ENGINE online/エンジン オンライン

マゼラーティ・クワトロポルテS上陸いちばん乗り!


MASERATI QUATTROPORTE S/マゼラーティ・クワトロポルテS
クリックすると拡大



4.7リッターになって、どうなった?


発表から数えて5年目の夏にフェイスリフトを受けたマゼラーティの4ドアがニッポン上陸。
新登場4.7リッターモデルのSをテスト・ドライブした。
文=今尾直樹(本誌) 写真=望月浩彦



 東京・港区芝公園にあるコーンズのショウルームでクワトロポルテSを受け取った。夕暮れの町の中で見るそれは、これからパーティに行くみたいにドレッシーでエレガントで、うれしくなった。ちょっとボーッとした。ボディ・カラーは「ボルドー・ポンテベッキオ」と名づけられたエンジのメタリック。新デザインのライト、グリルも違和感がなく、昔からこうだったみたいに見える。
 ドアを開けると、ポルトローナ・フラウ製のレザーに覆われたインテリアが私を待っている。
 一見して、ウッドが初期型より増えている。Sの標準は「ウェンゲ」と呼ばれる東アフリカ産の木である。人間は森の中に住んでいた。いや、よく知らないけど、少なくともわがニッポンの国土の70%は森林である。木を見ると、ホッとするのは人間の本能なのである。
 センター・コンソールには新たにBOSEマルチメディア・システムが搭載された。ナビゲーションとBOSEのオーディオ・システムが同居しているのだから、鬼に金棒、渡りに船である。パーキング・ブレーキは電気仕掛けとなり、便利になった。しかしながら、そういうことより、エクステリアもインテリアも、思わずきれいだ、といいたくなるくらいきれいで、こんなにきれいなクルマと3日間も過ごせるのである。どこか遠くへ行きたい。知らない町へ。なんて思ったりするのである。
 とはいえ師走である。諸般の事情で、翌日知ってるところの箱根に行く。クワトロポルテSの真骨頂は、兄弟車のグラントゥーリズモSと基本を同じくする4.7リッターV8を得たことである。4.2リッター版のボア&ストロークを延ばして、447cc排気量をアップ、馬力にして30ps、トルクにして5kgm豊かになった。
 ただし、グラントゥーリズモSより10ps控えめで、サウンドもおとなしい。うおぉおおっ、なんて唸らない。ごくジェントルに、欲しいだけのトルクをスッと提供する。停止中も、どくん、どくん、というV8の鼓動が伝わってこない。おそらくオーストリアでの国際試乗会で乗ったときより洗練されている。
 クワトロポルテSは、前後異サイズの巨大な19インチ・タイヤが標準だけれど、スカイフック・サスペンションを「ノーマル」にしていれば、不快なショックは伝えない。滑らかに、厳かに走る。レザーとウッドに囲まれ、粛々とドライブしていると、う〜む、これは現代のジャガーではあるまいか。いや、現代もジャガーはあるから表現がムズカシイけれど、昔のジャガー、たとえばアルミ・ボディになる前のXJがイタリア車になって蘇って来たような感覚。全長5m超の巨体なのに山道が得意であることも似ている。もともと大型スポーツ・サルーンというコンセプトは同じ。そこへもってきてクワトロポルテSは中低速トルクが増強され、ショーファー・ドリブンとして通用するぐらい、いや、通用する静かさと快適性を得たのだ。
 ただし、「スポーツ」にすると、あるいは高速領域になると、スカイフックはおのずと足を固め、乗り心地が若干、攻撃的になる。荒れた路面だと、ゴツゴツして男っぽい。その落差ときたら、エロティックなくらい。ああ〜ん。
MASERATI QUATTROPORTE S
(上)Sはステアリングのパドルが標準となる。ウッド・パネルの増加により、インテリアは従来型よりクラシコ・イタリア度を増した。
(中)フロント・ミドに搭載されるテスタ・ロッサの4.7リッターV8は430ps/7000rpm、50.0kgm/4750rpmを発生。ギアボックスはZFの6段AT。
(下)全長×全幅×全高=5110×1895×1440mm。ホイールベース3065mm。リアはLEDライトが特徴。サイド・スポイラーも新しい。



(2009年2月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ROLEX/ロレックス今月の…
去る11月15日に、東京・銀座の並木通り沿いに誕生した日本最大のロレックス ブティックは、広さだけで…
NEWS
MASERATI Ghibli/マセラ…
2013年に発売されて以来、累計で70,000台以上を送り出し、マゼラーティ史上最大のヒット作となった現…
NEWS
FERRARI FXX-K Evo/フェ…
フェラーリ・オーナーのなかでもごく限られた一部のドライビング・エンスージアストだけがかかわれる…
NEWS
ALPINA/アルピナCAR PED…
リーマンショックのときも欠席せず、連綿と東京モーターショウへの出展を続けるアルピナ。
NEWS
DS DS7/ディーエス DS7C…
DSは東京モーターショウでフラッグシップSUVのDS7をお披露目するとともに、先行限定モデルDS7ラ・プレ…
NEWS
VOLKSWAGEN ARTEON/フォ…
パサート・ベースの4ドア・クーペがフルモデルチェンジ。デビュー当初のパサートCCからCCへと改名さ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
「500馬力を超えるモデルはヨンクにする」というM社の公言どおり、600psの大台に乗った新型M5は4輪駆…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
4代目ロードスターに特別仕様車が設定されるとともに、初の商品改良が行われた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ