ENGINE online/エンジン オンライン

ボルボ、C70もマイナーチェンジ


VOLVO C70/ボルボC
クリックすると拡大
VOLVO C70/ボルボC70


家族で乗れる。


冷たい雨に屋根を閉めたまま乗ったC70は、
なぜか家族を思い起こさせるのだった。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=小野一秋



 横浜横須賀道路も残すところあと数kmというあたりで、雨が落ちてきた。細かい粒がウィンドシールドを叩きつける。これからせっかくオープン・カーの試乗だというのに、あ〜、ついてない。
 試乗開始よりずっと早く着いたので、会場になった横須賀美術館を見学させてもらうことにした。本館とは別に常設されている谷内六郎館へ移ると、1956年の創刊から26年間にわたって『週刊新潮』の表紙絵を担当したそのひとの原画がずらりと並んでいた。そこに描かれた野辺に遊ぶ子どもの姿に、自分の幼かったころを思い出した。子どもたちだけで完結していた時間が懐かしかった。そういえば、父親とまともに話すようになったのは、小学4年で自動車雑誌を読むようになって、父の次のマイカーに意見するようになってからだった。
仕切り板の上にルーフが収まる。
仕切り板の上にルーフが収まる。この状態でも下に200リッターの容量が残る。
 思い出に耽っている間に時間は過ぎ、ボルボの新しいC70に試乗する時間がやってきた。なのに、雨脚はさらに強くなって、横殴りの風も吹いている。3月も中旬に入ったというのに、外へ出ると冷たい空気が肌に痛い。こんなだと、メタル・ルーフを閉じてクーペのまま走るしかない。
 ビッグ・マイナーチェンジを受けた新型C70はダッシュボードも新しくなった。質感はさらに上がっている。試乗車は“ラグジュアリー・パッケージ”を加えた仕様で、シートは最上級のソフト・レザーになっているから高級感もある。
 新型は2.52リッターから230psと32.6kgmを生むターボ過給型だけになったが、これだけ力があると、1730kgあるC70も軽く感じる。5ATの働きぶりも優秀だ。アシストが強めに効いて軽やかな手応えをみせるステアリングは、直進自己復元力がしっかりあって運転しやすい。メタル・トップはかなりの大きさになるというのに、上屋だけが重い感じも、ボディがヤワな感じもとくにない。作り慣れて、上手くなったみたいだ。居心地がいい。
 信号で停まって何気なく振り返ると、後席も快適そうではないか。駐車場を見つけて急いで後ろに乗り移ると、予想外だった。この手の4座オープンは往々にして後席の着座位置が小高くて、そこに座ると、どことなくバツのわるい感じがしたりするものなのに、C70にはそれがぜんぜんない。落ち着ける。クーペのままでも、だから狭くない。
 居住性がこれだけきちんとしているのは、ルーフが大きいからだ。でも、それを格納すると荷室がなくなってしまうんじゃないかと思って雨の中出てトランクを開けると、このクラスのほかのクルマに遜色がなかった。巨大なルーフが巧妙にたたみ込まれて、しっかりと荷物スペースをその下に残している。
 このクルマだったら、ファミリー・カーとすることだってできそうだ。子どもたちも一緒に出かけたがるかもしれない。息子もクルマを話題にしてくれるんじゃないか、と思いたくなった。
 ボルボはそういうところがうまいのだ。


計器周りの造形を変えて上質感が増した。
クリックすると拡大
先のC30と同じように、見事に顔つきを変えたC70。
クリックすると拡大
計器周りの造形を変えて上質感が増した。ソフト・レザー・シートも上等。
先のC30と同じように、見事に顔つきを変えたC70。



(2010年5月号掲載)
 
 
最新記事一覧
SPECIAL
注目!! 富士のショー…
5月11日(木)開催予定のエンジン・ドライビング・レッスン・スペシャル、「FUJIオーバル・スクー…
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
volvo S60 Polestar/ボ…
ボルボS60ポールスターをベースとするレーシング・カー、TC1でWTCCを戦うポールスター・シアン・レー…
WATCH/時計
A.ランゲ&ゾーネ今月…
最高峰の技術を集大成した複雑時計と人気モデルのアップデートでブランドの魅力を新たにした今年。
WATCH/時計
オーデマ ピゲラグジュア…
今年は定番「ロイヤル オーク」が持つデザインの発展性を追求。基本的なスタイルを堅持しつつ、ディテ…
WATCH/時計
ヴァシュロン・コンスタ…
世界一複雑な時計「リファレンス57260」で披露した超絶技術の流れを汲むハイエンドの新作をずらりと揃…
WATCH/時計
カルティエENGINE WATCH …
ジュネーブ新作時計見本市で発表された2017年の新作は、それぞれのブランドが今まで以上に力の限りを…
WATCH/時計
タグ・ホイヤー カレラ …
自動車に関連したタグ・ホイヤーの代表作といえば、伝説のカー・レース、ラ・カレラ・パナメリカーナ…
NEWS
MORGAN EV3/モーガンEV3…
モーガンは2016年のジュネーブ・ショウで発表した同社初の電気自動車、EV3に続く第2弾として、EV3ジ…
WATCH/時計
ロジェ・デュブイモナコF…
コラボでも、意表を突くのがロジェ・デュブイ流だ。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 トヨタのコンパクトSUV、C-HRに公道で試乗!
 ポールスター・エディションを試す。
 メルセデスSUVのリーダー、Mクラスがモデルチェンジ!
 ルノー・スポールが手掛けた3台の最新モデルに富士スピードウェイでイッキ乗り。
 メルセデス・ベンツSLの頂点、63AMGが上陸!