ENGINE online/エンジン オンライン

三菱のファミリー・ビークル、RVRが復活。


MITSUBISHI RVR
クリックすると拡大
MITSUBISHI RVR
ベースは兄貴分のアウトランダー。前後を切り詰めてコンパクトにまとめている。



街乗りでカッコいい。


三菱RVRがコンパクトSUVとして復活した。千葉県のかずさアカデミアパークで行われた試乗会からの報告。


文=塩澤則浩(本誌) 写真=望月浩彦


 RVRといえば、90年代のRVブームでヒットした三菱の人気車種だった。トールワゴン・タイプで使い勝手のいいスライド式のドアがウケて、アウトドア・ファミリーは荷物を満載してこぞってキャンプ場に押しかけたものだ。その頃の三菱は行け行けどんどんだったから、走り屋系野外派お父さんのためにはランエボと同じ280psエンジンを積んだ高性能モデルまであった。時代は一変。流行りはダウンサイジングだから、SUVとして復活した新しいRVRの自慢はやっぱりエコである。「せっかく作ってもエコカー減税対象車でないと売れない」という営業現場の声に応えて、「できる燃費対策は全部やった」ところが新型RVRの売りだという。低燃費化を図った1.8リッターのNAエンジンに高効率のCVTを組み合わせ、BMWやアウディでお馴染みの、減速時に積極的にオルタネーターを使って蓄電した電力を加速時に活かす回生システムも採用した。もちろんパワステも電動だ。1615mmというSUVとしては低めの全高もしかりで、デザイン面でも燃費に配慮したという。こうした対策のおかげで2駆と4駆、合わせて6モデルのすべてが50%エコカー減税に適合している。

元気な走り100

 千葉県のかずさで行われた試乗会ではFFで豪華装備のGグレードに乗ることができた。燃費ありきで走りが骨抜きでは話にならないけれど、新型は思った以上によく走るシティ・ランナバウトだ。1.8リッター直4は、最高出力は139ps/6000rpmで、最大トルクは17.5kgm/4200rpm。意外と高回転型で、軽快にシュンシュン回る。車重は1360kgと軽めだから走りも元気である。でも、高回転を維持するCVT特有のクセもあって回すと少々うるさい。飛ばしたいときは、6段ステップのマニュアル・モードをパドルでシフトするのがお薦めで、メリハリのある運転が楽しめる。
 4295mmの全長と1770mmの全幅はVWゴルフとほぼ同じサイズ。前後のオーバーハングも短く、コマンド・ポジションの恩恵もあって取り回しの良さは抜群だった。あいにく高速道路は体験できなかったけれど、硬さと柔らかさがほどよくバランスした足回りは好印象で、試乗会場となった施設にたまたまあった石畳では、まるでプジョーの猫足のように軽やかに走るので驚いたくらいである。軽快な乗り味といい、ブルドッグみたいなキャラの立ったフロント・デザインといい、いちばんの魅力は若々しさにある。普段着のように足グルマとして街で乗るのがカッコいいと思う。2駆なら178.5万円から、4駆でも199.5万円からという低価格もうれしいし、燃費もよくてお財布にも優しいのだからいうことない。

MITSUBISHI RVR/三菱 RVR
(上)低価格のわりに質感の高い内装。写真は豪華仕様Gグレード。
(下)コラム固定式のパドル・シフトはGグレードに標準装備。
MITSUBISHI RVR/三菱 RVR
(左)メーター内のディスプレイには多彩な計測ができる燃費計が付く。 (右)Gグレードはオプションで本革パワー・シート(21万円)も選べる。

MITSUBISHI RVR/三菱 RVR
(左)ウエッジ・シェイプの効いたリア・スタイルはスポーティだ。(右)タイヤはM+Sではなく、ヨコハマAスペックを履く。脱アウトドア。



(2010年5月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
AUTOMOBILE COUNCIL 今…
ヘリテージ・カーがその場で買えるだけじゃない。自動車メーカーも趣旨に沿う出展で盛り上げた“オート…
NEWS
Ferrari F1/フェラーリ …
バカンス突入前の最終戦となったハンガリーGP。低中速コーナーが連続し、スロットル全開率の高くない…
NEWS
FIAT 500/フィアット 50…
ブルガリが世界で展開している300の店舗に、フィアット500が登場する。ブルガリとフィアットがパート…
NEWS
VOLVO/ボルボCAR PEDIA…
ボルボの第1号車“ヤコブ”がラインオフしてから今年で90周年を迎えることを記念した限定車、V90 90th…
NEWS
Mercedes-Benz S-CLASS/…
4月の上海モーターショウでデビューしたフェイスリフト版のSクラスが日本に上陸した。
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
待望のレンジローバー・ヴェラール、ついに日本上陸。 とびきりスタイリッシュなSUVの時代がやってき…
NEWS
PEUGEOT/プジョーCAR PE…
プジョー・ジャポンは主力車種の308を対象にした購入サポート・キャンペーンを開始した。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ