ENGINE online/エンジン オンライン

207ccも“新顔”に!


PEUGEOT 207cc/プジョー207cc
クリックすると拡大
PEUGEOT 207cc/プジョー207cc


小さくても贅沢。


マイナーチェンジしたプジョーのコンパクト・オープンで海を見に行った。
文=塩澤則浩(本誌) 写真=望月浩彦


 ここは南仏、コートダジュール。ではなくて本当は千葉の九十九里。でも、207ccのメタル・トップのルーフを開けて海沿いを走っていると、コートダジュールだと思い込んだ方が気分が出るし、気持ちがいい。スイッチひとつでクーペからオープンに25秒で変身できる電動開閉式のメタル・トップはまさに魔法の屋根だ。開ける前と後では見える風景も立体映像の3Dかそうでないかくらいの違いがある。これなら夜の銀座だって気分はもうシャンゼリゼである。プジョーがえらいのはこれをコンパクトな207でやったことだ。オープンエアの気持ち良さに関して言えば、1850万円のマゼラーティ・グランカブリオも207ccも同じ。それがスタンダード仕様のプレミアムなら299万円、ふんだんに本革をあしらった豪華内装のグリフでも334万円で楽しめるのだからありがたい。
 ついでに言えば、今回のマイナーチェンジでは、さすがにやりすぎたと思ったのか、「なに怒ってんの」と言いたくなるほどコワかったフロントのデザインがマイルドになった。さらに盗難防止装置やクルーズ・コントロールなどの装備も追加されている。それでいてマイチェン前より12万円も安い。オープンカーをより身近にする戦略価格だ。



(写真上)“見せる内装”。屋根を開けることを前提にデザインされている。
(写真中)見よ、この贅沢なダッシュボードを。ステアリングまでオシャレだ。
(写真下)クーペに変身。ゴルフ・バッグが2つは入る荷室の広さにビックリ。


PEUGEOT 207cc/プジョー207cc

見せたくなる内装

 プジョー・ジャポンから借り出した試乗車のグリフはとりわけ内装が豪華だ。こげ茶のアレザン・レザー仕様は受注生産で、シートはもちろん、ドアの内張り、さらにダッシュボードまで同じレザーでトータルにコオディネートされている。屋根を開けて見せることを意識した内装なんて、絶対日本車では真似できない。コンパクトカーでもここまでオシャレにするところはさすがだと思う。
100km/hくらいまでなら、巻き込む風もわずかで気にならない
100km/hくらいまでなら、巻き込む風もわずかで気にならない。
 1.6リッターの直4は120ps/6000rpmで、動力性能的にはたいしたことはない。アイドリングの振動が大きいのにも笑ってしまった。いまどきATが4段というもの古臭い。でも、不思議と乗っていて嫌な気がしないのは、シュンシュンと気持ち良く回るエンジンと、熟成が進んでスムーズになったATのおかげだ。乗り心地も街乗りではしっとり、高速道路ではしっかりといった感じでプジョーの良さが出ていたし、電動ステアリングのフィーリングも文句なく素晴らしかった。素晴らしいといえば、この日の試乗のクライマックスは、コートダジュールならぬ九十九里での試乗を終えた、自宅のある国立で訪れた。国立名物の大学通りの桜並木がそれである。満開の桜の下をオープンで走るのがこんなに贅沢なことだとは思わなかった。小さな207ccでも感動は大きい。オープン走りをすると、ニッポンも捨てたもんじゃない。





(2010年6月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。