ENGINE online/エンジン オンライン

本誌編集長、鈴木正文の「新・自動車評論」
第9回 テスラ・ロードスター・シグネチュア・スポーツ


TESLA MOTORS|ROADSTER SIGNATURE SPORT
クリックすると拡大
自動車重量税はナシ
自動車重量税はナシ!
車検証の自動車重量税の欄には「免税」とある。スポーツカーではテスラ・ロードスターのみの特典だ。2351mmのホイールベースに載るボディは3946×1851×1126mm。車検証の車重は1270kg(前450kg、後820kg)。



シリコン・バレー発の電気スーパーカーの公式輸入車をいちばん乗り!

ピュア・スポーツである!


アメリカでは2年前から路上を走っている電気スポーツカー、
テスラ・ロードスターがついに日本上陸を果たした。
その最上級グレードに本誌・編集長が試乗、感激を綴った。
文=鈴木正文(本誌) 写真=柏田芳敬


社会とライフスタイル

「趣味」(だけ)を基準にクルマ選びをおこなう時代は、もはや去ったのか、という疑念が生まれた。航続距離350km以上をうたうシリコン・バレー発のバッテリー・スポーツカー、テスラ・ロードスターが、僕のささやかな信念を揺るがしたのだ。
「趣味」を超えて、社会のこれからへの展望とじぶんのライフスタイルとの接点のうちに、あたらしい基準を見出すべきときが来たのか、とおもった。いまさらなにを、といわれそうだが、一般論としてはともかく、はじめてリアルにそう感じた。
 テスラ・ロードスターには、東名高速道路下り線の海老名サービスエリアで乗り込んだ。4月末にロサンジェルスを出港した日本向けの最初の12台のうちの1台である。パセンジャー・シートには都心からこれを運転してきたケビン・ユーさんが乗っている。ステアリング・ポスト右側のシリンダーのキイを捻ってモーターを目覚めさせたが、むろん無音のままである。センター・コンソールのDボタンを押し、アクセレレーター・ペダルをじわりと踏みこむと、青いスポーツカーはスルルと動き出した。依然、無音だ。
シンプルなコクピットなのだ!
クリックすると拡大
シンプルなコクピットなのだ!
2150万円するクルマにして、贅沢感を演出しようとはしていないインテリアは、スポーツカーとしていっそさわやかだ。
 ケビンさんは、2カ月前に設立されたばかりの「テスラ・モーターズ・アジア・パシフィック」のディレクターで、テスラ・モーターズの日本代表である。過去6週間にすでに100人以上の人に、みずからデモ・カーを運んでテスト・ドライブをしてもらったという。日本での反響は期待を上回ったというが、何台売れたのかという質問には答えなかった。自動車ジャーナリストによるテストは、「ENGINEさんがはじめてです」と、流暢な日本語でいう。カリフォルニア大学バークリー校のビジネス・スクールを出た中国系アメリカ人で、東大にも留学しており、テスラに入る前はインターネット決済システムの会社「ペイパル」の日本代表だった。しかし、クルマへの情熱おさえがたく、テスラ会長、イーロン・マスク直々の誘いに転身した。アメリカにはBMWのMクーペを置いてあり、日本では中古で買った2001年型のホンダ・インテグラ・タイプRに乗る。「テスラ・ロードスターのホイール分ぐらいの値段で買いました」と苦笑まじりにいったが、おなじクルマ好きとわかって、いっぺんに好感を持った。

カーボン製のロールオーバー・バーとボディ・サイドの冷却孔に注目
カーボン製のロールオーバー・バーとボディ・サイドの冷却孔に注目!




 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
WATCH SPECIAL CONTENTS
ROLEX/ロレックス今月の…
去る11月15日に、東京・銀座の並木通り沿いに誕生した日本最大のロレックス ブティックは、広さだけで…
NEWS
MASERATI Ghibli/マセラ…
2013年に発売されて以来、累計で70,000台以上を送り出し、マゼラーティ史上最大のヒット作となった現…
NEWS
FERRARI FXX-K Evo/フェ…
フェラーリ・オーナーのなかでもごく限られた一部のドライビング・エンスージアストだけがかかわれる…
NEWS
ALPINA/アルピナCAR PED…
リーマンショックのときも欠席せず、連綿と東京モーターショウへの出展を続けるアルピナ。
NEWS
DS DS7/ディーエス DS7C…
DSは東京モーターショウでフラッグシップSUVのDS7をお披露目するとともに、先行限定モデルDS7ラ・プレ…
NEWS
VOLKSWAGEN ARTEON/フォ…
パサート・ベースの4ドア・クーペがフルモデルチェンジ。デビュー当初のパサートCCからCCへと改名さ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
「500馬力を超えるモデルはヨンクにする」というM社の公言どおり、600psの大台に乗った新型M5は4輪駆…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
4代目ロードスターに特別仕様車が設定されるとともに、初の商品改良が行われた。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ