ENGINE online/エンジン オンライン

レクサス ISがマイナーチェンジ。年次改良の成果が出てきた。


LEXUS IS/レクサス IS
クリックすると拡大
レクサス IS
標準装備内容の充実と一部意匠変更を中心にマイナーチェンジされた新型IS。車輌本体価格はIS250(2.5リッターRWD)の399.0万円から、IS350タイプL(3.5リッターRWD)の532.0万円まで。250タイプL(4WD)は479.0万円。変速機はすべてのモデルに電子制御6段ATが使われる。今回の改良の目玉は、標準モデルとタイプLのシャシー・セッティングの変更。スポーティな仕立てのタイプSの脚にはとくに変更はないが、ステアリング操作力の見直しが行われ、シャシー特性に見合った重めのセッティングになり、統一感が上がっている。







滑らかになった走り。


レクサス・ラインナップの末弟にあたるISが、初のマイナーチェンジを受けた。
結果は期待以上のものだった。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=望月浩彦



 レクサスISが新しくなった。世に言うマイナーチェンジというやつだ。そして、はっきりと良くなった。  パッと見ての印象は大きく変わらない。すぐに気づくのはリアのコンビネーション・ランプとロードホイールの意匠の変化ぐらいである。大筋変化なし。
 それでいいと思う。高級車専門ブランドとして意図的にレクサスを立ち上げたトヨタは、ドイツ御三家プレミアム・ブランドは当たり前にやっている年次改良をレクサスでも行うと言った。そして、それを実行している。変更の内容はとくに衆目を集めるような派手なものではなく、中身の改良が主。とくにシャシー関係のセットアップを変更したりブラッシュ・アップしたりという、乗ってみなければ分からない類の事柄に集中している。
LEXUS IS/レクサス IS
でも、考えてみれば、それこそが最も大切なことである。そういう地道な、そして不断の改良作業に、どれだけ人的、金銭的リソースを注ぎ込めるかが、クルマの場合には終には似非高級と本物をわかつことになるからだ。本物に必要とされるのはスポットライトを浴びることでなく、それを理解するひとに本当の満足を与えることだろう。本物を理解するひとというのは、往々にしてそれを声に出して吹聴したりしない。送り出す側は、だから、真贋を見分けるひとの眼力を信じて、黙って送り出すしかないのである。

いきなり大成功ではなくてよかった

 日本国内でレクサス・ブランドが鳴り物入りで立ち上がった際に、いきなり絶賛、などということにならなかったのはしてみれば当然のことで、トヨタの期待にはそぐわなかったのかもしれないけれど、それでよかったのだとも思う。もしそこで双手を挙げて受け入れられるようなことになっていたら、はたしてトヨタは地道な作業と忍耐が本当に必要とされるんだという厳しいけれども当たり前の現実を前にして、ほんとうに腹をくくることができたかどうか、僕は少々怪しむ。トヨタの過去のクルマ作りを見続けてきたひとなら誰しもが、同じ想いを少なからず抱くだろうと思う。
LEXUS IS/レクサス IS
クリックすると拡大
 しかし、現実はそうはならなかったし、レクサス・ティームは本気で地道な改良作業に取り組むことになった。クルマ好きにとっては、喜ばしいことだ。
 レクサスISもこれまで年次改良を繰り返してきて、そのたびに少しずつ良くなってきた。そして、今回のマイナーチェンジ。派手なアドバルーンを上げたいという悪魔の声も囁いただろうに、耳を貸さなかった。新しいISの意匠変更の少なさがそれを物語っている。
 そして、実際に走り始めた途端に、「あっ、良くなっている!」と思わせるものに、なっていたのである。


しっとりとした味わいが出てきた

 最初に選んだ350タイプLで走り始めるとすぐに、脚の動きがしっとりとしなやかな感触を備え始めたことに気づいた。どこか流体のそれを想起させるような滑らかな動きをついにレクサスが覚え始めた。正直に白状すると、まさかトヨタがこういう乗り心地を実現するとは!? と意外に思ったほどだった。
 動き出してから30km/hぐらいまでの領域での乗り心地が、明らかに上質なものに変化している。ビシッとがっしりしてはいたけれど、粒の粗い路面ではざらつきを上手く隠せなかった初期型とは大違いだ。続けて乗った250タイプLはなぜかそこまで感心するほどではなかったけれど、基本的には同じセンで改良されていることが確認できた。嬉しい発見は、250に用意されている4輪駆動モデルでもほとんど見劣りしない感触が達成されていたことだった。これなら“生活4駆”と陰口を叩かれることもないだろうと思う。
 標準仕様の脚に改良が加えられた新型(タイプSを除く)は、しかしだからといって軟弱になったわけでは全然ない。脚は少しだけ緩められたけれど、適切なロール剛性を確保する手立てがきちんと打たれている。鞭を入れても、それに応えるのである。


見た目の印象はこれまでどおりのIS
見た目の印象はこれまでどおりのIS。上級トリムのタイプLには本皮革シートが標準で備わる。後席のヘッドレストは手動で前倒しできる機構が追加された。ルームミラーの視界を妨げないようにという配慮。エンジン・ルームはフルカバーされている。欧州車が始めたことだけれど、これも続ければレクサス流になる。



(2009年2月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
AUTOMOBILE COUNCIL 今…
ヘリテージ・カーがその場で買えるだけじゃない。自動車メーカーも趣旨に沿う出展で盛り上げた“オート…
NEWS
Ferrari F1/フェラーリ …
バカンス突入前の最終戦となったハンガリーGP。低中速コーナーが連続し、スロットル全開率の高くない…
NEWS
FIAT 500/フィアット 50…
ブルガリが世界で展開している300の店舗に、フィアット500が登場する。ブルガリとフィアットがパート…
NEWS
VOLVO/ボルボCAR PEDIA…
ボルボの第1号車“ヤコブ”がラインオフしてから今年で90周年を迎えることを記念した限定車、V90 90th…
NEWS
Mercedes-Benz S-CLASS/…
4月の上海モーターショウでデビューしたフェイスリフト版のSクラスが日本に上陸した。
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
待望のレンジローバー・ヴェラール、ついに日本上陸。 とびきりスタイリッシュなSUVの時代がやってき…
NEWS
PEUGEOT/プジョーCAR PE…
プジョー・ジャポンは主力車種の308を対象にした購入サポート・キャンペーンを開始した。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ