ENGINE online/エンジン オンライン

マゼラーティ・クワトロポルテS上陸いちばん乗り!


MASERATI QUATTROPORTE S/マゼラーティ・クワトロポルテS
クリックすると拡大



4.7リッターになって、どうなった?


発表から数えて5年目の夏にフェイスリフトを受けたマゼラーティの4ドアがニッポン上陸。
新登場4.7リッターモデルのSをテスト・ドライブした。
文=今尾直樹(本誌) 写真=望月浩彦



 東京・港区芝公園にあるコーンズのショウルームでクワトロポルテSを受け取った。夕暮れの町の中で見るそれは、これからパーティに行くみたいにドレッシーでエレガントで、うれしくなった。ちょっとボーッとした。ボディ・カラーは「ボルドー・ポンテベッキオ」と名づけられたエンジのメタリック。新デザインのライト、グリルも違和感がなく、昔からこうだったみたいに見える。
 ドアを開けると、ポルトローナ・フラウ製のレザーに覆われたインテリアが私を待っている。
 一見して、ウッドが初期型より増えている。Sの標準は「ウェンゲ」と呼ばれる東アフリカ産の木である。人間は森の中に住んでいた。いや、よく知らないけど、少なくともわがニッポンの国土の70%は森林である。木を見ると、ホッとするのは人間の本能なのである。
 センター・コンソールには新たにBOSEマルチメディア・システムが搭載された。ナビゲーションとBOSEのオーディオ・システムが同居しているのだから、鬼に金棒、渡りに船である。パーキング・ブレーキは電気仕掛けとなり、便利になった。しかしながら、そういうことより、エクステリアもインテリアも、思わずきれいだ、といいたくなるくらいきれいで、こんなにきれいなクルマと3日間も過ごせるのである。どこか遠くへ行きたい。知らない町へ。なんて思ったりするのである。
 とはいえ師走である。諸般の事情で、翌日知ってるところの箱根に行く。クワトロポルテSの真骨頂は、兄弟車のグラントゥーリズモSと基本を同じくする4.7リッターV8を得たことである。4.2リッター版のボア&ストロークを延ばして、447cc排気量をアップ、馬力にして30ps、トルクにして5kgm豊かになった。
 ただし、グラントゥーリズモSより10ps控えめで、サウンドもおとなしい。うおぉおおっ、なんて唸らない。ごくジェントルに、欲しいだけのトルクをスッと提供する。停止中も、どくん、どくん、というV8の鼓動が伝わってこない。おそらくオーストリアでの国際試乗会で乗ったときより洗練されている。
 クワトロポルテSは、前後異サイズの巨大な19インチ・タイヤが標準だけれど、スカイフック・サスペンションを「ノーマル」にしていれば、不快なショックは伝えない。滑らかに、厳かに走る。レザーとウッドに囲まれ、粛々とドライブしていると、う〜む、これは現代のジャガーではあるまいか。いや、現代もジャガーはあるから表現がムズカシイけれど、昔のジャガー、たとえばアルミ・ボディになる前のXJがイタリア車になって蘇って来たような感覚。全長5m超の巨体なのに山道が得意であることも似ている。もともと大型スポーツ・サルーンというコンセプトは同じ。そこへもってきてクワトロポルテSは中低速トルクが増強され、ショーファー・ドリブンとして通用するぐらい、いや、通用する静かさと快適性を得たのだ。
 ただし、「スポーツ」にすると、あるいは高速領域になると、スカイフックはおのずと足を固め、乗り心地が若干、攻撃的になる。荒れた路面だと、ゴツゴツして男っぽい。その落差ときたら、エロティックなくらい。ああ〜ん。
MASERATI QUATTROPORTE S
(上)Sはステアリングのパドルが標準となる。ウッド・パネルの増加により、インテリアは従来型よりクラシコ・イタリア度を増した。
(中)フロント・ミドに搭載されるテスタ・ロッサの4.7リッターV8は430ps/7000rpm、50.0kgm/4750rpmを発生。ギアボックスはZFの6段AT。
(下)全長×全幅×全高=5110×1895×1440mm。ホイールベース3065mm。リアはLEDライトが特徴。サイド・スポイラーも新しい。



(2009年2月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
東京の伊勢丹新宿店に「…
伊勢丹新宿店(東京都新宿区新宿3-14-1 Tel.03-3352-1111/大代表)本館4階=ジュエリー&ウォッチにて…
NEWS
RANGE ROVER/レンジロー…
レンジローバー・イヴォークの特別仕様車、“クール・スタイル”と“フリー・スタイル”が登場した。
NEWS
“ギリギリ”の高初速性能…
PRGR(プロギア)から、“ギリギリ”の高初速性能と広い高初速エリアをさらに追求したドライバー「RS 20…
NEWS
「TIMEX」のフラッグシッ…
1854年の創業以来、リーズナブルかつ機能性、汎用性の高さを誇る時計ブランド「TIMEX(タイメックス)…
NEWS
Alpine/アルピーヌ輸入…
今年のジュネーブ・ショウでワールド・プレミアされ、欧州では予約も始まっている新生アルピーヌの日…
NEWS
IQOS本体のフタを固定す…
「GRAMAS COLORS(グラマスカラーズ)」から、加熱式電子タバコ「IQOS」用アクセサリーの「CIG」ライ…
NEWS
KANGOO/カングー今度は…
早くも、今回で2017年の第4弾となるカングーの限定車が登場。その名はオーセンティック6MT。
NEWS
ESCALADE/エスカレード…
キャデラックのフルサイズSUV、エスカレードがマイナーチェンジし6月17日より発売された。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 7年ぶりに日本市場へ帰ってくる新型シビックのプロトタイプに乗る。
 キャデラックのセダンにイッキ試乗
 トヨタのコンパクトSUV、C-HRに公道で試乗!
 ポールスター・エディションを試す。
 メルセデスSUVのリーダー、Mクラスがモデルチェンジ!