLING for BENTLEY/ブライトリング・フォー・ベントレー



※価格は雑誌掲載当時のものです。


2008年7月号掲載





 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
LOTUS EVORA GT410/ロー…
ロータス・エヴォーラ・スポーツ410の後継モデル、GT410スポーツが上陸した。
NEWS
VOLVO V40/ボルボ V40CA…
ボルボV40の限定車、T3ナビ・エディションが登場した。
NEWS
BENTLEY BENTAYGA/ベン…
ベントレー・ベンテイガに、これまでのW12、V8ディーゼル、そして今回試乗記をお届けしている新しいV8…
NEWS
TOYOTA VELLFIRE/トヨタ…
トヨタ内はもとより、いまや日本のミニバンの頂点に立つアルヴェルこと、アルファード&ヴェルファイ…
NEWS
Renault CAPTUR/ルノー…
2017年のジュネーブ・ショウで発表された新型キャプチャーの日本での販売が開始された。
NEWS
Alpine/アルピーヌCAR P…
日本では初回限定車すら販売されていない新生アルピーヌの新型車A110だが、すでに初回限定車が完売し…
NEWS
ペンタゴン・ペーパーズ…
世界で最も有名な映画監督、スティーヴン・スピルバーグの作品はざっくり2つのジャンルに分けること…
NEWS
FERRARI PORTOFINO/フェ…
カリフォルニアTの後を継ぐ新型車が、その優美な姿を見せてくれた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼BREITLING BEAT 最新5件
 BREITLING for BENTLEY ベントレー・モデルの充実ぶりには目を見張るものがある。
 BREITLING for BENTLEY これこそコンプリケーション・メーカーの白眉。
 ブライトリング・フォー・ベントレーにようやくGMTが登場。
 BREITLING for BENTLEY ブライトリング唯一の角型にして唯一のジャンピングアワー。
 BREITLING for BENTLEY クラブ・ブライトリングの核が生まれた。