ENGINE online/エンジン オンライン

マゼラーティ・クワトロポルテの最スポーティ・モデル、GT Sに乗る。


マゼラーティ・クワトロポルテ・スポーツGT S
クリックすると拡大
MAZERATI QUATTROPORTE SPORT GT S/マゼラーティ・クワトロポルテ スポーツGT S
新型クワトロポルテ・シリーズには4.2リッターのクワトロポルテと4.7リッターのクワトロポルテSがラインアップされていたが、そこに追加されたのが、Sをさらにスポーティに仕立て上げたGT Sだ。Sのそれをさらにチューンした4.7リッターV8は、最高出力=400ps/7000rpm、最大トルク=50.0kgm/4750rpmを発生。6段ATを介して後輪を駆動する。内装も巨大なシフト・パドルが装備されるなどスポーティなつくりになる。
全長×全幅×全高=5110×1895×1420mm。ホイールベース=3064mm。車重=2050kg。
車両本体価格=1695万円。



ワルの超高級サルーン。


クワトロポルテSをさらにスポーティに仕立て上げたGT S。
それは見た目も音も走りも、すべてが過剰なまでに演出された1台だった。
文=村上 政(本誌) 写真=望月浩彦



グラントゥリズモを思わせるグリル
 ボディも内装もネロ(黒)のクワトロポルテ・スポーツGT Sは、見るからにワルそうな、ピリピリとした緊張感あふれるオーラをあたり一面に発していた。そもそも低いクワトロポルテの車高を、さらにフロント10mm、リア25mm下げているため、静止した状態でも道に張りつき、身構えるようなポーズをとっているかに見える。
 ノーマルやSとの見かけ上の大きな違いはフロント・グリルのデザインだ。ほかのモデルがシルバーのメッキを施された膨らんだ形状の垂直フィンを持つのに対し、これはグラントゥリズモを思わせるえぐり取られたような形状の黒い垂直フィンを持つ。その中央に据えられたトライデント(三叉の矛)には、赤い2本の横線。特別なスポーツ・モデルの証で、現行モデルでこれが与えられているのは、グラントゥリズモSとこれだけだ。
Cピラーにつくトライデントのエンブレムにも赤い線が2本入る。
 フロント・ミドに搭載される赤いヘッド・カバーを持つフェラーリ製のウェット・サンプ4.7リッターV8ユニットは、専用チューニングにより6000回転以上のトップ・エンドでのパワーを押し上げ、Sに比してプラス10psの最高出力440psを得ている。これもグラントゥリズモSと同じものだ。組み合わされるトランスミッションはリア・アクスル上ではなく、エンジンのすぐ後方に置かれた6速オートマティック。それでも車検証上の重量配分は前990kg、後1090kgとなっているから、いかにエンジンが低く深く押し込まれているかがわかろうというものだ。
 ドアを開けると、周囲がレザーで中央部がアルカンタラになったシートや、同じくアルカンタラとレザーのコンビネーションのステアリング・ホイール、その根本から突き出た巨大なパドル、カーボン調のパネルなど、やはりグラントゥリズモSと共通するデザインになっていることがわかる。ただし、グラントゥリズモSでもオートマティックの方ではなく6速シーケンシャル版の方だ。すなわち、6速シーケンシャルを持たないクワトロポルテでは、これがグラントゥリズモSの6速シーケンシャル版に相当する最もスポーティなモデルとなるわけだ。


マゼラーティ・クワトロポルテ・スポーツGT S
(写真右)シートはレザーとアルカンタラのコンビ。
マゼラーティ・クワトロポルテ・スポーツGT S
クリックすると拡大
マゼラーティ・クワトロポルテ・スポーツGT S
MAZERATI QUATTROPORTE SPORT GT S
サイド・ウインドウまわりのモールはシルバーからブラックに変更され、ドア・ハンドルはボディ同色となる。ホイールは専用デザインの20インチ。タイヤ・サイズは前245/35ZR20、後295/30ZR20。シートはレザーとアルカンタラのコンビ。


火を入れた瞬間から響きわたる野太い音
 キイを捻り、ブッファーンという雄叫びとともに4.7リッターV8ユニットに火を入れた瞬間から、室内には野太いエグゾースト・ノートが響きわたった。このGT Sで一番特徴的なのは音だ。ダッシュボードにあるスポーツ・ボタンを押すと、マフラーのなかのバルブが開いてより直管に近くなり、アイドリング状態から一段と激しい音を立てる。そして走り出せば、アクセレレーターを踏み込むたびに、ファオォンという爆音をあたり一面に撒き散らすことになる。フェラーリほど甲高くはないけれど、野獣が吠えるような独特のサウンド。都会を走っていると、通行人がみな振り返る。が、その姿を見つけるや、あわてて視線を逸らすのを感じて、いかにこのクルマがワルそうに映っているかがわかる。
マゼラーティ・クワトロポルテ・スポーツGT S
MAZERATI QUATTROPORTE SPORT GT S
 とはいえ、いかにワルそうに見えても、これは間違いなく超高級サルーンなのだ。ローダウンされると同時にフロントが30%、リアが10%硬められた固定レートの足回りは、決して乗り心地を損なうことはないどころか、むしろ適度に引き締まった感触がスカイフックのついたノーマルやSの足より気持ちいいくらいだ。都会を流して良し、高速道路を飛ばせば、速度を上げれば上げるほど路面に吸いつく感覚が、なお良し。ワインディング・ロードでは、さすがに全長5メートルを超えるボディと3メートルを超えるホイールベースが災いして、スポーツカーのようにとはいかないが、2tを越す大型サルーンとしては異例の軽快感に満ち満ちている。アクセレレーターの微妙な操作に間髪入れず反応する鋭い吹け上がり感をもったエンジン。切り始めからシャープに反応するステアリング。パドルを使ってマニュアル操作すれば、ブリッピングも入れたダイレクトなシフトを見せる6速AT。すべてがこの上なくスポーティだけれど、無粋な荒々しさとは無縁だ。ドライバーズ・サルーンとして至高の存在であることは、疑いの余地がないと思った。




(2009年11月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
AUTOMOBILE COUNCIL 今…
ヘリテージ・カーがその場で買えるだけじゃない。自動車メーカーも趣旨に沿う出展で盛り上げた“オート…
NEWS
Ferrari F1/フェラーリ …
バカンス突入前の最終戦となったハンガリーGP。低中速コーナーが連続し、スロットル全開率の高くない…
NEWS
FIAT 500/フィアット 50…
ブルガリが世界で展開している300の店舗に、フィアット500が登場する。ブルガリとフィアットがパート…
NEWS
VOLVO/ボルボCAR PEDIA…
ボルボの第1号車“ヤコブ”がラインオフしてから今年で90周年を迎えることを記念した限定車、V90 90th…
NEWS
Mercedes-Benz S-CLASS/…
4月の上海モーターショウでデビューしたフェイスリフト版のSクラスが日本に上陸した。
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
待望のレンジローバー・ヴェラール、ついに日本上陸。 とびきりスタイリッシュなSUVの時代がやってき…
NEWS
PEUGEOT/プジョーCAR PE…
プジョー・ジャポンは主力車種の308を対象にした購入サポート・キャンペーンを開始した。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ