ENGINE online/エンジン オンライン

本誌編集長、鈴木正文の「新・自動車評論」
第12回 ベントレー・ミュルザンヌ


BENTLEY MULSANNE
クリックすると拡大
BENTLEY MULSANNE/ベントレー・ミュルザンヌ


箱根、芦ノ湖スカイラインの登り中速コーナーでの限界コーナリング。
ここまで攻めてもドライバーに不安はない。後内輪も接地している。


このクルマの中に「現実」はない!
クルマの形をした大伽藍はスポーティだった。


昨年夏のペブルビーチでお披露目されてから1年あまり―。
新時代の大型ベントレーであるミュルザンヌの先行試作車への
試乗が、ようやく実現した。3380万円の値打ちはあるのか?
文=鈴木正文(本誌) 写真=柏田芳敬



オニックスの黒
 待望のミュルザンヌ・ドライブは、ベントレー・モーターズ・ジャパンが入居する都心のビルから出発した。対面したのは、深みのあるメタリック・ブラックで、オニックス(縞メノウ)と呼ばれる。標準色は28種あるが、カラー・パレットは114色も用意され、ブラック系ひとつとっても9種にのぼる。
 いっぽう、インテリアは24色、カーペットも24色、そしてウッドが9種類の選択肢を提供している。3380万円のクルマは、カラー・スペックを決めるだけでも、その10分の1の値段のクルマより、確実に10倍以上の楽しみ(悩み?)を与えてくれる。どんな組み合わせにしたところで、速さも乗り心地も変わりはしないから、そんなのはクルマの本質と無関係だというなかれ。かつて黒一色のT型フォードが、デュポンと手を組んで多彩なボディ・カラー戦略を展開したシボレーに、一敗地にまみれたことを忘れてはいけない。
横浜マリン・タワーをバックに点灯したミュルザンヌのスリー・クオーター・ビュー
クリックすると拡大
横浜マリン・タワーをバックに点灯したミュルザンヌのスリー・クオーター・ビュー。大径ヘッドライトとステンレス製の大きなメッシュ・グリルがクラシックな趣で、ミュルザンヌに威厳を与えている。外形寸法は、5575×1926×1521mm。
 もし注文するとしたら、と大型ベントレー好きの僕は妄想した。外装はソリッドのレッド(セント・ジェイムズ・レッドというのがある)、内装はカーペットをふくめてブラック(ベルーガというキャビア・ブラックだ)、そしてウッドは普通にバー・ウォルナットだな―、とすっかり注文した気分である。テスト車の内装はダッシュボード・トップとカーペットがベルーガで、シートなどはショートブレッド、つまりビスケット、ウッドは暗いほうのバー・ウォルナットの組み合わせだった。ま、そういう選択もあるだろう。


オプションのフライイング・ベントレー
ミュルザンヌのスタイリングの要とすらいえる大型ヘッドライト
オプションのフライイング・ベントレーは目印としてはいささか小振りにすぎるか?

ミュルザンヌのスタイリングの要とすらいえる大型ヘッドライト。真円ぶりを際立たせるために外縁がメッキされている。

BENTLEY MULSANNE
オプションの21インチ・アルミ・ホイール
カーゴ・ルームの容積は期待を下回る。天地が浅いのだ。カーペット張りの仕切り板の下には、テンパー・タイヤと2個のバッテリーが収まっている。タンク容量は96リッター。

オプションの21インチ・アルミ・ホイール。タイヤはピレリPゼロで、前205/40、後ろ265/40のZR21である。よりアグレッシブな5本スポーク・ホイールもある。



前のページ
1
2
3
次のページ



page1 このクルマの中に「現実」はない! クルマの形をした大伽藍はスポーティだった。
page2 納車開始は来年3月
page3 約5.6メートル

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…
ENGINE ROOM
絶品ラーメンが、どうし…
グリルパンの料理を紹介しているのに、それがなぜラーメンなのか。ヒントはチャーシュー。ふつうなら…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。