ENGINE online/エンジン オンライン

古典的なスポーツカーの味。


JAGUAR XKR-S
クリックすると拡大
JAGUAR XKR-S
最強最速のロード・ゴーイング・ジャガー、XKR-Sに九州・宮崎で乗る。


古典的なスポーツカーの味。


2011年にジュネーブでデビューしたジャガーXKR-S。
0-100km/h加速4.4秒、最高速度300km/hを誇る怪物マシンに、
ようやく日本国内で乗る機会を得た。
九州・宮崎を舞台に開かれた試乗会からの報告。

文=村上 政(本誌) 写真=望月浩彦


 “緑から赤への革命”──そんなフレーズが頭に浮かんだ。これまでのラグジュアリー路線に加えて、スポーティ路線の復活を図るジャガーが、ここにきてイメージ・カラーをブリティッシュ・グリーンからボルドー・レッドに変更したというのである。
 宮崎で開かれた試乗会に赴くと、なるほど、これまでの緑にかわってくすんだ赤の幟がはためいており、そこに書かれたブランド・ロゴも、従来よりややモダンな印象のものに変更されていた。
 そして、その新しい路線のイメージ・リーダー役を務めるのが、ジャガー史上最強最速の量産型スポーツカーを謳う、このXKRーSだ。
クリックすると拡大
 私は昨年秋、ニュルブルクリンク北コースで数周ながら試乗する幸運に恵まれて、その凄まじい加速や俊敏なハンドリング、低く唸るようなエクゾースト・ノートの洗礼を受けた。しかし、その時はほとんど一般道を走れなかったので、ロードゴーイング・カーとしての真の実力を試すのは、今回が初めてとなる。



過激さとラグジュアリーと

   改めてXKRーSをじっくり眺めてみると、今どき珍しいほどの見るからにスパルタンなエクステリアに呆気にとられる。フロント・バンパーの両側に設えられた縦方向のエア・ガイドなど、まるでGT3クラスのレーシング・カーさながらだ。
 ところが、ドアを開けて室内に足を踏み入れると、シートのサイド・サポートが大げさなほど巨大だったりはするものの、汗臭さを感じさせる要素は皆無で、それどころか上質なレザーに囲まれた、スポーティではあるけれどラグジュアリーな空間が拡がっている。大人が腰掛けるにはあまりに窮屈なリア・シートも、決して取り外されることなく、レザー張りになって残されているのだ。
 “過激すぎず、ラグジュアリー過ぎず”がジャガーの哲学だとニュルブルクリンクで私に教えてくれたのは、ジャガー本社のグローバルPR責任者を務めるフランク・クラース氏だった。その時は妙に納得してしまったのだが、このXKRーSの内外装には、むしろ過激さとラグジュアリーが強烈にせめぎ合っているような印象がある。そしてその落差が、独特の凄み、エグさを醸しだしているのだと思う。すなわち、野蛮と洗練が平気で同居したようなブリティッシュ・テイスト。こういうのが好きな人は、たまらなく好きだろう。
獰猛な野獣が牙を剥く時

   今回、改めて一般道で乗ってみると、走りにも、野蛮と洗練の同居が感じられるように思えてきた。
 XKRの510psでもトゥー・マッチなくらいなのに、それをさらにチューニングして550psまで高めた5V8スーパーチャージャーは“過激”以外の何ものでもない。どんな回転域でも、右足に力を込めれば、背中をシート・バックに押しつける怒濤の加速が体験できる。
 高速道路では、アッという間に非合法極まりない速度になりそうになるから、抑えるのに苦労するほどだ。
 その持てるパワーに合わせて、脚は容赦なく固められている。とりわけ低速時には路面の状況をダイレクトに伝えてくる。しかし、速度を上げるにつれてフラットな乗り心地になるから、知らず知らず速度を上げてしまう傾向にあるのだ。
 ステアリングはまるで高級サルーンのように軽めで、洗練されたフィールを持つ。それでいて切り始めからクイックな設定になっているから、常に慎重な操作が要求される。決して運転がイージーなクルマではない。
 音は、凄い。とりわけ外で聴いていると、まるでレーシング・カーのような低くドライな爆音が響きわたっている。しかし、普通に運転している分には、少なくとも室内には、適度ないい音が聞こえてくるだけだ。
 全体として、普通に流している限りはどっしりとした乗り味のスポーツカーだが、ひとたびアクセレレーターを全開にして飛ばし始めるや、獰猛な野獣が牙を剥く。そういう時のクルマの動きはすこぶるダイレクトで、野蛮さ剥き出しの感覚がある。
むろん、アクティブ・ディファレンシャル・コントロールをはじめとする電子デバイスが常にドライバーの意思を汲み取って助けてくれるから、破綻に至ることはないとしても、だ。
 アルミ・モノコックの先進的なボディ構造を持ってはいるけれど、実際にはむしろすこぶる古典的な、ブリティッシュ・スポーツの味わいを色濃く持った1台だと思った。


クリックすると拡大
走りのモデルであることを強烈にアピールする派手なエクステリアを持つXKR-S。赤いボディのXKRと見比べれば、明らかに車高がローダウンされ、随所に空力を考慮した改良が加えられているのが見て取れる。フロントのチン・スポイラーやリアのディフューザー、ウイングはカーボン製。足元を20インチの超偏平タイヤとバルカン社製の鍛造アルミホイールで武装する。だが、内装は豪華仕様で、レザー製の巨大なバケット・シートのほか、リア・シートも装備される。


  
 ジャガーXKR-S
駆動方式エンジン・フロント縦置き後輪駆動
全長×全幅×全高4795×1915×1310mm
ホイールベース2750mm
車両重量1810kg
エンジン形式直噴V8DOHCスーパーチャージャー
総排気量4999cc
ボア×ストローク92.5×93.0mm
最高出力550ps/6500rpm
最大トルク69.4kgm/3500rpm
トランスミッション6段AT
サスペンション(前)ダブル・ウィッシュボーン/コイル
サスペンション(後)マルチリンク/コイル
ブレーキ通気冷却式ディスク
タイヤ(前)255/35ZR20 (後)295/30ZR20
車両本体価格1750万円



(2012年6月号掲載)
 
 
最新記事一覧
SPECIAL
注目!! 富士のショー…
5月11日(木)開催予定のエンジン・ドライビング・レッスン・スペシャル、「FUJIオーバル・スクー…
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
MEGANE R.S/メガーヌR.S…
ホットハッチ史に残る名車がついにその幕を降ろす。これが正真正銘のラストチャンスです。
NEWS
「ジョルジオ アルマーニ…
関西エリア最大の床面積を誇る「ジョルジオ アルマーニ 大阪店」(大阪府大阪市中央区南船場3-11-20 T…
NEWS
JAGUAR E-TYPE/ジャガー…
ジャガーは同社の専門技術者がレストアを行う“リボーン”シリーズの第3段として、Eタイプ・シリーズT…
NEWS
JAGUAR F-TYPE/ジャガー…
ジャガーFタイプの2018年モデルが登場し、2ℓ4気筒搭載車が加わった。
NEWS
Ferrari GTC4 LussoT/フ…
フェラーリのフル4シーター・クーペ初の8気筒エンジン搭載モデル、GTC4ルッソTが日本でお披露目さ…
NEWS
Scuderia Ferrari/スク…
メルセデス・ワークスを開幕戦で倒したフェラーリは、第3戦でも、実力でシルバー・アローを打ち破っ…
NEWS
CITROEN C3/シトロエンC…
4月8日のシトロエン中央を皮切りに6月25日のシトロエン千葉まで11ヵ所のシトロエン・ディーラーや特設…
NEWS
CITROEN Japon/シトロエ…
シトロエン・ジャポンの公式サイト内に仮想ミュージアムが開設された。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 トヨタのコンパクトSUV、C-HRに公道で試乗!
 ポールスター・エディションを試す。
 メルセデスSUVのリーダー、Mクラスがモデルチェンジ!
 ルノー・スポールが手掛けた3台の最新モデルに富士スピードウェイでイッキ乗り。
 メルセデス・ベンツSLの頂点、63AMGが上陸!