ENGINE online/エンジン オンライン

新型オペル・ザフィーラ日本上陸!


OPEL ZAFIRA/オペル・ザフィーラ
クリックすると拡大
OPEL ZAFIRA/オペル・ザフィーラ
床下に格納できるサード・シートを持ったオペルの7人乗りミニバン。全長×全幅×全高=4465×1805×1660mm。ホイールベース=2705mm。車重=1600kg。日本仕様は2.2リッター4気筒直噴エンジンのみ。最高出力150ps/5600rpm、最大トルク21.9kgm/4000rpmを発生する。トランスミッションは4AT。荷室容量は5シーターの状態では旧型比45リッター増の645リッター、最大積載容量は120リッター増の1820リッター(すべてVDA方式)。ベース・グレードのCDが269万円、電子制御サスペンションを備えるスポーツが299万円となる。ボディカラーは標準色3色に加え、特注3色の計6色。



「こいつはいい」の太鼓判!


2代目オペル・ザフィーラ、1月から発売開始。
広さ、使い勝手、走りの良さ、価格で勝負します!
文=荒井寿彦(本誌) 写真=柏田芳敬



ひと回り大きくなった

 99年の発売以来、ヨーロッパで140万台をセールスしたオペルの7人乗りミニバン、ザフィーラが6年ぶりにフルモデルチェンジ、この冬日本に上陸した。
 2代目の開発における第1目標は居住スペースの拡大。初代に比べ全長を150mm、全幅を60mm、ホイールベースを10mmそれぞれ拡張することに加え、内装のレイアウトを合理化することで、3列全席でより広い居住スペースを確保している。一方、シートを取り外すことなく、2人乗りから7人乗りまでの多彩なレイアウトが可能な“フレックス・セブン”機構は旧型からそのまま引き継がれている。初代がヒットした理由のひとつはこのシート・アレンジメント・システムだとオペルは考えているからだ。特に3列目シートが2列目シートの下に潜るように折り畳まれ、完全にフラットな荷室を作り出す機構(写真右)は、ユーザーから「使い勝手がいい」と好評だったという。
OPEL ZAFIRA/オペル・ザフィーラ
OPEL ZAFIRA/オペル・ザフィーラ
 ひと回り大きくなった新型だが、旧型より30mm広がったワイドトレッド(前1485mm、後1505mm)、大きく傾斜したAピラー、リアに向かって緩やかに上昇しているショルダーライン、ブラックアウトされたB、Cピラーなどにより、外観はグンと引き締まった。
 ラインナップはCDとスポーツの2種類。スポーツにはアストラのスポーツ・モデルにも装着される電子制御サスペンション、IDSプラスが標準装備される。シルバーに輝くスポーツに乗り込んだ。インテリアの質感は圧倒的に向上している。特にメタル調の縦長センター・コンソール、飛行機のスロットル・レバーのようなハンドブレーキのデザインはカッコイイ。ATのレバーの位置も旧型より高くなって操作性も向上している。しかも、試乗車にはオプションのパノラミック・ルーフを装着しており、これが黒と赤のツートーンのシートをパッと明るくしていて気持ちがいい。助手席のカメラマンも「これ、いいじゃないですか!」と好印象を持ったようだ。


エンジンは直噴2.2リッター4気筒

 エンジンは兄弟であるハッチバックのアストラやアストラ・ワゴンには設定のない2.2リッター直4直噴エコテック。可変高圧直接燃料噴射機構をオペルで初めて採用したエンジンで、高性能と低燃費を両立。試乗会では燃費はチェックできないが、2本のバランサーシャフトを持ったこのエンジンの回転の滑らかさには感心した。高回転までよどみなく吹け上がり、1600kgのボディを不満なく引っ張る。ロング・ホイールベースと曲げ剛性旧型比74%アップの効果で、高速道路をビシーッと矢のように走る。空気抵抗係数はCd=0.31。風切り音も小さく、エンジンも静かで快適だ。旧型はやや硬めのゴツゴツした乗り心地だったが、新型はしなやかでフラット。ダンパーの減衰力を連続的に変化させるIDSプラスのおかげで、目地段差をまるで高級セダンのようにいなしていく。「乗り心地いいね、これ」と、今度は私がカメラマンにつぶやいた。
 箱根ターンパイクでも好印象。コーナリング姿勢はとても安定している。ミニバンとしては重心が低く、ロールの具合が自然でロールによる恐さを感じない。しなやかな脚はここでも大活躍、路面をガッチリつかまえている感じがなんとも心強いのである。
 2列目、3列目のシートにカメラマンと並んで座ってみた。旧型は2列目に大人が3人掛けすると肩が完全にぶつかってしまったが、新型なら中央に座る人が肩をすぼめる必要はないだろう。ただし、着座姿勢が膝を抱える3列目はエマージェンシー用と割り切った方がいい。とはいえ、7人すべて3点式シートベルトを備えているのは国産ミニバンに見習って欲しい点だ。
 価格はライバルのゴルフ・トゥーランの2リッターモデルより、スポーツで15万円、CDは45万円も安い。ギアの数は2つ少ないが、見た目も、広さも、走りも「こいつは、いい!」の太鼓判。自信を持ってお薦めです。

リア・バンパーの下部から開くテールゲートの採用で荷物の積み下ろしがラクになった
リア・バンパーの下部から開くテールゲートの採用で荷物の積み下ろしがラクになった。パノラミック・ルーフはアダプティブ・ヘッドライトとセット・オプションで27.3万円。シートは張りのある硬めのかけ心地で、座った瞬間に品質の高いクルマだ、という印象をドライバーに与える。インテリアのデザインと質感は旧型より格段に向上した。



(2006年2月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
極上のミステリーを味わ…
双子の兄弟との関係にのめりこむヒロインを描いた心理サスペンスと、極寒の雪原で起きた殺人事件の顛…
NEWS
SUZUKI JIMNY/スズキ …
これで4代目。ひと目でクロスカントリー4WDと認識できるスタイリングはジムニー伝統の丸目を踏襲しつ…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クローズド・コースの試乗でいいクルマの片鱗を見せた新型クラウン。果たして、公道での印象はどのよ…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。