ENGINE online/エンジン オンライン

207ccも“新顔”に!


PEUGEOT 207cc/プジョー207cc
クリックすると拡大
PEUGEOT 207cc/プジョー207cc


小さくても贅沢。


マイナーチェンジしたプジョーのコンパクト・オープンで海を見に行った。
文=塩澤則浩(本誌) 写真=望月浩彦


 ここは南仏、コートダジュール。ではなくて本当は千葉の九十九里。でも、207ccのメタル・トップのルーフを開けて海沿いを走っていると、コートダジュールだと思い込んだ方が気分が出るし、気持ちがいい。スイッチひとつでクーペからオープンに25秒で変身できる電動開閉式のメタル・トップはまさに魔法の屋根だ。開ける前と後では見える風景も立体映像の3Dかそうでないかくらいの違いがある。これなら夜の銀座だって気分はもうシャンゼリゼである。プジョーがえらいのはこれをコンパクトな207でやったことだ。オープンエアの気持ち良さに関して言えば、1850万円のマゼラーティ・グランカブリオも207ccも同じ。それがスタンダード仕様のプレミアムなら299万円、ふんだんに本革をあしらった豪華内装のグリフでも334万円で楽しめるのだからありがたい。
 ついでに言えば、今回のマイナーチェンジでは、さすがにやりすぎたと思ったのか、「なに怒ってんの」と言いたくなるほどコワかったフロントのデザインがマイルドになった。さらに盗難防止装置やクルーズ・コントロールなどの装備も追加されている。それでいてマイチェン前より12万円も安い。オープンカーをより身近にする戦略価格だ。



(写真上)“見せる内装”。屋根を開けることを前提にデザインされている。
(写真中)見よ、この贅沢なダッシュボードを。ステアリングまでオシャレだ。
(写真下)クーペに変身。ゴルフ・バッグが2つは入る荷室の広さにビックリ。


PEUGEOT 207cc/プジョー207cc

見せたくなる内装

 プジョー・ジャポンから借り出した試乗車のグリフはとりわけ内装が豪華だ。こげ茶のアレザン・レザー仕様は受注生産で、シートはもちろん、ドアの内張り、さらにダッシュボードまで同じレザーでトータルにコオディネートされている。屋根を開けて見せることを意識した内装なんて、絶対日本車では真似できない。コンパクトカーでもここまでオシャレにするところはさすがだと思う。
100km/hくらいまでなら、巻き込む風もわずかで気にならない
100km/hくらいまでなら、巻き込む風もわずかで気にならない。
 1.6リッターの直4は120ps/6000rpmで、動力性能的にはたいしたことはない。アイドリングの振動が大きいのにも笑ってしまった。いまどきATが4段というもの古臭い。でも、不思議と乗っていて嫌な気がしないのは、シュンシュンと気持ち良く回るエンジンと、熟成が進んでスムーズになったATのおかげだ。乗り心地も街乗りではしっとり、高速道路ではしっかりといった感じでプジョーの良さが出ていたし、電動ステアリングのフィーリングも文句なく素晴らしかった。素晴らしいといえば、この日の試乗のクライマックスは、コートダジュールならぬ九十九里での試乗を終えた、自宅のある国立で訪れた。国立名物の大学通りの桜並木がそれである。満開の桜の下をオープンで走るのがこんなに贅沢なことだとは思わなかった。小さな207ccでも感動は大きい。オープン走りをすると、ニッポンも捨てたもんじゃない。





(2010年6月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
3列7人乗車を踏襲したものの、ミニバンから正統派SUVへと大胆に生まれ変わった5008。
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ