ENGINE online/エンジン オンライン

ランボルギーニ・アヴェンタドールに袖ヶ浦レースウェイで乗る。


Lamborghini Aventador LP700-4
クリックすると拡大
Lamborghini Aventador LP700-4/ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4


大進化した猛牛の走り


ランボルギーニの新しい旗艦、アヴェンタドールの
試乗会がサーキットで開かれた。その走りの印象は?
文=村上 政(本誌) 写真=望月浩彦


 昨年9月の発売開始以来、日本では4100万2500円のプライス・タグをつけたアヴェンタドールが、80台も売れたという。もっとも、そのうち現時点までに納車されたのはたったの20台で、残りの将来のオーナーたちは首を長くして待っている状況である。アヴェンタドールはカーボン・モノコックを採用しているため、1日に窯で焼ける量が限られており、日本への割り当ては年40台に過ぎないという。すなわち、500万円の予約金を添えて今すぐに申し込んだところで、納車されるのは1年半以上先になる。
クリックすると拡大
 その稀少なスーパー・ランボルギーニの国内初の試乗会が、千葉県の袖ヶ浦レースウェイで開かれた。試乗会はインストラクターの運転するガヤルドの先導車の後ろに3台のアヴェンタドールが連なって走る形式で行われ、1セット4周の走行を3セット、計12周だけ体験させてもらうことができた。1周2kmほどで直線も短い小さなサーキットで、しかも先導車つきというのは、700psのモンスター・マシンの性能を試すにはいかにも物足りないが、それでも、その資質の一端はしっかりと感じ取ることができた。
外観にも内装にも六角形のモチーフが反復され
ミドに縦置きされる非直噴の6.5リッターV12ユニット
外観にも内装にも六角形のモチーフが反復され、何者にも似ていない独特の世界を作り上げている。大ぶりなシートの座り心地は抜群。


ミドに縦置きされる非直噴の6.5リッターV12ユニットは最高出力700ps/8250rpm、最大トルク70.4kgm/5500rpmを発生。シングル・クラッチの7段自動MTと第4世代ハルデックスの4WDシステムを介して4輪を駆動する。


半年あまりで6000km
 この新しい猛牛は、これまでのランボルギーニのフラッグシップ・モデルとは違い、本気で毎日使おうと思えば使えなくないほどの実用性を持ったクルマに仕上がっている。実際、日本に上陸した最初のロットの1台を手に入れたジャーナリストの西川淳さんは、この半年あまりですでに6000kmも乗ったという。これまでのスーパーカーだったら、そんなにマイレージを刻むのは考えにくいことだ。
 この日、改めてサーキットで乗ってみて、強く印象づけられたのも、運転のしやすさとハンドリングの素直さから来る、クルマとしての実用性の高さだった。先代の旗艦であるムルシエラーゴは、とにかく曲がらないクルマだったと記憶している。アンダーステアが強く、サーキットで思うように向きを変えるためには、うまくリアを滑らせてやる必要があった。オーバー600psのスーパーカーを滑らせるのはスリリングなことこの上なく、それはそれですこぶる楽しかったが、毎日乗るクルマではなかった。しかしアヴェンタドールは違う。まるでGT500クラスのレーシング・カーのようなダイナミック性能を持ちながら、毎日使おうと思えば使えるだけのフレキシビリティをも持ち併せているのだ。これは新時代の“使える”スーパーカーだ。大進化した猛牛の走りに、私は深く脱帽した。
メーターはすべてヴァーチャル表示になっている
メーターはすべてヴァーチャル表示になっている。中央の大型メーターは、ボタン操作で回転計と速度計を選択できる。

全長×全幅×全高=4780×2030×1136mm
クリックすると拡大
全長×全幅×全高=4780×2030×1136mm。ホイールベース=2700mm。車両重量=1820kg。車両本体価格=4100万2500円。



(2012年8月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
3列7人乗車を踏襲したものの、ミニバンから正統派SUVへと大胆に生まれ変わった5008。
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。
 ホンダ・フィットがマイナーチェンジ