ENGINE online/エンジン オンライン

新型オペル・ザフィーラ日本上陸!


OPEL ZAFIRA/オペル・ザフィーラ
クリックすると拡大
OPEL ZAFIRA/オペル・ザフィーラ
床下に格納できるサード・シートを持ったオペルの7人乗りミニバン。全長×全幅×全高=4465×1805×1660mm。ホイールベース=2705mm。車重=1600kg。日本仕様は2.2リッター4気筒直噴エンジンのみ。最高出力150ps/5600rpm、最大トルク21.9kgm/4000rpmを発生する。トランスミッションは4AT。荷室容量は5シーターの状態では旧型比45リッター増の645リッター、最大積載容量は120リッター増の1820リッター(すべてVDA方式)。ベース・グレードのCDが269万円、電子制御サスペンションを備えるスポーツが299万円となる。ボディカラーは標準色3色に加え、特注3色の計6色。



「こいつはいい」の太鼓判!


2代目オペル・ザフィーラ、1月から発売開始。
広さ、使い勝手、走りの良さ、価格で勝負します!
文=荒井寿彦(本誌) 写真=柏田芳敬



ひと回り大きくなった

 99年の発売以来、ヨーロッパで140万台をセールスしたオペルの7人乗りミニバン、ザフィーラが6年ぶりにフルモデルチェンジ、この冬日本に上陸した。
 2代目の開発における第1目標は居住スペースの拡大。初代に比べ全長を150mm、全幅を60mm、ホイールベースを10mmそれぞれ拡張することに加え、内装のレイアウトを合理化することで、3列全席でより広い居住スペースを確保している。一方、シートを取り外すことなく、2人乗りから7人乗りまでの多彩なレイアウトが可能な“フレックス・セブン”機構は旧型からそのまま引き継がれている。初代がヒットした理由のひとつはこのシート・アレンジメント・システムだとオペルは考えているからだ。特に3列目シートが2列目シートの下に潜るように折り畳まれ、完全にフラットな荷室を作り出す機構(写真右)は、ユーザーから「使い勝手がいい」と好評だったという。
OPEL ZAFIRA/オペル・ザフィーラ
OPEL ZAFIRA/オペル・ザフィーラ
 ひと回り大きくなった新型だが、旧型より30mm広がったワイドトレッド(前1485mm、後1505mm)、大きく傾斜したAピラー、リアに向かって緩やかに上昇しているショルダーライン、ブラックアウトされたB、Cピラーなどにより、外観はグンと引き締まった。
 ラインナップはCDとスポーツの2種類。スポーツにはアストラのスポーツ・モデルにも装着される電子制御サスペンション、IDSプラスが標準装備される。シルバーに輝くスポーツに乗り込んだ。インテリアの質感は圧倒的に向上している。特にメタル調の縦長センター・コンソール、飛行機のスロットル・レバーのようなハンドブレーキのデザインはカッコイイ。ATのレバーの位置も旧型より高くなって操作性も向上している。しかも、試乗車にはオプションのパノラミック・ルーフを装着しており、これが黒と赤のツートーンのシートをパッと明るくしていて気持ちがいい。助手席のカメラマンも「これ、いいじゃないですか!」と好印象を持ったようだ。


エンジンは直噴2.2リッター4気筒

 エンジンは兄弟であるハッチバックのアストラやアストラ・ワゴンには設定のない2.2リッター直4直噴エコテック。可変高圧直接燃料噴射機構をオペルで初めて採用したエンジンで、高性能と低燃費を両立。試乗会では燃費はチェックできないが、2本のバランサーシャフトを持ったこのエンジンの回転の滑らかさには感心した。高回転までよどみなく吹け上がり、1600kgのボディを不満なく引っ張る。ロング・ホイールベースと曲げ剛性旧型比74%アップの効果で、高速道路をビシーッと矢のように走る。空気抵抗係数はCd=0.31。風切り音も小さく、エンジンも静かで快適だ。旧型はやや硬めのゴツゴツした乗り心地だったが、新型はしなやかでフラット。ダンパーの減衰力を連続的に変化させるIDSプラスのおかげで、目地段差をまるで高級セダンのようにいなしていく。「乗り心地いいね、これ」と、今度は私がカメラマンにつぶやいた。
 箱根ターンパイクでも好印象。コーナリング姿勢はとても安定している。ミニバンとしては重心が低く、ロールの具合が自然でロールによる恐さを感じない。しなやかな脚はここでも大活躍、路面をガッチリつかまえている感じがなんとも心強いのである。
 2列目、3列目のシートにカメラマンと並んで座ってみた。旧型は2列目に大人が3人掛けすると肩が完全にぶつかってしまったが、新型なら中央に座る人が肩をすぼめる必要はないだろう。ただし、着座姿勢が膝を抱える3列目はエマージェンシー用と割り切った方がいい。とはいえ、7人すべて3点式シートベルトを備えているのは国産ミニバンに見習って欲しい点だ。
 価格はライバルのゴルフ・トゥーランの2リッターモデルより、スポーツで15万円、CDは45万円も安い。ギアの数は2つ少ないが、見た目も、広さも、走りも「こいつは、いい!」の太鼓判。自信を持ってお薦めです。

リア・バンパーの下部から開くテールゲートの採用で荷物の積み下ろしがラクになった
リア・バンパーの下部から開くテールゲートの採用で荷物の積み下ろしがラクになった。パノラミック・ルーフはアダプティブ・ヘッドライトとセット・オプションで27.3万円。シートは張りのある硬めのかけ心地で、座った瞬間に品質の高いクルマだ、という印象をドライバーに与える。インテリアのデザインと質感は旧型より格段に向上した。



(2006年2月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
LOTUS EVORA GT410/ロー…
ロータス・エヴォーラ・スポーツ410の後継モデル、GT410スポーツが上陸した。
NEWS
VOLVO V40/ボルボ V40CA…
ボルボV40の限定車、T3ナビ・エディションが登場した。
NEWS
BENTLEY BENTAYGA/ベン…
ベントレー・ベンテイガに、これまでのW12、V8ディーゼル、そして今回試乗記をお届けしている新しいV8…
NEWS
TOYOTA VELLFIRE/トヨタ…
トヨタ内はもとより、いまや日本のミニバンの頂点に立つアルヴェルこと、アルファード&ヴェルファイ…
NEWS
Renault CAPTUR/ルノー…
2017年のジュネーブ・ショウで発表された新型キャプチャーの日本での販売が開始された。
NEWS
Alpine/アルピーヌCAR P…
日本では初回限定車すら販売されていない新生アルピーヌの新型車A110だが、すでに初回限定車が完売し…
NEWS
ペンタゴン・ペーパーズ…
世界で最も有名な映画監督、スティーヴン・スピルバーグの作品はざっくり2つのジャンルに分けること…
NEWS
FERRARI PORTOFINO/フェ…
カリフォルニアTの後を継ぐ新型車が、その優美な姿を見せてくれた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。