ENGINE online/エンジン オンライン

キャディラックXLR、SRX、CTS3.6にカリフォルニアで乗る


キャディラックXLR/キャディラックSRX/キャディラックCTS3.6
クリックすると拡大
温暖なカリフォルニアでは、シートヒーターさえあれば真冬でも快適なフル・オープン走行が楽しめる。
全長×全幅×全高=4520×1850×1290mm。車重=1670kg。



米国車随一の高級ブランド、一気呵成に大変身!


GMは高級車マーケットにおける失地回復を目指し、キャディラックのラインアップを急ピッチで一新中。
2004年に漸次日本に導入される2座オープン、SUVそしてスポーツ・セダンをカリフォルニアで堪能した。
文=数藤 健(本誌) 写真=日本ゼネラルモーターズ



新世代のフラグシップ

 「アート&サイエンス」をキイワードに、キャディラックはここ数年、斬新なスタイルのコンセプトカーを矢継ぎ早に発表。ラグジュアリー・セグメントでの復権、イメージ一新をアピールしてきた。
 スタイル、品質、性能すべてに磨きをかけ、“キャディラック・ルネッサンス”を高らかに宣言して2002年春に登場したCTS(セダン)に続いて03年秋にデビューしたのが「XLR」。99年のデトロイトショウに登場したラグジュアリー・ロードスター・コンセプト「エボーク」の流れをくむ2座ロードスターである。
 躍動感ある大胆なスタイリングをまとった新世代キャディの旗艦の大きな特徴は、コンセプトカーにはなかった電動リトラクタブル・ハードトップ。直接的ライバルは同種のルーフ開閉機構を持つメルセデスSL、レクサスSC430(ソアラ)だ。
キャディラックXLR/キャディラックSRX/キャディラックCTS3.6
80%以上のパーツを新設計し、可変バルブタイミング機構をあらたに採用した4.6リッターV8ユニット。
最高出力=324ps/6400rpm、最大トルク=42.9kgm/4400rpm。無鉛レギュラーガソリン仕様だ。
 フロントエンジン・リアドライブのこの3台はボディ外寸も似通っている。一番全長が長いのがSL、幅広いのがXLRなのだが、他の2台とのサイズ差は全長、全幅とも最大で25mm。全高はXLR(1290mm)とSL(1300mm)がほぼ共通で、4座のソアラは1355mmと高め。
 車重にはかなり差がある。SL500の1850kg、ソアラの1730kgに対しXLRは1670kgと軽い。それもそのはず。この2座ロードスターのエンジンフード、ドア、トランクリッド、ルーフはポリエステル強化のファイバーグラス製。また、フロントおよびリア・クオーターパネルはポリウレタン製なのだ。もちろん成型にあたってはシート・モールディング・コンポジット工程など最新鋭の技術を駆使し、各複合素材を徹底的に強化している。


シートはヒーターのほか、セラミックディスクを使った“クーラー”も内蔵する
シートはヒーターのほか、セラミックディスクを使った“クーラー”も内蔵する。
アルミパネルとユーカリ材を効果的にあしらったインテリア
クリックすると拡大
アルミパネルとユーカリ材を効果的にあしらったインテリア。メーターパネルとキーは、イタリアのジュエラー「ブルガリ」がデザインした。速度計のベゼルに刻まれたBVLGARIロゴに注意! なお、エンジンはプッシュ・スイッチによりスタートする。


前のページ
1
2
3
次のページ



page1 米国車随一の高級ブランド、一気呵成に大変身!
page2 速くて強い
page3 ブランドの変革

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…
ENGINE ROOM
絶品ラーメンが、どうし…
グリルパンの料理を紹介しているのに、それがなぜラーメンなのか。ヒントはチャーシュー。ふつうなら…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。