ENGINE online/エンジン オンライン

「批評的対話」によるザ・比較テスト第25回
日産 GT-R Black Edition(947.1万円) vs ポルシェ 911カレラ PDK(1456万円) & BMW M5(1495万円)


NISSAN GT-R Black Edition & PORSCHE 911 CARRERA S PDK & BMW M5
クリックすると拡大


NISSAN GT-R Black Edition
●登場から5年目、進化し続けるGT-R。
●3.8V6ターボ+トランスアクスル4WD。
●変速機は6段ツイン・クラッチ自動MT。

PORSCHE 911 CARRERA S PDK
●今年上陸した新世代の911。
●3.8リッター自然吸気フラット6+2WD。
●変速機は7段ツイン・クラッチ自動MT。

BMW M5
●上陸したばかりの新世代M5。
●4.4リッターV8ターボ+2WD。
●変速機は7段ツイン・クラッチ自動MT。


GT-Rは今も最強か? 新型911、M5と対決!


2007年に登場し、世界を震撼させた日産GT-Rは、
4年半を経た今も、その破壊力を失っていないのか?
孤高の日本車が最新の911とM5の挑戦を受ける!

話す人=村上 政+齋藤浩之、ともに本誌 写真=柏田芳敬


齋藤 いきなりでなんですけど、この組み合わせはGT-Rに失礼なんじゃないの。勝負にならないでしょ、いろいろな意味で。911持ってくるならせめてターボじゃないと。それに、もう1台がなにゆえM5?
村上 それは、そもそもGT-Rの開発過程で、最初にベンチマークとして想定したのがM5だったと、最近、開発スタッフの一人から聞いたからだよ。ところが、開発が進むなかで、4WD+ターボのドライブ・トレインが採用され、それに伴って仮想敵も911ターボに変わっていったらしい。つまり、GT-Rの中には、911ターボ的なものとM5的なものが共存している。で、5年目のGT-Rの〈いま・ここ〉を検証するにあたって、その2台を引きあいに出そうと考えた。もっとも911はまだ新型のターボが出ていないから、カレラSのPDKにした。M5は上陸したばかりのターボ・エンジンになった新型を持ってきた。
齋藤 なるほど。それならいいよ。ベンチマークになったM5は5リッターV8の先々代モデルだね。今にいたるまでベストのM5だと思うよ。トータル・バランスという意味でね。MTしかなかったけれど。素晴らしいスポーツ・サルーンだったなぁ。今回のGT-Rは2012年モデルのブラック・エディションだよね。色は黒くないけど。にしても、GT-Rは軽くはねのけるんじゃないの?
村上 速さでいったら、そりゃ比較にならないでしょう。でも、ロードゴーイング・カーである以上は、乗り心地や使い勝手、そして何より、欲しいと思わせる力も含めて評価が決まってくる。とにかく、乗ってみないとわからないよ。


NISSAN GT-R Black Edition & PORSCHE 911 CARRERA S PDK & BMW M5
クリックすると拡大
NISSAN GT-R Black Edition & PORSCHE 911 CARRERA S PDK & BMW M5


前のページ
1
2
3
4
次のページ




 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。