ENGINE online/エンジン オンライン

ポールスター・エディションを試す。


クリックすると拡大
VOLVO V40 D4 R-Design Polestar Edition
V40 D4 Rデザイン・ポールスタ ー・エディションと同時に発表されたのが“ポールスター・パフォーマンス・パーツ”。V40以外にはS60、V60、XC60に設定。吸排気、ホイール、足まわりの各セットのほか、内装パーツを含めた全部入りのコンプリート・バージョンも用意される。


時に静かに、時に勇ましく。


約1年ぶりに登場したV40 D4ベースのRデザイン。限定モデルなのは昨年と変わりませんが、今年は中身がひと味違います。
文=上田純一郎(本誌) 写真=山田真人


 2016年1月に登場したボルボV40 D4 Rデザインは、驚きの1台だった。2リッター・ターボ・ディーゼルが発揮する44.9kgmというクラス最強のトルク。はっきりとワインディング路にターゲットを絞った足まわり。この2つの組み合わせには、正直心奪われた。それまで体験してきたガソリンのホットハッチたちが、急に色褪せてしまった気がした。
 1年を経て再登場した新型V40 D4 Rデザインは、さらに魅力的だ った。カタログ・スペックは旧型とまったく同じとなっているが、ずっと上品で、かつ刺激的になっている。街中を流れにそって走っているような時は拍子抜けするほど静かなのに、ひとたび右足に力を込めると、いっきに野太いサウンドが室内に響く。そのギャップが面白くて、つい踏んでしまう。旧型では味わえなかった二面性を持っているのだ。
 その秘密はポールスター・エディションというサブ・ネームにあった。ボルボはポールスターをMやAMGのようなスポーツ・ブランドへ引き上げるために、ポールスター開発のアフター・パーツを“パフォーマンス・パーツ”として展開しているが、新型にはそのマフラーとエア・クリーナー、リア・ディフューザーが標準装備になっているのだ。それでいて価格は449万円(税込)と、1年前より10万円も引き下げられた。ただし販売台数は150台と、狭き門となっている。去年口惜しい思いをした人は、くれぐれもこの機会をお見逃しなく。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
クリックすると拡大
シート・ヒーターなどは標準装備だが、2016年版のD4 Rデザインと異なり、サンルーフの設定はない。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。