ENGINE online/エンジン オンライン

7人乗りミニバン、ルノー・メガーヌ・グラン・セニック新登場!


RENAULT GRAND SCENIC/ルノー・グラン・セニック
クリックすると拡大
RENAULT GRAND SCENIC/ルノー・グラン・セニック
車両本体価格は、2.0が279.825万円。2.0グラスルーフが309.015万円。


この乗り味はクセになる。


2004年に発売されて以来、ヨーロッパでNo1の
人気を維持するルノー・グラン・セニックが、ニッポン初上陸。

文=塩澤則浩(本誌) 写真=神村 聖


安くて便利なミニバン

 1996年に、たっぷり荷物を積んで5人がゆったり乗れるモノスペース・コンセプトで登場した初代セニック。ヨーロッパでは年30万台も売れたが、日本での販売はあまり成功しなかった。安くて便利なミニバンが幅を利かす日本では、5人乗りは売れない、というのがその理由。2003年にモデルチェンジした2代目も、同じ理由で日本未導入のままだった。ところが去年、3列目のシートを持つグラン・セニックが追加され、ようやく日本で発売されることになった。
 日本に導入されたグラン・セニックは、普通のルーフの2.0と、豪華仕様でガラス・サンルーフが付く2.0グラスルーフの2タイプがある。全長、全幅、全高はそれぞれ、4495mm、1810mm、1635mm。プラットフォームは現行メガーヌと共通で、兄弟車にはアライアンス関係から生まれた日産ラフェスタがある。133ps/5500rpmの最高出力と19.5kgm/3750rpmの最大トルクを発揮する2リッター直4DOHCも日産との共同開発。元をたどれば出自を同じくするものの、2台の性格は、それぞれの市場の要求からかなり異なる。つまり、電動スライド・ドアなどの日本的ミニバン機能の充実を図ったラフェスタに対して、グラン・セニックはさてどんなクルマなのだろう。

RENAULT GRAND SCENIC
ステアリングのデザインはメガーヌと同じだが、インパネにはモダンな造形のセンター・メーターを採用。シフトレバーは、運転席側に張り出したセンター・コンソール上の自然に手が届く位置にある。室内は広々していて、前方視界もいい。
思わず膝を叩く乗り心地

 荷物満載で家族と旅するフランス人のバカンスのスタイルをグラン・セニックで体験するというのが、今回の試乗会の趣旨。ルノー・ジャポンが用意したルートは、パリならぬ練馬にあるルノーのディラーを出発して地中海ならぬ軽井沢までの往復。
 ルノー練馬ではじめて対面したグラン・セニックは、ボリューム感のあるエクステリア・デザインのおかげで意外に大きく見えた。新世代ルノー共通のデザインのフロント・マスクは、鉄火面顔のメガーヌと違って柔和な感じで、ファミリー・カーらしく好感が持てる。内装色はベージュのみだが、明るく温かみがあり、もともと広い室内をいっそう広く感じさせている。
 軽井沢に向けて走り出した途端、思わずポンと膝を叩いてしまった。乗り心地がものすごくいい。柔らかく滑らかで、まるで雲の上にビロードを敷いて走っているような感じ。その印象は、高速道路に入って速度を上げても変わらない。柔らかいと言ってもフワつくことはない。安定感がある。以前、長期リポート車として乗っていたザフィーラOEMのスバル・トラビックとは対照的。タイヤを路面に力強く押し付けるような、ドイツ車流の硬い乗り心地ではない。荒れた路面も高速の目地段差も軽くいなしてしまう柔軟性のある乗り心地だ。
 これだけ乗り心地が良くて、上屋のボリュームもあるのだからワインディングは不向きだろうと思っていたら、正反対。ハンドリングもいい。ロールしても腰が据わっている感じ。しっかり地に足がついている。スポーティではないが、フランス車らしくコーナーでは良く粘る。中低速のコーナーが連続するようなとこを走っていると、ミニバンだということを忘れさせてくれる。碓氷峠を駆け上がってもまだ走り足りなくて、旧軽井沢を越えて浅間山まで一気に走ってしまった。この乗り味はクセになる。
フロント・シートの座り心地は絶妙
フロント・シートの座り心地は絶妙。軽井沢からトンボ返りしてもまったくの疲れ知らず。床下収納のサード・シートの扱いは簡単。ただし、座面も背もたれも必要最低限の厚さしかないので、緊急用と割り切ったほうがいい。
 2リッター直4の、100km/h巡行の回転数は2500rpm。3000rpmを超えるとエンジン音が大きくなり、足元からノイズが進入してくる。4ATのトランスミッションが、シフトショックも大きめで少々古臭いというマイナス点もあるが、長距離を頻繁に行うヨーロッパで鍛えられた全負荷走行を難なくこなす頼もしさと、乗り心地の良さで十分カバーできる魅力がある。
 シート・アレンジのアイディアや収納ポケットの多さばかりにこだわる日本のミニバンは、このルノーの爪の垢を煎じて飲んでみたらどうだろう。

RENAULT GRAND SCENIC/ルノー・グラン・セニック
RENAULT GRAND SCENIC/ルノー・グラン・セニック


(2005年11月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
LOTUS EVORA GT410/ロー…
ロータス・エヴォーラ・スポーツ410の後継モデル、GT410スポーツが上陸した。
NEWS
VOLVO V40/ボルボ V40CA…
ボルボV40の限定車、T3ナビ・エディションが登場した。
NEWS
BENTLEY BENTAYGA/ベン…
ベントレー・ベンテイガに、これまでのW12、V8ディーゼル、そして今回試乗記をお届けしている新しいV8…
NEWS
TOYOTA VELLFIRE/トヨタ…
トヨタ内はもとより、いまや日本のミニバンの頂点に立つアルヴェルこと、アルファード&ヴェルファイ…
NEWS
Renault CAPTUR/ルノー…
2017年のジュネーブ・ショウで発表された新型キャプチャーの日本での販売が開始された。
NEWS
Alpine/アルピーヌCAR P…
日本では初回限定車すら販売されていない新生アルピーヌの新型車A110だが、すでに初回限定車が完売し…
NEWS
ペンタゴン・ペーパーズ…
世界で最も有名な映画監督、スティーヴン・スピルバーグの作品はざっくり2つのジャンルに分けること…
NEWS
FERRARI PORTOFINO/フェ…
カリフォルニアTの後を継ぐ新型車が、その優美な姿を見せてくれた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。