ENGINE online/エンジン オンライン

BREITLING BEAT


クルマはM、時計はブライトリング
10代の時に見たクルマと時計に一途

高校を卒業して継いだ父親の小さな工務店を、30代半ばには年商15億円の建築会社に育て上げた中尾啓司さんは、知人の債務保証が災いし倒産の憂き目に遭った。10年をかけ、その個人債務分を見事完済したガッツあふれる中尾さんは、高校の時に一目惚れしたBMWとブライトリング一筋の、信念の人だ。
文=森 慶太 写真=吉村嘉隆

クリックすると拡大
現在の中尾さんの3台の愛車。左から福岡市街など街中で小回りが利くものを、と選んだZ4Mクーペ。中央は、長距離移動用に愛用するX6M、右は万能選手として重宝している唯一MではないBMW、335iクーペ。BMWの走りが好きなことをうかがわせるラインナップだ。
中尾さんの車歴の一部。トヨタ・ソアラは3台を乗り継いだ。 最初のBMWは525i。
キッカケはデザイン

 ブライトリングを好きになったキッカケはデザイン、とおっしゃる中尾啓司さんは、「どのモデルだったかは覚えていませんが、雑誌で見て」腕時計への興味は学生時代からあった。ブライトリングはデザインに一目ぼれだったが、じつは物心がついた時からの機械モノ好き。家にある目覚まし時計やラジオをすぐに分解してしまう子供だった。
 もちろんクルマも大好き。スーパーカー・ブームの頃は高校生で、やっぱり雑誌で知ったBMWの3.0CSが大のお気に入りだった。「じつは3.0CSはいまも好き」なので、だったらいっそ……と何度も思ったけれど、「1年間に330日、働いてるんです」。そしてマンション住まい。クルマは地下の駐車場。そういう状況で自分が納得できるように維持できるとは考えられなかった中尾さんは、いま手に入れて乗ることは敢えてしていない。「若い頃にレースをやっていたから、整備もやれるのだけれど、可哀そうだから」。
 ということで、現在の愛車はグッと新しめのBMWが3台。用途や行き先で使い分けている。
時計は? 「モデル名は覚えていませんがブライトリング・フォー・ベントレーが1本」。はい。「それからブライトリングがもう1本」。はい。「いや2本……3本だった」。ということは? 「全部で4本。ブライトリングだけです」。ずいぶん揃えましたね。「時計も使い分けていますから」。

中尾さんの車歴の一部。 X6 35iがX6Mの前身だ(写真 左)。Z3 Mロードスターはドライブを楽しんだ1台(写真 中)。メルセデス・ベンツ230SLKに浮気するもすぐ飽きてしまったとか(写真 右)。


前のページ
1
2
次のページ



page1 キッカケはデザイン
page2 負債総額17億円!

 
挑戦者たちの選択
レーシング・ドライバー…
元F1パイロットの山本左近さんが、フォーミュラEのステアリングを握ったのは今年の6月のこと。ロンド…
挑戦者たちの選択
競泳選手、立石 諒さんの…
泳ぐことが大好きだった少年はいま、平泳ぎの第一人者として、世界の舞台で戦っている。そんな立石 諒…
挑戦者たちの選択
シーカヤッカー、八幡 暁…
「グレートシーマンプロジェクト」を、2002年から続ける八幡 暁さんは今、拠点を神奈川は三浦半島に移…
挑戦者たちの選択
スキー・ジャンパー、葛…
2014年11月29日、ワールドカップ通算17勝目を、42歳5カ月という最年長で飾った、日本が世界に誇る“レ…
BREITLING BEAT
BREITLING BEAT(2012年9…
筋金入りの乗り物好き、チャーリィ古庄さんは、好きが嵩じて、単身渡米しパイロットの資格も取得した…
BREITLING BEAT
BREITLING BEAT(2012年10…
高校を卒業して継いだ父親の小さな工務店を、30代半ばには年商15億円の建築会社に育て上げた中尾啓司…
BREITLING BEAT
BREITLING BEAT(2012年11…
スーパーカー・ブームの頃は幼稚園児。そのとき既にクルマ好きだったという木内洋治さんは、アンチ・…
BREITLING BEAT
BREITLING BEAT(2012年12…
「市場とその地の工務店さんをどう結びつけるかを考えるのは、クルマと路面をどう対話させるかを瞬時…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 マニファッティのドライビング・グローブ 限定30個!
 ドライバーのためのGPSソーラー・ウォッチ SEIKO ASTRON × GIUGIARO DESIGN〈PR〉
 ENGINEオリジナル LOCMAN×武田双雲の腕時計、限定30本!
 スイス・ジュネーブで開催された新作時計見本市からの速報
 クラシック・カーが、沖縄に春を連れてきた!