ENGINE online/エンジン オンライン

キャデラックのセダンにイッキ試乗


極楽艦隊で250km!

キャデラック・セダン・シリーズに交代で乗りながら、ワンデイ・トリップを楽しんだ。
文=荒井寿彦(本誌) 写真=GMジャパン


クリックすると拡大
 GMジャパンがキャデラック・セダンの試乗会を開催した。用意されたのは、キャデラックATS、ATS-V、CTS、CTS-V、そしてCT6の5台。参加した5媒体がこれを東京・品川のGMジャパン本社から交代して運転していく。コースは東京〜富士川〜冨士宮浅間神社〜沼津三嶋大社〜東京というもの。桜の名所をつなぐ約250kmのツーリングである。咲いてなかったけど。
 東京から東名高速・足柄SAまで最初に乗ったのはフラッグシップのCT6。ATS、CTSと同じ意匠のエッジィな外観、そして全長5190mm、全幅1885mmの堂々たる体躯により、一行のなかの王といった感じ。3.6リッターV6直噴エンジンは踏み始めのスロットル・レスポンスが鋭く元気がいい。吹け上がりも軽やか。回転上昇と加速感がシンクロするのは自然吸気エンジンの魅力だ。100km/h巡航は1600rpm。静かである。終始硬質でフラットな乗り心地だ。
 続いてCTS-V。漆黒のボディ、パワーバルジのあるエンジン・フード、大きなエア・ダクトを持つフロント・スポイラーなど迫力満点。白眉は息を飲む加速だ。6.2リッターV8+スーパーチャージャーは、最高出力649ps/6400rpm、最大トルク87.2kgm/3600rpmを発生、ガツン!とガス・ペダルを踏めば、ワープ気分が味わえる。乗り心地がCT6とそれほど変わらないことにも感心した。
 続いてCTSに乗る。CTSに乗っていつも思うのは、2リッター直4ターボの出来がいいことだ。全長4970mm、全幅1840mmというボディはCT6と間違えるほどなのに、モサッとした感じがない。ATS、ATS-Vに乗って思ったは、CT6やCTSあるいはCTS-Vから乗り換えてもガッカリしないということだ。ハンドリングはむしろダイレクト感があって好ましい。全体を通して感じたのは、本当にラクチンだったということ。桜が咲いている頃にもう1周してもいいと思った。

クリックすると拡大
クリックすると拡大

 印象深かったのはCT6とCTS-V。CT6の乗り味はしなやかで優しく、とても穏やかな気持ちになる。一方、CTS-Vはどこまでもロックだ。ボディはガッチリと頼もしく、足回りも強化されている。コースに峠道がなかったのは残念だ。CT6は998万円。CTS-Vは1335万円〜。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クラウンと同時に12代目となる新型カローラのハッチバック・モデルも発表された。
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
昨年の東京モーターショウでお披露目された15代目クラウンが6月26日に正式発表された。それに合わせて…
NEWS
VOLVO XC60 D4/ボルボ X…
世界中で大人気のボルボXC60の、ディーゼル仕様、D4が上陸。トリム違いで3グレードを展開するが、全…
NEWS
McLaren senna/ マクラ…
マクラーレンの新しいアルティメット・シリーズ、“セナ”の日本初公開に合わせて、セナを始め、“P1”の…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
最大の変更は“RF”に搭載される2.0ℓ直4。大径スロットル・バルブ&吸気・排気バルブ、軽量低抵…
NEWS
MASERATI GHIBLI/マセラ…
マセラティ・ギブリに“ステカナート”という名を加えた特別限定仕様車が加わった。
NEWS
CITROEN C3/シトロエンC…
前回の“ELLE”に続き、早くもC3に特別仕様車の第2弾が導入された。“カフェ・エディション”という名前が…
NEWS
BMW M4 CONVERTIBLE/ビ…
ドイツ本国では初代から連綿と設定されていたM3/M4のカブリオレが日本に導入されることになった。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。