ENGINE online/エンジン オンライン

トヨタのコンパクトSUV、C-HRに公道で試乗!


クリックすると拡大
TOYOTA C-HR


カッコいいハイブリッド


11月のプロトタイプの試乗会から
2カ月、ついにC-HR発売!
文=塩澤則浩(本誌) 写真=望月浩彦


 これがトヨタがつくったクルマとはにわかには信じられない。ちょっと大げさにC-HRに乗った感想をいうと、こんな感じになる。
 まず見た目。これはもう、どうしちゃったの? というくらいトヨタっぽくない。最近はデザインでチャレンジしているとはいえ、ここまでやればあっぱれだ。何しろチーフ・エンジニアが「デザイン優先でやった」というくらい割り切っている。後席はグラス・エリアも小さく、居住空間としても快適とは言い難い。車格でいうとC-HRの下になるけれど、ホンダのヴェゼルは後席と荷室の広さで3年連続で一番売れたSUVになった。マツダのCX-3はデザインと走りはいいけれど、広さでヴェゼルの後塵を拝している。果たしてC-HRはどうか。個人的にはこのくらい突き抜けているならデザインで買うのもありだと思う。
クリックすると拡大
 でもこのC-HR、実は乗ってもすごい。これまたトヨタっぽくない。プリウスと同じ1.8リッター+モーター(122ps)のハイブリッドと、1.2リッターダウンサイジング・ターボ(116ps)の2種類があって、前者はFFで後者は4Wdとなっているが、どちらも抜群に走りがいい。欧州で走りこんで開発(もちろんニュルでも)したというだけあって、フラット・ライド感は頭抜けている。しっとりとしたしなやかさもあるのにどっしりと安定していて、SUVであることを忘れてしまいそうになる。特にいいのはハイブリッドの方で、パワフルな走りは魅力的だった。走りでも買い。デザインでも買い。今一番おススメのSUVです。

C-HRの最大の魅力はエモーショナルなスタイリングだろう。エンジニアもデザイン優先とはっきり言っている。ドライバーズ・カーとしてよく吟味されており、ドライビング・ポジションなどの運転環境はシートのデキも含めてすこぶるいい。一方、後席は窓も小さく若干の閉そく感がある。

クリックすると拡大
クリックすると拡大


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
ROLLS-ROYCE CULLINAN/…
ついにこの日がやって来た。前々からその存在が公言されていたロールス・ロイス初のSUV、カリナンが5…
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
フェラーリ・オーナーとフェラーリ・ファンのための跳ね馬の祭典、「フェラーリ・レーシング・デイズ…
NEWS
BMW X2/ビー・エム・ダ…
BMWのコンパクトSUV、X1をベースにスタイリッシュなボディを与えたX2の日本での受注が開始された。
NEWS
KANGOO COULEUR/カング…
日本オリジナルとなる特別なボディ・カラーに塗られたカングーの限定車クルール。第8弾目となる今回…
NEWS
MINI/ミニCAR PEDIA 20…
ミニの3ドアと5ドア、そしてコンバーチブルの3モデルが改良を受け、日本市場に投入された。識別ポ…
NEWS
RANGE ROVER Sport/レン…
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年モデルのレンジローバーおよびレンジローバー・スポーツ…
NEWS
MAZDA CX-3/マツダ CX-3…
デビューから3年3ヵ月で4度目の改良を受けたCX-3。これまでの3回は一部改良レベルだったが、今回…
NEWS
TOYOTA Yaris WRC/トヨ…
2017年、18年ぶりにWRCへの参戦を再開し、2勝を挙げたトヨタ。2018年もハンニネンに替わりフォードか…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。