ENGINE online/エンジン オンライン

トヨタのコンパクトSUV、C-HRに公道で試乗!


クリックすると拡大
TOYOTA C-HR


カッコいいハイブリッド


11月のプロトタイプの試乗会から
2カ月、ついにC-HR発売!
文=塩澤則浩(本誌) 写真=望月浩彦


 これがトヨタがつくったクルマとはにわかには信じられない。ちょっと大げさにC-HRに乗った感想をいうと、こんな感じになる。
 まず見た目。これはもう、どうしちゃったの? というくらいトヨタっぽくない。最近はデザインでチャレンジしているとはいえ、ここまでやればあっぱれだ。何しろチーフ・エンジニアが「デザイン優先でやった」というくらい割り切っている。後席はグラス・エリアも小さく、居住空間としても快適とは言い難い。車格でいうとC-HRの下になるけれど、ホンダのヴェゼルは後席と荷室の広さで3年連続で一番売れたSUVになった。マツダのCX-3はデザインと走りはいいけれど、広さでヴェゼルの後塵を拝している。果たしてC-HRはどうか。個人的にはこのくらい突き抜けているならデザインで買うのもありだと思う。
クリックすると拡大
 でもこのC-HR、実は乗ってもすごい。これまたトヨタっぽくない。プリウスと同じ1.8リッター+モーター(122ps)のハイブリッドと、1.2リッターダウンサイジング・ターボ(116ps)の2種類があって、前者はFFで後者は4Wdとなっているが、どちらも抜群に走りがいい。欧州で走りこんで開発(もちろんニュルでも)したというだけあって、フラット・ライド感は頭抜けている。しっとりとしたしなやかさもあるのにどっしりと安定していて、SUVであることを忘れてしまいそうになる。特にいいのはハイブリッドの方で、パワフルな走りは魅力的だった。走りでも買い。デザインでも買い。今一番おススメのSUVです。

C-HRの最大の魅力はエモーショナルなスタイリングだろう。エンジニアもデザイン優先とはっきり言っている。ドライバーズ・カーとしてよく吟味されており、ドライビング・ポジションなどの運転環境はシートのデキも含めてすこぶるいい。一方、後席は窓も小さく若干の閉そく感がある。

クリックすると拡大
クリックすると拡大


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
極上のミステリーを味わ…
双子の兄弟との関係にのめりこむヒロインを描いた心理サスペンスと、極寒の雪原で起きた殺人事件の顛…
NEWS
SUZUKI JIMNY/スズキ …
これで4代目。ひと目でクロスカントリー4WDと認識できるスタイリングはジムニー伝統の丸目を踏襲しつ…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クローズド・コースの試乗でいいクルマの片鱗を見せた新型クラウン。果たして、公道での印象はどのよ…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。