ENGINE online/エンジン オンライン

日本でも買えるようになるアルピナの高性能ディーゼル、D3に乗る。


ALPINA BMW D3 BITURBO
クリックすると拡大
ALPINA BMW D3 BITURBO


信頼に足るアルピナの公表値によれば、D3クーペの動力性能数値表には印象的な数字が並んでいる。
最高速度は244km/h、0-100km/h加速は6.9秒。いずれの値もMTとATで変わらない。それでいて、総合燃費(EU)での燃料消費率は、18.5km/リッター(MT)と17.9km/リッター(AT)の小食ぶり。
BMWの2リッター・ディーゼルには143ps、177ps、204psの3種類が用意されているが、アルピナがD3ビターボ用のベースに選んだのは123d用の204ps仕様。これの主に制御系に手をいれて、214ps/4100rpm(許容回転5200rpm)と45.9kgm/2000-2500rpmを絞り出す。
ニコルでは全12種のうち半数ぐらいの選択肢は用意したいと言っている。正式発表は早ければこの春にも行われる。


これこそ最高の3シリーズだ!


アルピナの総輸入元であるニコル・オートモビルズがD3を入れる。
BMWの乗用車用ディーゼルは世界最良。それをさらに磨いたものなのだから、期待は大きい。
はたして、デモカーに接してみたら、驚愕もののできばえなのだった。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=望月浩彦


 速い! 疾風のように速い。
 中間ギアの追い越し加速の伸びの良さは、とても2リッター・エンジンのクルマのものとは思えない。上のギアを使ってフル加速を試みることなんて、アウトバーンのないこの国では無理。まるで大排気量スーパースポーツのような加速だ。全開でリミットまで引っ張ることができるのは2速だけ。公道では3速ですらはばかられる。
 速度の伸びは麗しいほどにリニア。高い過給圧を加えるターボ・エンジンへ危惧する2次曲線を描く稚拙な加速とは無縁だ。右足の踏み込み方のほんの僅かな変化にピタリと追従してみせる。きわめて高純度の速度支配力を見せつける。素晴らしい。

ALPINA BMW D3 BITURBO
ALPINA BMW D3 BITURBO
 いま走らせているのはニコル・オートモビルズが今年、輸入しようとしているアルピナのベストセラー・モデル、D3だ。正確にはD3クーペ・ビターボだ。変速機は6段マニュアル。トルク・コンバーターが七癖を隠すATと違って、マニュアル・ギアボックスはエンジンの素性を白日の下に晒す。D3にはアルピナお得意のスイッチトロニックがあるのに、デモカーにわざわざMT仕様をもってきたのは、よほど自信があるからなのだろう。このクルマは、それだけのことがあると、これ以上ないほど雄弁に物語っている。欲しい。


最先端のスーパーディーゼル

 少し内容を説明しておこう。アルピナD3の基本構成は、3シリーズに2リッター直列4気筒の直噴ディーゼル・ターボを載せ、6段MTもしくは6段スイッチトロニックを組み合わせたものだ。ボディはセダン、クーペ、ツーリングから選べる。すでにドイツ本国市場についで高い人気を博している英国市場でも販売しているから、もちろん、右ハンドル仕様も選べる。つまり、順列組み合わせは3×2×2で12通りあるわけだ。
 エンジンはBMW123dに使われる、大小2基のターボチャージャーをシーケンシャル作動させるツインターボ仕様がベースで、そこにアルピナの洗練されたチューニングが加えられて123dでは204psの最高出力が214psまで引き上げられている。比出力は107ps。市販車用ディーゼルとしては未曾有のハイチューン・ユニットとなる。20年前ならそれこそ夢にも描けなかった、驚天動地のハイパワーである。2リッター・ディーゼルの平均的な最高出力は70ps程度にすぎなかったのだから、じつに3倍! である。
 出力以上に驚異的なのがトルクだ。D3のユニットは45.9kgmもの巨大な力を2000から2500rpmの範囲でひねり出す。M3の4リッターV8ユニットですら40.8kgmでしかないことを思い出してほしい。D3のユニットは並の5リッター級ガソリンV8ユニットに匹敵するトルクを、それより低い回転域で生み出すのである。
 当然、変速機にはそれ相応に受容トルクの大きいヘビー・デューティな仕様を使うことになる。けれども、D3の6MTは武骨な感触を微塵も残さない。アルピナ(BMW)一流の軽やかな操作フィールを保っている。
 あぁ、それにしても素晴らしい。内燃機関の感触そのものに、からだの奥底から湧き上がってくる喜びを感じることなどそうそうあるものではないけれど、D3ビターボの4気筒ツインターボ・エンジンはその数少ない例外のひとつだ。タイプこそ違っても、コルベットZ06のV8や911GT3のボクサー6、599のV12のエンジンと同じぐらい大きな感動をもたらしてくれるエンジンだ。
ALPINA BMW D3 BITURBO
ALPINA BMW D3 BITURBO
 ディーゼルということでトップエンドでのふん詰まり感や、音、振動を危惧するひとがいるかもしれない。でも、一度、これを実体験したら、そんなものは昔話にすぎないということを即座に理解するはずだ。
 アルピナは4気筒2リッター・ディーゼルではせいぜい4500rpm辺りが上限のレヴリミットを5200rpmまで引き上げることに成功しているし、電子制御ガバナーの介入の仕方も綺麗な減衰感に結びついている。
 振動にしたって、ベース・ユニットにもともとバランサー・シャフトが組み込まれているから、この高回転型ディーゼルにして2次振動の嫌がらせも出ない。音も問題なし。
 唯一アイドリングでこそディーゼルだとわかるものの、だからといってキンキンカンカンゴロゴロとしたものではない、ごくごく控えめな音量でギリギリと鳴るソフトな音質だ。最新の多段階噴射技術の成せる技である。因みに、高出力実現のために大容量型とせざるをえないインジェクターは、緻密な噴射(燃焼)制御を難しくするが、D3には高価なピエゾ式を使い、ネガを抑え込んでいる。
 エンジンがあまりに感動的なもので、ついその話ばかりになってしまった。しかし、アルピナの真骨頂はその心臓にもまして、麗しい脚さばきにある。D3もその例外ではない。
 ひたひたとよく動き、しなやかに路面をとらえ続ける。これも感動的。
 D3は、最良最高の3シリーズだ。
アルピナ BMW D3 BITURBO
ALPINA BMW D3 BITURBO



(2009年4月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
SPECIAL
アルファ・ロメオのショ…
新しい時代の到来を感じられるのはクルマだけにあらず。ジュリア上陸に伴い、ディーラーも一新。その…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年12月号
待ちに待った新型ジュリアを国内で徹底試乗! アルファ・ロメオ新時代。
NEWS
AUTOMOBILE COUNCIL 今…
ヘリテージ・カーがその場で買えるだけじゃない。自動車メーカーも趣旨に沿う出展で盛り上げた“オート…
NEWS
Ferrari F1/フェラーリ …
バカンス突入前の最終戦となったハンガリーGP。低中速コーナーが連続し、スロットル全開率の高くない…
NEWS
FIAT 500/フィアット 50…
ブルガリが世界で展開している300の店舗に、フィアット500が登場する。ブルガリとフィアットがパート…
NEWS
VOLVO/ボルボCAR PEDIA…
ボルボの第1号車“ヤコブ”がラインオフしてから今年で90周年を迎えることを記念した限定車、V90 90th…
NEWS
Mercedes-Benz S-CLASS/…
4月の上海モーターショウでデビューしたフェイスリフト版のSクラスが日本に上陸した。
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年12月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ