ENGINE online/エンジン オンライン

2012年モデルのXKRとXFに乗る。


Jaguar XKR & XF 3.0 Premium Luxury/ジャガー XKR & XF 3.0 プレミアム ラグジュアリー
クリックすると拡大
Jaguar XKR & XF 3.0 Premium Luxury

Jaguar XKR & XF 3.0 Premium Luxury/ジャガー XKR & XF 3.0 プレミアム ラグジュアリー


ジャガー=スポーツカーの世界 #03



爽快な箱と豪快な流線型。


たとえサルーンであっても、ひときわスポーティなドライブ・フィールを持つジャガー・サルーンの入門モデル、XFと、ジャガー・スポーツ・クーペの高性能モデル、XKRの2012年型がいちはやく上陸したので、さっそくロード・テストに引っ張り出した。
文=鈴木正文(本誌) 写真=望月浩彦



オネスト・プライス

 2012年型のサルーンとスポーツカーの2台のジャガーは、ともにフェイス・リフトを受け、ともによりシャープなディテールを与えられて、若々しくリフレッシュした。
 まず、XF。ベース・モデルの3.0ラグジュアリーとおなじ自然吸気の3リッターV6を積むが、装備のグレードがアップした3.0プレミアム・ラグジュアリーを借り出した。特筆されるのは、前年までの760万円から694万円に大幅に値下げされたことで、ベース・モデルのラグジュアリーも、旧型の650万円から595万円になった。最近の円高をいちはやく反映したオネストな姿勢に好感を禁じ得ない。
 HIDキセノン・ヘッドランプと、J型のLEDポジション・ライトによって、フロントは精悍に引き締まり、リア・エンドではテール・ランプが水平方向にワイド化されて旗艦サルーンのXJとの近似性が強まった。3リッター・ユニットは、燃費改善のためか、従来の243ps/6800rpm、30.6kgm/4100rpmから、238ps/6500rpm、29.9kgm/4100rpmへと、わずかにデチューンされている。とはいえ、体感上では違いはわからない。
Jaguar XKR & XF 3.0 Premium Luxury/ジャガー XKR & XF 3.0 プレミアム ラグジュアリー
 このV6の回転フィールは爽快だ。いかにも軽量な運動部品がバランスよく運動速度を上げていく感じをともなって、6600rpmのレヴ・リミットに軽々と到達する。4500あたりを境にして、噛みつくような、そして強力でもあるレスポンスを示すから、たんに軽く吹ける味なしエンジンではない。トップエンド領域では、スロットル開度の変化に即応する精密なパワー応答が印象的だ。
 もうひとつの美点は、すぐれた前後バランスを有するシャシーで、それは、奥に行くにしたがってタイトになるコーナーでステアリングを切り足していったとき、リアがしっかり追従してくるときに痛感する。およそアンダーステアを感じないニュートラルに近いハンドリング性能が一貫し、ドイツ製のプレミアム中型サルーンよりも一枚上手のシャシーの洗練ぶりを見せる。また、高速道路のワインディング・セクションでは、軽微なロールとともにスッとこともなげにインに寄るのが気持ちいい。ステアリングを切るのが待ち遠しくなるぐらいだ。
 そのうえ、どんな場面でも乗り心地はしなやかで、テスト車はオプションの20インチ・タイヤを履いていたのに、足回りにゴツゴツとした感触はなかった。鋭敏に反応し、変速プロセスもいたってスムーズなZF製の6段ATも合格だ。
 物足りないのは、山岳路の登りのセクションで露呈するミド・レインジ・トルクの細さだ。とはいえ、前51%、後49%という理想的な前後重量配分と、しっかり確保されたボディ剛性の恩恵は大きく、ハンドリング・バランスにおいて、世界屈指のスポーツ・サルーンといえる。


前のページ
1
2
次のページ



page1 爽快な箱と豪快な流線型。
page2 ワイルド・ワン

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
3列7人乗車を踏襲したものの、ミニバンから正統派SUVへと大胆に生まれ変わった5008。
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ