ENGINE online/エンジン オンライン

ついに、ランボルギーニの新フラッグシップを試す時がやってきた!
アヴェンタドールLP700-4にイタリア、ローマの名門サーキットで乗る。


LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4
クリックすると拡大
LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4



これは、“ハイパー・スポーツカー”だ!
しかし、人工的ではない。



カーボン・モノコックの軽量ボディを得たのに加えて、パワートレインを一新し、10年ぶりに生まれ変わったランボルギーニの旗艦、その名も“アヴェンタドール”。果たして700馬力の猛牛の走りとはどんなものなのか。副編ムラカミが体験した。
文=村上 政(本誌) 写真=アウトモビリ・ランボルギーニS.p.A






ヴァッレルンガを堪能する筆者
ヴァッレルンガを堪能する筆者
 ランボルギーニの伝統に則って、勇猛なファイティング・ブルの名を冠された新フラッグシップ、アヴェンタドールLP700-4の国際試乗会は、ローマ北部のヴァッレルンガ・サーキットを舞台に行なわれた。
 実は8年前、ガヤルドがデビューした時にも、この名門サーキットが使われている。私は残念ながら参加していないが、その時にはサーキット走行のほかに、公道での試乗も許されたという。だが、500馬力と700馬力の違い、ということなのだろうか。今回のメニューには公道はなく、サーキットのみ。しかも、自由に走らせてもらえるわけではなく、インストラクターがガヤルドで先導し、それに3台のアヴェンタドールが続く形で試乗会は行なわれた。
LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4 /ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4
クリックすると拡大
 1周約4kmのコースをホーム・ストレートに戻ってくる度に先頭を入れ換え、全員がインストラクターのすぐ後ろを走る機会を持つ。1セットは4周。とはいえ、4000万円以上もするスーパーカーのことである。果たして、何周走らせてもらえるかわからない。下手をすると1セットかも知れない。これは一期一会のつもりで全神経を集中させて乗らなければ……。そんなことを考えながら、自分の順番が回ってくるのをピット・ロードで待つ。
 最初のグループの試乗が始まると、まるでレーシング・カーが連なって慣熟走行を開始したかのような巨大なエグゾースト・ノートがホーム・ストレートに谺した。完全新設計の6.5リッターV12ユニットはショート・ストロークになり、700psの最高出力を8250rpmという高回転で絞り出す。フゥオン、クオオオオーンというサウンドは、これまでのランボルギーニが持っていた低くくぐもったものより、もう少し高く軽い。しかし、フェラーリのような甲高い叫びではない。馬の嘶きより、猛牛の雄叫びを連想させるのは不変だ。


前のページ
1
2
3
次のページ



page1 これは、“ハイパー・スポーツカー”だ!しかし、人工的ではない。
page2 ゆっくりと目覚めるように始動
page3 至福の9セット36周

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。