ENGINE online/エンジン オンライン

ポルシェ911カブリオレにスペイン・カナリア諸島で乗る。
いざ、オープン・カー・ライフへ! 第4部 最新オープン・カー海外試乗篇 その(1)


クリックすると拡大
PORSCHE 911 Cabriolet



世界一の幸せ者が乗るクルマ


昨年フルモデルチェンジした新型911に早くもカブリオレ・モデルが加わった。
アルミを多用したボディに加え、幌もマグネシウムを使うなどして軽量化した最新オープン・ポルシェの乗り味はどうか。大西洋に浮かぶ島からの報告。

文=村上 政(本誌) 写真=ポルシェ・ジャパン(小川義文)



 朝起きると、グラン・カナリア島にあるゴルフ場つきの高級リゾート・ホテルの玄関には、色とりどりの新型911カブリオレの試乗車が並べられていた。ホワイト、レッド、グレーなど従来からある色のほかに、薄いイエローやベージュのような微妙な色合いのボディ・カラーが加わったのが新型911の特徴で、そこにこれまた色とりどりのルーフが組み合わされた姿は、ハッとするほど美しく、圧倒的にスタイルのいいクルマになったと思った。
 極端に言うと、これまでの911カブリオレはミツバチみたいなカッコウをしていた。クーペだと、ボディのくびれとお尻の大きさのバランスがセクシーでカッコいいのだが、カブリオレにするとお尻の大きさばかりが強調されすぎて、ちょっと不格好な感じがあった。しかし、新型ではフロントのトレッドが拡がり、ボディのくびれが減った分、クーペのセクシーさは薄れたが、そのかわりカブリオレが端正な美人になった。
 もうひとつ、新型カブリオレのデザイン上の特徴はルーフ形状にある。これまではややモッコリしていたのが、新型ではクーペとほぼ同一のスッと流れるようなルーフ・ラインを得た。そのおかげで屋根を閉じていてもカッコいい。構造材にマグネシウムを使った幌は、より大きく頑丈になったにもかかわらず35kgと軽量で、開閉に要する時間も13秒と、先代より7秒も短縮されている。
 ついでにもう少しスペックを紹介しておくと、アルミとスチールの軽量ハイブリッド・ボディを持つのはクーペと同じで、ボディ重量はカレラのPDKモデル比で先代より60kg減。Cd値はクーペの0.29に対して0.30とほぼ同じ。動的ねじれ剛性は先代比18%向上。その一方で、アイドリング・ストップ機構や巡行時にギアをニュートラルにするコースティング機構の導入により約15%の燃費改善を実現しているという。
クリックすると拡大
俯瞰して見ると、これまでとはボディ前後のプロポーションが変化しているのがよく分かる。これまでの911カブリオレは極端にお尻が大きい蜜蜂のような印象だったが、新型は違う。フロント・アクスルのトレッドが先代モデルよりも52mm拡大され、フロントの車幅が61mm拡がった結果、バランスがよくなり、より美しくなった。


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Renault TWINGO/ルノー…
ルノー・トゥインゴに限定車、パリジェンヌが発売された。その名のとおり、パリの女性をイメージした…
Cars Driven/試乗記
VOLVO V40 D4R/ボルボV4…
これで3度目となるV40 D4 Rデザインの限定車とこれで最後となるV60ポールスターをテスト。
NEWS
MASERATI/マセラティCAR…
沖縄の海で体験した高速ヨット、マゼラーティ・マルティ70は、水上を飛ぶように疾走する、夢のような…
NEWS
CHEVROLET CORVETTE GRAN…
シボレー・コルベット生誕65周年を記念して、自分だけの1台をオーダーできる「シボレー・コルベット…
NEWS
人気デザイナーの素顔に…
アート・ピースのような靴をつくるマノロ・ブラニクと、小物やアクセサリーは手掛けず、洋服だけで勝…
NEWS
TOKYO AUTO SALON 2018/…
今年で36回目を数えるチューニング&ドレスアップ・カーの祭典、東京オートサロンが2018年1月12日〜14…
NEWS
VOLVO CARS JAPAN/ボル…
ボルボ・カー・ジャパンは世界ではじめて3点式のシート・ベルトを標準装備したボルボPV544を愛知県長…
NEWS
WTCC世界ツーリングカー…
2017年シーズンをもって幕を閉じることになったWTCC世界ツーリングカー選手権。カタールで行われた最…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。