ENGINE online/エンジン オンライン

レクサスの旗艦、LS460を国内デビュー前にドライブ!


LEXUS LS460
クリックすると拡大
LEXUS LS460



幽玄の美と、ある不都合。


日本デビュー直前のレクサス・ブランドのトップ・モデル、LSの4代目に、
オーストリアで試乗するチャンスが与えられた。
かの地で開かれた国際試乗会に、日本のジャーナリストも招かれたのだ。
本誌編集長がこれに参加した。
文=鈴木正文(本誌)


自尊心

 ついに登場した「レクサスのなかのレクサス」LS460のスタイリングはなかなかいい。3代目までのLSについてまわった「メルセデス・ベンツSクラス・コンプレックス臭」が消え、レクサスLSはレクサスLSだ、という当たり前の自尊心がスタイリングに表現されているから。結果的に、メルセデス・スタイリングに特有の厚ぼったい印象が失せて、モダンな軽快さを手にしたのもよかったとおもう。しかし、メルセデスSクラス、BMW7シリーズ、アウディA8やジャガーXJサルーンなどの名だたる猛者を相手にしてもなお、十分なプレゼンスを持っているかとなると、その繊細な造形が奥ゆかしすぎるかもしれない。
LEXUS LS460
クリックすると拡大
クリーンで上質だが個性的ではない。
 いまのBMW各車のように、LSは「コンケイヴォ=コンヴェクス」(凹面の曲率が凸面の曲率よりも大きい)デザインではあるけれど、その凹凸の具合がBMWよりいっそう精妙なのは、日本的な幽玄の美意識ゆえだろう。それだけに、意図されたこととはいえ、強さや剛健さよりも柔和さや優しさが勝っている。価格は未発表だが、この460ではおよそ850万円見当になるらしいから、もし僕がそれだけの大枚をせっかくはたくとしたら、幽玄の美を理解するにしても、すくなくともホイールがフェンダーからハミ出るぐらいの踏ん張り感と、いますこし強いフロントの造形を欲するだろう。
 カード・キイを携行していれば自動解錠して乗り込める室内は整然と構築され、十分に清潔かつ上質だ。しかしここでも、強いステートメントはない。最高級の木材とレザーを使い、職人芸によって精密に取り付けたというが、そしてその通りだとはおもうが、木目模様に対称性はなく、ダッシュボード・トップに使われる樹脂の品質が高いことはわかるにしても、それはレザーの質感には及ばない。スイッチ類の樹脂は見た目も触感も、なにかを訴えようとしているというより、たんに平凡なスイッチのように見え、平凡なスイッチのような感触をもたらす。ダッシュボードの形状それじたいの当たり前さや、メーター類やステアリングのデザインもふくめて、特別に仕立てられた空間に身を置いた、という感興はわいてこなかった。
 とはいえ、クルマは走らせてナンボのものだ。四の五のいうのはこれぐらいにして、新設されたスタート・ボタンを押して出発しよう。

LEXUS LS460 後席
クリックすると拡大
LEXUS LS460 前席
クリックすると拡大
後席。これは3人掛け仕様だが、2人掛けもある。
前席は座面前後長がやや足りない。
3.3mmと世界最薄の電子カード・キイ
クリックすると拡大
後席の住人用にDVDも鑑賞できる9インチのモニター
3.3mmと世界最薄の電子カード・キイ。ドアの1m以内に近づくとアンロックする。
後席の住人用にDVDも鑑賞できる9インチのモニターが備わる。


前のページ
1
2
次のページ



page1 幽玄の美と、ある不都合。
page2 無振動・無音

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。