ENGINE online/エンジン オンライン

本格的小型車市場に打って出たスマートforfourに乗る。


Smart forfour/スマート・フォー・フォー
SMART forfour/スマート・フォー・フォー
スマート誕生から6年、初の4ドアとなるforfour。トリディオンと四隅に配したタイヤ、張り出したフェンダーで変身コルト。
1.3の標準は14インチと鉄ッチン・ホイールだが、テスト車はオプションの15インチ・アルミを装備。タイヤはコンチ・プレミアムコンタクト。サイズは195/50R15。



……にしてはよくできている。


昨年のフランクフルトでデビューしたスマート初の4ドア、forfourが日本上陸。
早速1.3をテストする機会を得た。
文=今尾直樹(本誌) 写真=望月浩彦



Smart forfour/スマート・フォー・フォー
骨格は同じでも

日本仕様のスマートforfour は予定通り、1.3 と1.5 の2本立て。外観ではトリディオン・セーフティ・セルの色が1.3 はブラック、1.5 はシルバーになることで一目瞭然。もっとも、両方にチタニウム・グレーという共通のカラーが用意されていて、これを選ぶと、どっちなのかにわかにはわからない。
 ポリカーボネイト製のボディ・パネルは、それぞれ10 色から選ぶことができる。
 三菱との共同開発になるforfour は、コルトとプラットフォームを共用する。ボディ・サイズは全長×全幅×全高= 3790 × 1785 × 1460mm、ホイールベース= 2500mmちょうど。コルトより80mm短く105mm幅広く90mm低い。けれど、前1460 /後ろ1445mmのトレッド、ホイールベースはコルトとまったく同じ。骨格は同じでも着こなしでずいぶんガイジンぽく見えるといいますか、スマートのキャラクターがしっかりしていればこそできるテクニックだろう。
 エンジンは1.3、1.5ともに三菱のMIVEC エンジンをベースにしていながら、ボア×ストロークを微妙に変えてロング・ストロークに変更されている。コルトの1.3 は75.5x75.0mmでショート・ストロークの1343cc、スマートは75.0x75.4mmの逆さまで1332cc。最高出力と最大トルクはスマート1.3 が95psと12.7kgm で、コルト1.3 の90psと12.3kgmを上回る。コルトの1.3 はせいぜい140 万円ぐらいで、forfourは184.8万円と2割以上も高いのだから、この程度の差別化は必要というもの。1.5 の場合はこの差はさらに顕著で、forfour が109psと14.8kgm、コルトは98psと13.5kgmに留まる。車重はforfour1.3が1030kg、1.5が1060kg。コルトの方がグレードによってはちょっぴり軽い。
 機能面での違いは、パワー・ステアリングがforfour は電動のEPSなのに対して、コルトは通常の油圧、ギアボックスがforfourは6段ロボットAT なのに対して、コルトはCVT。タイヤ・サイズは1.3 は175/65R14で日独同じ、1.5 はともに15インチながら、forfourの方が扁平率が小さい195/50を採用している。


日本にあるかい

 スペックはかように似ていても、乗るとたぶん、ぜんぜん違う。直接乗り較べていないので、「たぶん」と書いたが、forfour はsmartブランドであるという説得力を持っている。まずもって見た目がスマートである。テスト車は1.3だからトリディオンはブラックとなり、ボディ・パネルに黒を選ぶと真っ黒けになってしまうけれど、そこでこの赤内装の鮮やかさを見よ。日本にあるかい、という感じ。
 走り出して印象的なのは、ソフタッチ・プラスと呼ばれるロボット式6ATが、本年2月にローマで開かれた国際試乗会時よりうんとよくなっていること。シフトが素早くスムーズに、上手になっている。これは日本上陸に際して、日本サイドからカイゼンを求めた結果だという。1.3ユニットの場合、高回転でやや振動を伴うのが玉にキズだが、マニュアルでバンバン、シフトして上まで回し、やや非力なクルマをスポーティに走らせる楽しみというのもある。
Smart forfour/スマート・フォー・フォー
ロールは控えめ。電動パワステはフィールがイイ。可変バルブ・タイミングを備える4気筒DOHC。1.3は95ps/6000rpmと12.7kgm/4000rpmを発生。スマート風に仕立てたインテリア。ヘッド・ルームはそうでもないが、総じて狭くはない。シートはスマート! つまり大いによろしい。後席は前後に150mmスライドする。三菱のアイディアながら便利。後席は分割可倒式でダブル・フォールディング。



 ステアリングはロック・トゥ・ロックが3回転で、特にシャープというわけではないが、とても素直で感じがイイ。乗り心地のよさは特筆すべきで、これはダンパーに高価なモノを使っておられるからでしょうか。オプションの195/ 50R15インチでも、硬すぎず、柔らかすぎず、ファームで、小型車としてはしっとり目。ロールも自然です。
 今回は限られた時間のチョイ乗りだったので、結論を急ぐことはしない。果たして本格的小型車市場に打って出たスマートが日本でどう受け入れられるか。真打登場というよりは、ツナギの代打だけれど、それにしてはよくできております、の太鼓判。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
ROLLS-ROYCE CULLINAN/…
ついにこの日がやって来た。前々からその存在が公言されていたロールス・ロイス初のSUV、カリナンが5…
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
フェラーリ・オーナーとフェラーリ・ファンのための跳ね馬の祭典、「フェラーリ・レーシング・デイズ…
NEWS
BMW X2/ビー・エム・ダ…
BMWのコンパクトSUV、X1をベースにスタイリッシュなボディを与えたX2の日本での受注が開始された。
NEWS
KANGOO COULEUR/カング…
日本オリジナルとなる特別なボディ・カラーに塗られたカングーの限定車クルール。第8弾目となる今回…
NEWS
MINI/ミニCAR PEDIA 20…
ミニの3ドアと5ドア、そしてコンバーチブルの3モデルが改良を受け、日本市場に投入された。識別ポ…
NEWS
RANGE ROVER Sport/レン…
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年モデルのレンジローバーおよびレンジローバー・スポーツ…
NEWS
MAZDA CX-3/マツダ CX-3…
デビューから3年3ヵ月で4度目の改良を受けたCX-3。これまでの3回は一部改良レベルだったが、今回…
NEWS
TOYOTA Yaris WRC/トヨ…
2017年、18年ぶりにWRCへの参戦を再開し、2勝を挙げたトヨタ。2018年もハンニネンに替わりフォードか…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。