ENGINE online/エンジン オンライン

ボルボC30がマイナーチェンジ!


VOLVO C30 AKTIVE & T5 R-DESIGN
クリックすると拡大
VOLVO C30 AKTIVE & T5 R-DESIGN



攻めのボルボ!!


ボルボでは珍しい2ドア・クーペ・スタイルのC30。
お台場で行われた試乗会から報告する。
文=塩澤則浩(本誌) 写真=小野一秋



 ボルボのイメージといえば、幸せそうな家族と広い荷室、そして安全というのが定番だけれど、C30はそんなイメージからすればボルボ車の異端児だ。2ドア・クーペだから家族は似合わないし、荷物もあまり積めない。さすがに安全対策に抜かりはないものの、見た目がカッコいいところがボルボらしくない(笑)。今回のマイナーチェンジでは、そのカッコよさに磨きがかかった。C30のいちばんの特徴は、なんと言ってもP1800SE似の個性的なリアの造形だが、今回はリアに比べて平凡だったフロントのデザインを大胆に変更している。ひと言でいえばエモーショナルでスポーティ。これなら“顔”で負けていたライバルのVWシロッコに対してもいい勝負ができそうである。
ボルボらしいボルボ

 お台場で行われた試乗会場に用意されていたのはベース・グレードの2.0eアクティブ(295万円)とハイパワー・バージョンのT5 Rデザイン(389万円)の2台。バンパー下部にスキッドプレートなどが付いた「エクステリア・スタイリング・パッケージ」(16万5000円)装着のアクティブから乗った。見た目がキレているからキビキビした走りを期待していると拍子抜けする。145psの2リッター直4はわりとモッサリした実用系のエンジンだ。回すとうるさい。飛ばす気にならないけれど、トルコンATのように自然で滑らかなデュアル・クラッチ式の6ATのフィーリングといい、ソフトな乗り心地といい、中身は人に優しいボルボである。
T5 Rデザインのリア・スタイル。マフラーは迫力の2出しだ
T5 Rデザインのリア・スタイル。マフラーは迫力の2出しだ。
 一方、その後乗ったT5は見た目どおり速かった。ボルボ自慢の2.5リッター直5ターボは最高出力が230ps/5000rpmもある。しかも32.6kgmの最大トルクを1500-5000rpmで発生するフラット・トルク型だから、どこから踏んでも力強い攻めのボルボだ。Rデザイン用の「スポーツ・サスペンション」の躾も絶妙で、ダンピングも強力。それでいて乗り心地が硬すぎないのがいい。しっとりと路面に吸いつくような感触は高級GTカーもかくやである。ハンドリングは動力性能ほどにシャープでないけれど、ボルボらしく安心感があって好ましかった。ボルボ・カーズ・ジャパンによれば、既存のC30のドライバーのうち半数は女性で、個性的なスタイリングが人気なのだという。そんな女性ドライバーにはますます人気になるだろうが、男女を問わず運転を楽しむことを重視する人には、オトナのスポーティーカーに仕上がったT5をおすすめしたい。

VOLVO C30 AKTIVE & T5 R DESIGN/ボルボC30アクティブ&T5 Rデザイン
(右)60年代の名車、P1800SEをモチーフにデザインされたリア・ハッチ。(中)北欧風を謳う独特なデザインの室内空間。センタースタックは個性的。(左)T-Tecと呼ばれる新素材を使ったシートのカラーは13色もある。



(2010年4月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
3列7人乗車を踏襲したものの、ミニバンから正統派SUVへと大胆に生まれ変わった5008。
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ