ENGINE online/エンジン オンライン

STIの限定車、インプレッサS204デビュー!


SUBARU IMPREZA S204/ スバル・インプレッサS204
クリックすると拡大
SUBARU IMPREZA S204

スバル・インプレッサS204
スバルのモーター・スポーツ部門を統括するSTIがチューニングしたコンプリートカー。
04年、555台の限定で発売されたS203のコンセプトを受け継ぎながら、さらにスポーティかつ上質な走りを目指した。最高出力320ps/6400rpm、最大トルク44.0kgm/4400rpmを発揮する2リッター水平対向DOHCターボ・エンジンは、ピストン、コンロッドの重量計測、クランクシャフトのバランス修正を手作業で行い、丹念に組み上げられている。
全長×全幅×全高=4475×1740×1410mm。ホイールベース=2540mm。車重=1450kg。ボディ・カラーはグレー・メタリック、ブラック・パール、WRブルーの3色。車両本体価格=480.9万円




4枚ドアのポルシェ?


昨年、555台限定で登場したS203の後継車、S204が発売された。今回は600台の限定。新顔になったインプレッサS204を箱根でテストした。
文=塩澤則浩(本誌) 写真=神村 聖


 05年1月に555台限定で発売され、460万という高額なプライスにもかかわらずあっと言う間に完売したS203。インプレッサが同年7月にフェイス・リフトしたのを受けて、後継となるS204がデビューした。
 WRC(世界ラリー選手権)をはじめとしたスバルのモーター・スポーツ部門を統括するSTI(スバル・テクニカ・インターナショナル)がチューニングしたコンプリートカーのSシリーズ。ここで少しその歴史をおさらいしておくと、そもそもSTIがコンプリートカーを手がけたのは、98年、当時WRCで連勝中だったWRカーのロード・バージョンとして登場させた22Bが最初。車名にSが付いたのは2000年に登場したS201から。その後、02年に丸目の2代目インプレッサがベースのS202、涙目に顔が変わったS203が登場し、今回のS204へと続いている。
SUBARU IMPREZA S204/ スバル・インプレッサS204
 ちなみに、S201とS202は準競技車両のWRX STIスペックCがベースで、S203からはフツーのWRX STIにベース車両が変更されている。と言うものS203では、それまでの“筑波最速”向けのチューニングから、一般道での“走りの質”を追求する方向にチューニングが変更されたからで、今回のS204は、そのチューニング方法を基本に、より上質な走りを目指して開発されている。


凛として力強いたたずまい

 三鷹にあるSTIで受け取ったS204は抑制された迫力があった。ルーフにまで派手な空力パーツが付くスペックCと違い、フロント・スポイラーもリア・ウイングも控え目だが、たたずまいは凛として力強い。余計な空力パーツがない分、かえって凄みがある。
 乗り込んでみると、内装のデザインはインプレッサのままだ。ただし、インパネには艶消し塗装が施され落ち着いた雰囲気になっている。シートはS203同様レカロのドライ・カーボン製バケットだ。
SUBARU IMPREZA S204/ スバル・インプレッサS204
クリックすると拡大
 走り出してすぐに感じたのは乗り心地の良さ。S203も乗り心地のいいクルマだったが、さらに良くなっている。これは、S203では減衰力調節式だったダンパーが、より上質な乗り心地にチューニングされた固定式に見直されたためで、路面のザラザラした感触はもとより、目地段差を越えても強い突き上げを感じない。バシッではなくコトッと越えてしまうのだ。低速でもスポーティ・モデルにありがちなボディがヒョコヒョコする上下動はなく、街中でも快適だった。とはいうものの、もちろんダンピングは強力なので硬いことは硬い。嫌な硬さではない、ということだ。
 専用のボールベアリング式大径ターボが与えられた2リッターのエンジンは、基本はS203と同じ。しかし、コンピューターのプログラミングが変更され、320ps/6400rpmの最高出力こそ不変だが、最大トルクは44.0kgm/4400rpmへ1kgmながらアップしている。走り出せばすぐにわかることだが、これがとにかくパワフル。3000rpmあたりからターボが効き始め、バリバリバリという打楽器系のエグゾースト・ノートを響かせながら、そのまま一気に8000rpmのリミットまで気持ちよく吹け上がる。加速中は、シートに押し付けられた背中がはり着いたままだ。しかし、S204を走らせて一番気持ちがいいのはやはりワインディングだ。ステアリングはシャープのひと言。指1本分ほどの微舵にも鋭く反応し、狙い通りにラインをトレースできる。スプリングがノーマル比50%も強化されているため、タイトなコーナーを攻めてもほとんどロールは感じない。それでいて突っ張った感じがなく、路面が波打つようなコーナーでもボディをフラットに保ち、舐めるようにコーナリングできるのは、リア・サスペンションのリンク類にフリクションの少ないピロボールを使用しているからだ。
 S204はワインディングでももちろん速い。速いだけのクルマはたくさんあるが、対極とも言える速さと良い乗り心地を両立しているS204のようなクルマは国産では珍しい。大人の感性に訴えかけてくる上質でスポーティな乗り味は、あえて言えば、ポルシェに近いかも知れない。4枚ドアのインプレッサを上級なスポーツ・サルーンに仕立てたSTIに拍手を送りたい。

ステアリングとシフトノブはSTI製
ステアリングとシフトノブはSTI製。インパネは基本的にインプレッサと同じだが、艶消し塗装が施される。S203と同じドライ・カーボン製のレカロ・シートは、サイドが革となり乗降性が向上。クリア塗装された鍛造アルミのホイールはBBS製。フロント・サスペンションの付け根とリア・アッパー・マウントに付くヤマハと共同開発のパフォーマンス・ダンパーは、ボディの振動吸収に効果がある。



(2006年4月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
AUTOMOBILE COUNCIL 今…
ヘリテージ・カーがその場で買えるだけじゃない。自動車メーカーも趣旨に沿う出展で盛り上げた“オート…
NEWS
Ferrari F1/フェラーリ …
バカンス突入前の最終戦となったハンガリーGP。低中速コーナーが連続し、スロットル全開率の高くない…
NEWS
FIAT 500/フィアット 50…
ブルガリが世界で展開している300の店舗に、フィアット500が登場する。ブルガリとフィアットがパート…
NEWS
VOLVO/ボルボCAR PEDIA…
ボルボの第1号車“ヤコブ”がラインオフしてから今年で90周年を迎えることを記念した限定車、V90 90th…
NEWS
Mercedes-Benz S-CLASS/…
4月の上海モーターショウでデビューしたフェイスリフト版のSクラスが日本に上陸した。
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
待望のレンジローバー・ヴェラール、ついに日本上陸。 とびきりスタイリッシュなSUVの時代がやってき…
NEWS
PEUGEOT/プジョーCAR PE…
プジョー・ジャポンは主力車種の308を対象にした購入サポート・キャンペーンを開始した。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ