ENGINE online/エンジン オンライン

カブリオレであることを忘れてしまいそうな911。


Porsche 911 Carrera Cabriolet
クリックすると拡大
Porsche 911 Carrera Cabriolet/ポルシェ・911カブリオレ


ブルブルよさらば!


ルーフ・ラインがクーペみたいになった
新型カブリオレは、乗るとさらに良かった。
文=齋藤浩之(本誌) 写真=望月浩彦


 ポルシェ911カレラSクーペは、あらゆる部分で進化を遂げ、その結果、1台のクルマとしての総体に稀有なほどの全き統一感が漲っていた。911がフルモデルチェンジの直後から、これほどの完成度を見せたことはなかったのではないかと思う。ホイールベースとフロント・トレッドの拡張によって、全面的なアルミ構造採用のおかげで重量増なしに剛性向上を実現したボディを、いかにも楽々と支えている感じがする。市街地などを走るさいに感じる爽やかな軽さは、911の新境地というべき新たな魅力といっていいだろう。
 であるのだから、そのオープン・モデルに大きな期待を寄せずにはいられない。果たして、試乗かなった新型911カブリオレは、期待に違わぬクルマだった。
 なによりいいのは、スカットル・シェイクがものの見事に消えていることだ。路面の荒れや不整に遭遇しても、フロント・セクションがブルブル、ワナワナと震えることがない。だから、ステアリング・ホイールに添えた両の手に無粋な振動が伝わってくることもない。モノコック・ボディのオープン・カーでは半ば不可避的なものと思われていたシェイクが出ないのだ。これだけで、どれほど印象が好転することか。これは屋根を被っているときはもちろん、屋根を下ろしてもそうなのだからすごい。新型アルミ・モノコック・ボディの威力を思い知らされる感じだ。これなら、それが理由でオープン・カーが好きになれなかったひとも、抵抗なく入っていけるはずだ。
 しかも、新型911カブリオレは、ルーフ内に隠されたマグネシウム製のパネルが、幌屋根をまるでメタル・ルーフのように美しく模っているから、高速道路で速度を上げても、コウモリ傘のように骨ばったこれまでの幌屋根に比べると、風切り騒音が見違えるように小さくなっている。側面から入ってくる音はクーペ並みとまではいかないけれど、それでも、カブリオレに乗っていることを忘れそうになるぐらいには低い。クルマを降りて外から眺めたときに、ルーフ・ラインがクーペのように滑らかになったこともウリのひとつになっているが、それがオマケと思えるぐらいに、この新型カブリオレは実用性能が上がっているのである。
Porsche 911 Carrera Cabriolet
オープンのままでも無粋なシェイクに興をそがれることなくワインディング・ロードを楽しめるようになった。自動可変バルブの備わる標準エグゾーストは、かなり勇ましいサウンドを響かせる。
 借りた個体は、3.4リッター・エンジンを積んだ“カレラ”のPDK仕様だったのだけれど、カブリオレにはこれで十分と思った。クーペのカレラSと比べれば、速さの差は歴然と感じられるものの、少し柔らかめでまったりとした乗り味のカブリオレには、よく似合っていると思った。標準エグゾーストのままでも音は勇ましいから、迫力不足なんてこともない。これはいいです。

Porsche 911 Carrera Cabriolet
クリックすると拡大
Porsche 911 Carrera Cabriolet
クリックすると拡大
PDKモデルに標準装備のステアリング・スイッチは表から押してアップ、裏から押してダウンのスライド式で、左右に同じものが備わる。イージー・ドライブ向けには便利。

後席スペースがあくまで+2のそれなのはいつものとおり。屋根の開け閉めはスイッチ操作ひとつの手間要らず。3.4リッター・カレラのPDK仕様で車両本体価格は1361万円也。

Porsche 911 Carrera Cabriolet
クリックすると拡大
Porsche 911 Carrera Cabriolet/ポルシェ・911カブリオレ



(2012年8月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。
NEWS
MASERATI Granturismo Gr…
マゼラーティ・グラントゥリズモとグランカブリオの発表会はボディ・チェックをするところからはじま…
NEWS
35年ぶりの続編はオリジ…
世界中に熱烈なファンを持つ『ブレードランナー』の続編がついに公開される。ハリソン・フォードも再…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ