ENGINE online/エンジン オンライン

ベクトラ・シリーズ第2弾、GTS上陸


OPEL VECTRA GTS/オペルベクトラGTS
オペル・ベクトラGTS
全長×全幅×全高=4610×1800×1465mm。ホイールベース=2700mm。車重=1510kg(3.2リッターV6)。開口部が大きいフロント・バンパーが魅力。2.2リッター直4が348.0万円、3.2リッターV6が415.0万円。



質実剛健的低価格独車


オペルの屋台骨であるベクトラのファストバック・モデル、GTSは輸入車プレミアム・セダン市場の台風の目となるか? 
文=荒井寿彦(本誌) 写真=柏田芳敬
欧州では増産体制 
 オペル・ベクトラGTSの試乗会が大磯プリンス・ホテルで開かれた。GTSはシトロエンC5のように、ウィンドウ一体型のリア・ゲートをもつベクトラ・シリーズの第2弾。昨年9月に欧州で発売された。セールスは好調で、イギリスのエルスメアポート工場では増産体制に入っているという。
 ちなみに、ベクトラのプラットフォームを使ったこのシリーズは、今後シグナムと呼ばれるホンダ・アヴァンシアのような5ドア・ハッチバックが春に、また普通のワゴンも今年中に発表される予定だ。ベクトラはオペルの屋台骨なのである。
 さて、オペルは前年割れが続く日本市場においては、GTSで新規顧客を開拓したい、と思っている。
OPEL VECTRA GTS/オペルベクトラGTS
質感の高い内装に感心。ステアリング・ホイールにオーディオ・コントロール・スイッチが並ぶ。シートの掛け心地はやや硬め。大きさ、ホールド性は良好。
OPEL VECTRA GTS/オペルベクトラGTS
ハッチバック・スタイルは使い勝手がいい。リア・バックレストを倒せば、最大1360リットルの空間が生まれる。
 昨年7月に発売されたベクトラ・セダンは50代から60代の顧客が多く、ほとんどがオペル車からの乗り換えだそうだ。GTSのターゲットは35歳〜45歳、BMW3シリーズ、アウディA4、アルファ・ロメオ156の購入を検討している人だという。  オペルがそういうことを考えるのは、GTSが単なる5ドア・ハッチバック・モデルではなく、ベクトラの高性能バージョンという性格も持っているからだ。確かに、開口部の大きいエア・ダクトを持つフロント・バンパーのGTSはセダンよりずっとカッコイイ。  ラインナップは、2.2リッター直4のGTS2.2と01年からオメガに搭載された3.2リッターV6を横置きしたGTS3.2の2種類。日本では01年からオメガは正規導入されていないので、オペルの3.2リッターV6モデルは今回が初お目見えとなる。


シックな内装

 そのGTS3.2に乗り込む。黒とシルバーで統一された室内がシックである。デザインはシンプルだが、安っぽい感じがしないのは、インパネの質感やスイッチ類の触感が上等で丁寧な仕上がりだからだ。オプションの本革シートの掛け心地はやや硬めである。内装の雰囲気で言えばGパンよりもスーツが似合うクルマ。
 西湘バイパスに入って最初に感じたのは、静かなこと。3.2リッターV6エコテックが低回転域から豊かなトルクを発生し、100km/h巡航が5速1950rpmに過ぎないことと、角ばったボディながらCd=0.28という優れた空力特性のおかげで、風切り音が小さいからだろう。
 乗り心地は少々硬い。セダンよりハードにセッティングされたスプリング・レート(前マクファーソン・ストラット、後4リンクのサスペンション形式は同じ)、セダンより20mm低い車高、17インチ・タイヤなどがあいまって、西湘バイパスの継ぎ目を超えると結構な突き上げがある。
 箱根ターンパイクに入ると、3.2リッターV6エンジンはレブ・リミットの6500rpmまで、とてもスムーズに吹き上がり、1510kgのボディをグイグイ引っ張ることがわかった。最高速度は試せないが、カタログによれば246km/hで、オペル量産車史上最速だそうだ。学習機能付き5ATは、上り下りのギア選択をなかなか賢く行う。それでもオレが、という人向けにマニュアルシフトも可能なティプトロ・タイプとなっている。
 コーナーでの姿勢変化、ステアリング・フィールも自然でいい。ボディのしっかり感も一級品の印象。おおっと思ったのは、コーナリングが楽しいこと。結構飛ばしても、極端なアンダーステアをださずにコーナーを脱出していく。2.2リッター直4モデルより70kgも重いので、直線は速いけど、曲がって楽しいクルマじゃないだろう、とタカをくくっていました。嬉しい誤算。
 ESPプラス(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)をはじめ、数々のアクティブ・セイフティ装置がついて価格415.0万円。BMW325iより63万円、アウディA4 2.4SEより51万円、それぞれ安い。久々の質実剛健な低価格ドイツ車。ガンバッテ欲しい。
OPEL VECTRA GTS/オペルベクトラGTS
3.2リッターV6エコテック・エンジンは最高出力211ps/6200rpm、最大トルク30.6kgm/4000rpmを発生する。ESPプラスのほか、CBC(コーナリング・ブレーキ・コントロール)、TCプラス(トラクション・コントロール)、ABS、EBD(制動力配分システム)、ブレーキ・アシストなどのアクティブ・セイフティが標準で付く。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
BMW M4 CS/BMW M4 シー…
BMWはM3とM4に一部改良を施すとともにM4にサーキットでの性能を高めた限定車を投入した。
NEWS
AUDI Q2/アウディCAR PE…
「新しいアウディを創造しました」
NEWS
VW up!/VW アップCAR PE…
2016年のジュネーブ・ショウでデビューした新型アップ!
NEWS
en Provence/アン プロ…
早くも2017年に入って3つ目の限定車が登場した。
NEWS
Porsche 911/ポルシェ91…
1963年の1号車ラインオフから54年の時を経て、100万台めの911がツッフェンハウゼン本社工場を出た。
WATCH SPECIAL CONTENTS
セイコー アストロン ジ…
世界初のGPSソーラー・ウォッチを世に送り出したセイコーが、ドライバーのためのスペシャル・モデルを…
Cars Driven/試乗記
CADILLAC/キャデラック…
キャデラック・セダン・シリーズに交代で乗りながら、ワンデイ・トリップを楽しんだ。
NEWS
写真作家・柏木龍馬氏の…
フランス・パリのギャラリー「PHOTO4/LWS」に所属する写真作家、柏木龍馬氏。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 キャデラックのセダンにイッキ試乗
 トヨタのコンパクトSUV、C-HRに公道で試乗!
 ポールスター・エディションを試す。
 メルセデスSUVのリーダー、Mクラスがモデルチェンジ!
 ルノー・スポールが手掛けた3台の最新モデルに富士スピードウェイでイッキ乗り。