ENGINE online/エンジン オンライン

キャデラックのセダンにイッキ試乗


極楽艦隊で250km!

キャデラック・セダン・シリーズに交代で乗りながら、ワンデイ・トリップを楽しんだ。
文=荒井寿彦(本誌) 写真=GMジャパン


クリックすると拡大
 GMジャパンがキャデラック・セダンの試乗会を開催した。用意されたのは、キャデラックATS、ATS-V、CTS、CTS-V、そしてCT6の5台。参加した5媒体がこれを東京・品川のGMジャパン本社から交代して運転していく。コースは東京〜富士川〜冨士宮浅間神社〜沼津三嶋大社〜東京というもの。桜の名所をつなぐ約250kmのツーリングである。咲いてなかったけど。
 東京から東名高速・足柄SAまで最初に乗ったのはフラッグシップのCT6。ATS、CTSと同じ意匠のエッジィな外観、そして全長5190mm、全幅1885mmの堂々たる体躯により、一行のなかの王といった感じ。3.6リッターV6直噴エンジンは踏み始めのスロットル・レスポンスが鋭く元気がいい。吹け上がりも軽やか。回転上昇と加速感がシンクロするのは自然吸気エンジンの魅力だ。100km/h巡航は1600rpm。静かである。終始硬質でフラットな乗り心地だ。
 続いてCTS-V。漆黒のボディ、パワーバルジのあるエンジン・フード、大きなエア・ダクトを持つフロント・スポイラーなど迫力満点。白眉は息を飲む加速だ。6.2リッターV8+スーパーチャージャーは、最高出力649ps/6400rpm、最大トルク87.2kgm/3600rpmを発生、ガツン!とガス・ペダルを踏めば、ワープ気分が味わえる。乗り心地がCT6とそれほど変わらないことにも感心した。
 続いてCTSに乗る。CTSに乗っていつも思うのは、2リッター直4ターボの出来がいいことだ。全長4970mm、全幅1840mmというボディはCT6と間違えるほどなのに、モサッとした感じがない。ATS、ATS-Vに乗って思ったは、CT6やCTSあるいはCTS-Vから乗り換えてもガッカリしないということだ。ハンドリングはむしろダイレクト感があって好ましい。全体を通して感じたのは、本当にラクチンだったということ。桜が咲いている頃にもう1周してもいいと思った。

クリックすると拡大
クリックすると拡大

 印象深かったのはCT6とCTS-V。CT6の乗り味はしなやかで優しく、とても穏やかな気持ちになる。一方、CTS-Vはどこまでもロックだ。ボディはガッチリと頼もしく、足回りも強化されている。コースに峠道がなかったのは残念だ。CT6は998万円。CTS-Vは1335万円〜。
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
Cars Driven/試乗記
BMW 530e & 430iENGINE R…
新型5シリーズ・ツーリングと時を同じくして上陸したBMWの新作2台、530eと430iに乗ってみた。まずは…
NEWS
VW up!/VW アップCAR PE…
新型アップ!に内外装をSUV風に仕立てたクロス・アップ!が限定販売ながら追加された。
NEWS
Porsche 911 GT2 RS/ポ…
ポルシェ911に、GT3RSを超える新たな頂が現れた。高出力化だけでなく、軽量化にも拍車がかかった怪物…
NEWS
全米熱狂のカーアクショ…
天才的なドライビング・テクニックを持つ若者を主人公にしたアクション映画が、全米で大ヒットしてい…
WATCH SPECIAL CONTENTS
バーゼル新作時計見本市…
バーゼルで時計の見本市が初めて開催されてから今年は100周年。スイス時計産業の歴史と伝統を語り…
WATCH SPECIAL CONTENTS
バーゼル新作時計見本市…
バーゼルで時計の見本市が初めて開催されてから今年は100周年。スイス時計産業の歴史と伝統を語り…
WATCH/時計
高品質と高性能の基準を…
最新鋭自動巻きムーブメント「パワーマティック80」がさらに進化。
WATCH/時計
ヴィンテージ感も感じさ…
CKロゴのみで構成されたグラフィカルなダイアルのデザイン、絶妙なグレー・マット仕上げのケースやミ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 530eに驚き、430iに感心する。
 レンジ・スポーツのディーゼルに乗る。
 7年ぶりに日本市場へ帰ってくる新型シビックのプロトタイプに乗る。
 キャデラックのセダンにイッキ試乗
 トヨタのコンパクトSUV、C-HRに公道で試乗!