ENGINE online/エンジン オンライン

ついに、ランボルギーニの新フラッグシップを試す時がやってきた!
アヴェンタドールLP700-4にイタリア、ローマの名門サーキットで乗る。


LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4
クリックすると拡大
LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4



これは、“ハイパー・スポーツカー”だ!
しかし、人工的ではない。



カーボン・モノコックの軽量ボディを得たのに加えて、パワートレインを一新し、10年ぶりに生まれ変わったランボルギーニの旗艦、その名も“アヴェンタドール”。果たして700馬力の猛牛の走りとはどんなものなのか。副編ムラカミが体験した。
文=村上 政(本誌) 写真=アウトモビリ・ランボルギーニS.p.A






ヴァッレルンガを堪能する筆者
ヴァッレルンガを堪能する筆者
 ランボルギーニの伝統に則って、勇猛なファイティング・ブルの名を冠された新フラッグシップ、アヴェンタドールLP700-4の国際試乗会は、ローマ北部のヴァッレルンガ・サーキットを舞台に行なわれた。
 実は8年前、ガヤルドがデビューした時にも、この名門サーキットが使われている。私は残念ながら参加していないが、その時にはサーキット走行のほかに、公道での試乗も許されたという。だが、500馬力と700馬力の違い、ということなのだろうか。今回のメニューには公道はなく、サーキットのみ。しかも、自由に走らせてもらえるわけではなく、インストラクターがガヤルドで先導し、それに3台のアヴェンタドールが続く形で試乗会は行なわれた。
LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4 /ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4
クリックすると拡大
 1周約4kmのコースをホーム・ストレートに戻ってくる度に先頭を入れ換え、全員がインストラクターのすぐ後ろを走る機会を持つ。1セットは4周。とはいえ、4000万円以上もするスーパーカーのことである。果たして、何周走らせてもらえるかわからない。下手をすると1セットかも知れない。これは一期一会のつもりで全神経を集中させて乗らなければ……。そんなことを考えながら、自分の順番が回ってくるのをピット・ロードで待つ。
 最初のグループの試乗が始まると、まるでレーシング・カーが連なって慣熟走行を開始したかのような巨大なエグゾースト・ノートがホーム・ストレートに谺した。完全新設計の6.5リッターV12ユニットはショート・ストロークになり、700psの最高出力を8250rpmという高回転で絞り出す。フゥオン、クオオオオーンというサウンドは、これまでのランボルギーニが持っていた低くくぐもったものより、もう少し高く軽い。しかし、フェラーリのような甲高い叫びではない。馬の嘶きより、猛牛の雄叫びを連想させるのは不変だ。


前のページ
1
2
3
次のページ



page1 これは、“ハイパー・スポーツカー”だ!しかし、人工的ではない。
page2 ゆっくりと目覚めるように始動
page3 至福の9セット36周

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
極上のミステリーを味わ…
双子の兄弟との関係にのめりこむヒロインを描いた心理サスペンスと、極寒の雪原で起きた殺人事件の顛…
NEWS
SUZUKI JIMNY/スズキ …
これで4代目。ひと目でクロスカントリー4WDと認識できるスタイリングはジムニー伝統の丸目を踏襲しつ…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クローズド・コースの試乗でいいクルマの片鱗を見せた新型クラウン。果たして、公道での印象はどのよ…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。