ENGINE online/エンジン オンライン

13年目にして初登場のワゴン版ランエボにサーキットで乗る。


三菱ランサー・エボリューション・ワゴン
クリックすると拡大
Mitsubishi Lancer Evolution Wagon/三菱ランサー・エボリューション・ワゴン
6MTの「GT」と5ATの「GT-A」があり、2リッター直4ターボは前者が280ps、後者は272psの設定。全長×全幅×全高=4520×1770×1480mmでGT-Aは全長のみ10mm長い。ホイールベース=2625mm。車重=1500kg/1540kg。車両価格=346.5万円/341.25万円。


軽快と重厚の好バランス


1992年に初代が誕生し、今年3月には9代目まで進化した
ランサー・エボリューションに初のワゴン・ボディが登場した。
ATモデルも用意される新スポーツワゴンの実力は?
文=村上政(本誌) 写真=神村 聖


「速く快適に」の考え方から
 13年目にして、なぜワゴンなのか。その背景には、ここ数年のランエボの性格の変化がある。そのきっかけとなったのは、2002年1月登場の「エボVII」にシリーズ初のATモデルが投入されたこと。以来、それまでの「速さ」の追求に加えて、「快適さ」をも兼ね備えたトータルなドライビング・プレジャーを実現することが、もうひとつの進化の流れになっていたのだ。
 その「速く快適に」の考え方をさらに推し進めたのが、今回のランサー・エボリューション・ワゴンということになる。基本プラットフォームは、今年3月に登場した「エボIX」のものを流用。それにランサーワゴンのボディ・サイド・パネルとルーフ・パネルを結合したものだが、むろん「エボ」の名に恥じぬようボディ剛性を高めるべく、リアまわりを中心に大幅な補強が施されている。テールゲート開口部に50点あまりに及ぶスポット溶接の増し打ちをするとともに、リア・シートの後ろに大型のリア・フロア・クロスメンバーを追加。また、遮音材もセダンより多く使って、快適性の面でも、さらなる向上(写真下)がなされている。
 エンジンとトランスミッションの組み合わせは2種類。6速MTモデルの「GT」には、エボIXで新開発された吸気側に可変バルブタイミング機構を持つ280psのMIVECエンジンを、トルクのみ1.5kgm抑えた40.0kgmにして搭載。一方、5速ATモデルの「GT-A」には、エボVIIのATモデルと同じ272psのものを採用している。いずれもサスペンションはエボIXと同じで、ダンパーはビルシュタイン。フロント・ディフは、GTがヘリカルLSD、GT−Aがオープン・タイプのノーマル・ディフになる。センター・ディフは三菱独自のアクティブ・センター・ディファレンシャル・システムで共通。リアの機械式LSDも共通だ。

(写真右中)エンジンはGT用の2リッター直4ターボMIVEC。最高出力=280ps/6500rpm、最大トルク=40.0kgm/3000rpmを発生。GT-A用は最高出力=272ps/6500rpm、最大トルク=35.0kgm/3000rpmとなる。
(写真右下)ブラックを基調とする内装はエボIXとほぼ共通だが、細部にメッキを施し、質感を向上させている。
(写真下)フロント・シートはレカロ製のバケット。リア・スタイルは平板な印象。荷室にはタイヤ・ハウスが張り出す。

三菱ランサー・エボリューション・ワゴン
Mitsubishi Lancer Evolution Wagon


ノーズがグイグイと内に

 最初に試乗したのはGT-A。外観上の識別点は、フロントのナンバー・プレートが中央にあることだ。GTではインタークーラー冷却のために、フロント・バンパー左下につけられている。
 専用のレカロ・シートは、セダンより若干ゆったり目で、サイド部が低められて乗り降りしやすい設定。走り出してまず感心したのは、剛性感が十分にあり、ワゴンのユルさはまったくないということだった。安定感は抜群で、リアがセダンより重くなっている分、どっしりと落ち着いた印象がある。ステアリングやペダル類の操作系はやや重めの設定で、手応えがある。
 速さはこれでも十分すぎるくらいで、なによりビックリしたのは、コーナリング中にノーズがグイグイと内に入っていくような動きを見せることだった。切り始めはあまりシャープとは思えないのだが、一呼吸おくとノーズがグイグイ入り始める。あとはアクセルを踏んでいけば、LSDがうまくトラクションをコントロールしながら、物凄いスピードで立ち上がれる。
 全体的に軽快さと重厚さのバランスが絶妙で、乗り心地も快適。セダンとはひと味違う乗り味だと思った。
 一方、GTの方は、これとは比較にならないくらい速く、軽快感が強い。クルマを振り回しながら乗れる感じで、ワゴンといえども明らかにスポーツ志向。ノーズの入り方もさらに鋭くなる。ただし、ワゴンとしてのトータル・バランスを考えればATモデルの方がお勧めだ。残念なのは、リア・スタイルがあまりに平板なこと。もう少しスタイリッシュにして欲しい。

Mitsubishi Lancer Evolution Wagon/三菱ランサー・エボリューション・ワゴン
Mitsubishi Lancer Evolution Wagon/三菱ランサー・エボリューション・ワゴン


(2005年11月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
MAZDA CX-3/マツダ CX-3…
デビューから3年3ヵ月で4度目の改良を受けたCX-3。これまでの3回は一部改良レベルだったが、今回…
NEWS
TOYOTA Yaris WRC/トヨ…
2017年、18年ぶりにWRCへの参戦を再開し、2勝を挙げたトヨタ。2018年もハンニネンに替わりフォードか…
SPECIAL
PORSCHE MACAN/ポルシェ…
大成功を収めたカイエンに続く、ポルシェSUVの第2弾として登場したマカン。機能面で見れば、ポルシェ…
NEWS
PORSCHE/ポルシェENGINE…
毎年、劇的なドラマが待ち受けているニュルブルクリンク24時間レース。今年の主役はポルシェだった。…
NEWS
ALFAROMEO STELVIO/アル…
アルファ・ロメオ・ステルヴィオの輸入がついに始まる。かねてから予告されていたとおり、カタログ・…
NEWS
『犬ヶ島』 ENGINE beat …
世界的なフィルム・メーカー、ウェス・アンダーソンの新作は、近未来の日本が舞台のアニメ。随所に黒…
NEWS
LAMBORGHINI MARZAL/ラ…
1967年5月7日、F1モナコGP決勝スタート前、ランボルギーニのコンセプト・カー、マルツァルがそのグラ…
NEWS
KANGOO JAMBOREE/カング…
今年で記念すべき10回目を迎えたカングー・ジャンボリーが5月13日に開催された。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。