ENGINE online/エンジン オンライン

クルマもドライバーもスマイル!


PEUGEOT 207/プジョー207
クリックすると拡大
PEUGEOT 207/プジョー207
サイドモールはスタイルのみ黒の樹脂製。プレミアム、シエロはボディ同色だ。鼻先の変更とともに、グリル上部のラインがほぼ水平になった。


乗ると笑顔になる!!


すらりした鼻筋と口元。
愛らしくなった新しい207に乗った。
文=上田純一郎(本誌) 撮影=柏田芳敬


 プジョー207が新しくなった。横浜美術館で行われた試乗会で実物をはじめて見た時「良くなったなぁ」と素直に思えた。エンブレムの付くノーズのラインがなだらかになり、グリルの内側にくっついていたフォグ・ランプはバンパーの外側に移動した。グリル自体の形状も違う。鼻筋と口元がすらりとして、ピエロのような作り笑顔から、自然な笑みになったように見える。
 2007年3月の導入以来、207は5ドアをはじめ、3ドア、SW、CCとラインナップを順次拡大してきたが、こんかい初のフェイスリフトが施された。ただし対象は5ドアのみで、ほかのモデルは前の顔のままだ。ラインナップはスタイル1.4、1.6、プレミアム、シエロの4グレード。みなとみらいで乗ることができたのは、このうちの2台である。
 最初に乗ったのは219万円のプレミアム。美術館の駐車場から出て、最初の信号まで走る。距離は20mほどか。それだけでもう目から鱗だった。
 ATがずいぶんと洗練されている。変速はスムーズでタイミングも今までと違ってとんとんと速い。以前なら加速中、40〜50km/hくらいで一瞬変速を迷うようなそぶりをみせた。減速時も、時々つんのめるようにシフ
スタイル1.4のMTモードのシフトレバー操作は押してUP、引いてDOWN
クリックすると拡大
スタイル1.4のMTモードのシフトレバー操作は押してUP、引いてDOWN。
ト・ダウンをしていた。輸入元の浅野厚志さんに話を聞いてみると、ATの改善は学習機能をあえて抑えることで実現したのだという。この自然さは、これまでのプジョーのATを知る人なら、つい笑みを浮かべてしまうはずだ。
 最高出力120ps/6000rpm、最大トルク16.3kg/3250rpmを発揮する1.6リッター・エンジンはEURO5に対応すべく改良され、このATとの組み合わせでCO2排出量が3%減少したという。
 続いて189万円の1.4スタイルに乗り換える。そこではじめて、プレミアムが履く195/55R16サイズではやや突き上げがあることに気がついた。マリノスタウンのまわりにある速度抑制のための段差を同じように越えると、1.4スタイルは遙かにしなやかに凸凹をいなしていく。
テールランプはLED化。シエロのみリアとサイドガラスがスモークに
クリックすると拡大
テールランプはLED化。シエロのみリアとサイドガラスがスモークに。
左からスタイル、プレミアム、シエロ
クリックすると拡大
左からスタイル、プレミアム、シエロ。グリルの装いが3グレードの上下関係を明確に示す。少しずつ金属(風)の部品が増え、豪華な造りに。
 1.4スタイルは最高出力88ps/5250rpm、最大トルク13.6kgm/3250rpmしかないけれど、5段R(ロボタイズド)MTのマニュアルモードなら、パワーをしっかり使いきれる。コラムに固定されたパドルは右でアップ、左でダウン。操作感もがっちりしている。みなとみらいと山の内ふ頭を繋ぐコットン大橋を高速コーナーに見立て、何度も往復してしまった。足まわりはプレミアムに比べると明確に柔らかいし、ロールは大きいけれど、路面をしっかりと掴み続けようとする。185/65R15というプレミアムより一回り細いタイヤは、乗り心地がいい上に軽快だ。スタイル1.4はバランスの良さが光る。こちらは笑みがこぼれるどころか、もう笑い出したくなるくらい楽しかった。




(2010年2月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…
ENGINE ROOM
絶品ラーメンが、どうし…
グリルパンの料理を紹介しているのに、それがなぜラーメンなのか。ヒントはチャーシュー。ふつうなら…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
ジャーナリスト46人の投票による、寝ても覚めても恋い焦がれる、 いま、もっとも愛しいクルマ・ラン…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。