ENGINE online/エンジン オンライン

BREITLING for BENTLEY/ブライトリング for ベントレー
最新記事一覧
BREITLING for BENTLEY ベントレー・モデルの充実ぶりには目を見張るものがある。
BREITLING for BENTLEY
BREITLING for BENTLEY ベントレー・モデルの充実ぶりには目を見張るものがある。
ジャンピング・アワー機構や、ブライトリングではありえないレクタンギュラー・ケースデザインの採用、さらに豊富なダイアル・カラー…。ブライトリング・フォー・ベントレーの豊富なヴァリエーションには目を見張るものがある。改めてフル・コレクションを俯瞰した本誌編集

BREITLING for BENTLEY これこそコンプリケーション・メーカーの白眉。
BREITLING for BENTLEY
BREITLING for BENTLEY これこそコンプリケーション・メーカーの白眉。
どうしても機構が複雑となるクロノグラフを標準モデルとするブライトリングは、じつは比肩なきコンプリケーション・メーカーである。そんな同社がブライトリング・フォー・ベントレーに搭載した、年次カレンダー・クロノグラフ・モデルを見た本誌編集長は、これこそ実用…

ブライトリング・フォー・ベントレーにようやくGMTが登場。
BREITLING for BENTLEY
ブライトリング・フォー・ベントレーにようやくGMTが登場。
地球上を旅する人にもっとも似合うブライトリング・フォー・ベントレーが登場した。それが「ベントレー GMT」。正調クロノグラフ路線でありながら、ベントレーの意匠をより強調するべく大型化されたベゼルのメッシュ部分など、デザインも大胆に改革。モードっぽくもあり、…

BREITLING for BENTLEY ブライトリング唯一の角型にして唯一のジャンピングアワー。
BREITLING for BENTLEY
BREITLING for BENTLEY ブライトリング唯一の角型にして唯一のジャンピングアワー。
曲面と直線が見事に融合する分厚いレクタンギュラー・ケースのベゼルからスムーズに立ち上がる分厚いサファイアクリスタル風防。その下で主張するエッジィなベントレーのモチーフや優美な真珠母貝のインデックスに、本誌編集長の目は釘付けになった。

BREITLING for BENTLEY クラブ・ブライトリングの核が生まれた。
BREITLING for BENTLEY
BREITLING for BENTLEY クラブ・ブライトリングの核が生まれた。
クラブ・ブライトリングの核が生まれた。クラブ・ブライトリングという強固な会員組織がある。日本の正規代理店でブライトリングを購入した人のみが、入会することができるこの組織に属すると、計り知れないメリットと大いなる楽しみが待っている。世界にも例がないこの…

BREITLING for BENTLEY ブライトリングとベントレーに共通する魅力とは?
BREITLING for BENTLEY
BREITLING for BENTLEY ブライトリングとベントレーに共通する魅力とは?
2008年のテーマは、ブライトリング・フォー・ベントレー。ブライトリングとベントレーの製造の現場を巡った、本誌編集長が、両者の魅力をじっくりと検証していくシリーズ第1回。

BREITLING for BENTLEY 接するだけで嬉しい。
BREITLING for BENTLEY
BREITLING for BENTLEY 接するだけで嬉しい。
第2回は、ブライトリングとベントレーに共通する“魅力”の話。 過剰なものが多ければ多いほど、不要なものであればあるほど、人は興味を持ち、欲望をそそられるのだ、と本誌編集長の大胆発言!

BREITLING for BENTLEY 贅沢な2つの“GT”の競宴
BREITLING for BENTLEY
BREITLING for BENTLEY 贅沢な2つの“GT”の競宴
グランド・ツーリング、略して“GT”。クルマ好きにとって、かくも魅惑的な響きを持つこの名を冠する、ブライトリングとベントレーの代表的モデルを紹介しよう。

BREITLING for BENTLEY 本誌編集長イチオシの1本。その心は?
BREITLING for BENTLEY
BREITLING for BENTLEY 本誌編集長イチオシの1本。その心は?
“GT”シリーズの人気ライン“GTレーシング”。ブライトリング・フォー・ベントレーのシリーズで唯一、直接的かつモータースポーツ・ライクな名前を持つこのモデルは、ベントレーと一番かさなると、本誌編集長は考える。

BREITLING for BENTLEY 変わらないこともまたヨーロッパの〈美学〉。
BREITLING for BENTLEY
BREITLING for BENTLEY 変わらないこともまたヨーロッパの〈美学〉。
VW傘下に収まって名機6.75リッターV8 OHVエンジンが復活。アルナージほかベントレーのハイエンド・モデルに搭載された。みずからも、ベースを同じくする89年型ターボRに乗る本誌編集長は、6.75と名づけられたブライトリングを手首に巻きたいと思っている。

前のページ   1   次のページ

ENGINE最新号
ENGINE 2017年11月号 本誌表紙

2017年9月26日発売

ENGINE 2017年11月号

特別定価 980円


とびきりスタイリッシュなSUVの時代がやってきた!


ENGINE最新号 ネット購入

ENGINE DRIVING LESSON/エンジン ドライビング レッスン
エンジン ドライビング レッスン ENGINE DRIVING LESSON

会員登録(無料)をすると、ドライビング・レッスンの参加申し込みがサイト上で行えるほか、レッスンの内容や写真を閲覧できます。