ENGINE online/エンジン オンライン

本誌編集長、鈴木正文の「新・自動車評論」
第7回 ジャガーXJ(プレミアム・ラグジュアリー)


JAGUAR XJ(5.0 N.A. PREMIUM LUXURY)/ジャガーXJ(プレミアム・ラグジュアリー)
クリックすると拡大
JAGUAR XJ (5.0 N.A. PREMIUM LUXURY)/ジャガーXJ(プレミアム・ラグジュアリー)

豹のように軽やかに舞う!
ニューXJは前後重量バランスにすぐれている。
この「プレミアム・ラグジュアリー」モデルは、1850kgだが、前後重量配分は51対49と理想的なので足さばきは軽快だ。
全長×全幅×全高=5135×1900×1455mm。ホイールベース=3030mm。



ザ・スーパー・スポーツ・セダン


ジャガーのフラッグシップ・サルーン、XJの待望の新型が、
ついに日本上陸を果たした。先陣を切った自然吸気5リッターの
中間グレード機種「プレミアム・ラグジュアリー」をテストした。
文=鈴木正文(本誌) 写真=柏田芳敬


昔といま

 昔はいまに還らぬ、という。
 新型ジャガーXJは、クルマ好きならだれもが親しみ、いまでもありありと眼に浮かべることができるあの昔の姿とかけ離れたスタイルで登場した。昔をいまに還すことを、デザイナーはハナから放棄していた。
 エクステリア・デザインは、ある自動車が魅力的かそうでないかの判断の、最初の、そして結局は最終的な、よりどころになる。裏書きする統計データをもっているわけではないが、長年クルマ好きをやってきた実感がそういわせる。
 昨年夏に新型XJの写真が公開されたとき、僕はこのスタイルに、判断を留保した。長身痩躯のイギリス紳士にたとえたくなる1968年以来のXJスタイルを、なにひとつ想起させないデザインだったからだ。
 長身痩躯の紳士の趣じたいは、前任車であった2003年発表のXJの段階で、すでに失せていた。丸目4灯のヘッドライトやグリルの形状、6つの採光窓のあるグリーンハウスのグラフィック処理等々が、伝統的なXJデザインをそれぞれ個別に踏襲していたけれど、脂肪ぶとりしたように緊張感のない胴体とより高いルーフのせいで、印象は変わり果てていた。痩せたソクラテスが肉づきのいい金満家になったかのように、あるいは、眼光するどいホームズが、お人よしのワトソンになったかのように。果たして先代XJは、多くの忠実なカスタマーを失った。先代XJは、XJジャガーの半分以上を引き受けるアメリカの、より広々した居住性を求める声に応えたが、外形的な美を、あるいは卓越を、求めてやまぬ意志に欠けていた。
JAGUAR XJ (5.0 N.A. PREMIUM LUXURY)
クリックすると拡大
JAGUAR XJ (5.0 N.A. PREMIUM LUXURY)
ジャガーXJ (プレミアム・ラグジュアリー)
 新型はどうか?
 ペンを走らせたのは、おなじイアン・カラムである。すくなくともかれは、おなじものの繰り返しに耐えられなかった。そして、ジャガー・スタイリングの偉大な生みの親、サー・ウィリアム・ライオンズの真似ではないカタチをつくった。僕はそれでよかった、とおもう。ジャガーがあたらしくなったのだから。
 古いことは、かならずしも欠点ではない。だから、新型XJを初期のXJにもっと寄せていき、その古さをもって新しさとする、という方策もあり得ただろう。BMWのミニやフィアットのチンクエチェントはそれをやった。ジャガーはやらなかった。そこに僕は、これまでにない何かを出そうとするジャガーとイアン・カラムの高ぶる精神を見る。そして、それに共感する。



JAGUAR XJ (5.0 N.A. PREMIUM LUXURY)
クリックすると拡大
JAGUAR XJ (5.0 N.A. PREMIUM LUXURY)
ジャガーXJ (プレミアム・ラグジュアリー)


前のページ
1
2
3
次のページ



page1 ザ・スーパー・スポーツ・セダン
page2 クーペ・シルエット
page3 硬い足

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
3列7人乗車を踏襲したものの、ミニバンから正統派SUVへと大胆に生まれ変わった5008。
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ