ENGINE online/エンジン オンライン

フル・モデルチェンジしたミニ・コンバーチブルに乗る


MINI COPER S Convertible
クリックすると拡大
MINI COPER S Convertible



正常進化!


2月にヨーロッパでデビューしたあたらしい屋根開きミニが早くも日本に上陸。
旧型クーパーS コンバーチブルを愛用する本誌記者が、新旧を乗り比べた。
文=数藤 健(本誌) 写真=望月浩彦



 中央道河口湖インターを出てすぐの、スバルラインの駐車場で新型クーパーSコンバーチブルに乗り込む。後退しようとして、リアのガラスごしにクルマの後ろがよく見えることに気づく。旧型は固定式のロールオーバー・バーにさえぎられて、幌を上げていると後方視界がとても悪かった。しかし金属バーが格納式になった新型は、バックがラクにできる。
 早朝のスバルラインには、私が家から乗ってきたペッパー・ホワイトの旧型とダーク・シルバーの新型、2台のミニ・コンしかいない。それをいいことに、新型を30km/h以下で走らせながら、室内灯の奥にあるトグル・スイッチを手前に引いて屋根を開ける。走りながら屋根を開閉できるのは便利だし、気分がいい。完全に停止していないと幌の上げ下げができない旧型のオーナーにとって、ちょっとうらやましい機能だ。
 幌を閉じた状態から屋根の前半を最大36cm(実測値)スライドさせた“サンルーフ”全開状態までは約6秒、そこから完全に幌を下ろすまでは約16秒かかる。通算22秒少々で、幌がボディの外に残るクラシックなオープンカー・スタイルが完成する。
 スピードを上げる。オプションのウィンド・ディフレクターがついていることもあり、左右の窓を上げていると風の巻き込みはごく少ない。薫風がアタマの上をそより、となでていく。Aピラーが立っており、フロント・スクリーン上端が顔から遠い位置にあるため、開放感は抜群だ。


西湖湖畔にたたずむ新旧屋根開きクーパーS
クリックすると拡大
西湖湖畔にたたずむ新旧屋根開きクーパーS。
ロールオーバー・バーが格納式になり、トランクのヒンジが内側に隠された手前の新型のほうが後ろ姿がスッキリしている。
バーは車両が横転の危険性を感知すると0.15秒で飛び出す。


MINI COPER S Convertible
クリックすると拡大
MINI COPER S Convertible




前のページ
1
2
次のページ



page1 正常進化!
page2 デッド・スムーズ

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
極上のミステリーを味わ…
双子の兄弟との関係にのめりこむヒロインを描いた心理サスペンスと、極寒の雪原で起きた殺人事件の顛…
NEWS
SUZUKI JIMNY/スズキ …
これで4代目。ひと目でクロスカントリー4WDと認識できるスタイリングはジムニー伝統の丸目を踏襲しつ…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クローズド・コースの試乗でいいクルマの片鱗を見せた新型クラウン。果たして、公道での印象はどのよ…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。