ENGINE online/エンジン オンライン

ランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスターにボローニャ周辺で乗る。


Lamborghini Murcielago Roadster/ランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスター
クリックすると拡大
Lamborghini Murcielago Roadster



気分はランボー!


本年3月のジュネーブで発表された超ド級ロードスターの国際試乗会がファイティング・ブルの産地、イタリア・ボローニャ周辺で開かれた。
580ps、66.3kgmの猛牛、理性を取り去ってどうなったか?
文=今尾直樹(本誌) 写真=アウトモビリ・ランボルギーニS.p.A.

photos by Automobili Lamborghini S.p.A.


カッティング・エッジ

 2004年のジュネーブ・ショウに出品されたムルシエラゴ・ロードスターの生産準備が整った。そもそもは03年1月のデトロイトでプロトタイプとして登場したこのオープン・モデル、夏休み明けの9月から、まずはUSAでの販売が始まる。日本上陸は来年早々の見込みながら、価格はすでに発表済みで、消費税込み3094万560円。クーペの416万5560円高と、豪快な価格のわりに緻密な値づけ。今年の生産台数は70台ぽっきりだが、来年からはムルシエラゴの全生産台数の半数、200台が計画されている。
 国際試乗会の舞台はイタリア。ランボルギーニの本拠地、サンタガータ村はボローニャ市郊外にある。といってもホントはモデナの方により近いのだが、モデナ市郊外と書くと最大のライバルと同じになってしまう。で、某日朝、日本からのプレス若干名がサンタガータ村の本社にバスで到着すると、闘牛の新種2台はモダンなガラス・ウォールの社屋を背景にしてたたずんでいた。
 ルーフのない分、軽快で、床屋に行ったあとみたいにサッパリしている。と同時に、抜き身のナイフのような鋭さがある。最近のキャッチ・フレーズ、“カッティング・エッジ”な感じ。フロントからサイドへと至るガラス・スクリーンは、ヘルメットのバイザーをイメージしているそうで、モダンである一方、なんとなく70年代っぽい。デザインのインスピレーションをポルシェ908や70年代のスポーツ・プロトタイプから得ているというのが公式見解だが、つまるところはムルシエラゴがカウンタックの進化版だから、と見るのが正解ではあるまいか。
シフト・レバーの後ろの可変ダンパーの切り替えスイッチがなくなった
(上)シフト・レバーの後ろの可変ダンパーの切り替えスイッチがなくなった。その理由は「要らないから」。(下)写真ではわかりにくいかもしれないが、運転席と助手席でレザーの質が異なる非対称インテリアが新しい。ドライバー側は通気加工レザーが採用されている。パドル・シフトのeギア仕様。
 スタートする前に幌に関するレクチャーを受ける。ムルシエラゴ・ロードスターは基本的にロードスターで屋根がないけれど、突然の雨などに備えて緊急避難用のキャンバス製幌が用意されている。ただし、推奨速度160km/hまでの使用に限定され、ふだんはフロント・ボンネットの中に折りたたまれて入っている。これを装着するのをランボルギーニの人が見せてくれたが、骨組みを出してあれこれしているうちに15分ぐらいかかった。その分、ちゃんとしている感はあるけれど、突然の雨の場合は、潔く濡れることでしょう。せっかく装着された幌であったが、天気快晴ということもあって、即座に取り外される。





前のページ
1
2
次のページ



page1 気分はランボー!
page2 L-535ユニット

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
AUTOMOBILE COUNCIL 今…
ヘリテージ・カーがその場で買えるだけじゃない。自動車メーカーも趣旨に沿う出展で盛り上げた“オート…
NEWS
Ferrari F1/フェラーリ …
バカンス突入前の最終戦となったハンガリーGP。低中速コーナーが連続し、スロットル全開率の高くない…
NEWS
FIAT 500/フィアット 50…
ブルガリが世界で展開している300の店舗に、フィアット500が登場する。ブルガリとフィアットがパート…
NEWS
VOLVO/ボルボCAR PEDIA…
ボルボの第1号車“ヤコブ”がラインオフしてから今年で90周年を迎えることを記念した限定車、V90 90th…
NEWS
Mercedes-Benz S-CLASS/…
4月の上海モーターショウでデビューしたフェイスリフト版のSクラスが日本に上陸した。
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年11月号
待望のレンジローバー・ヴェラール、ついに日本上陸。 とびきりスタイリッシュなSUVの時代がやってき…
NEWS
PEUGEOT/プジョーCAR PE…
プジョー・ジャポンは主力車種の308を対象にした購入サポート・キャンペーンを開始した。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ