ENGINE online/エンジン オンライン

パワーアップ、軽量化に加えてハンドリングを磨いた
最新のフェラーリ・カリフォルニア、日本上陸。


Ferrari California Handling Speciale
クリックすると拡大
Ferrari California Handling Speciale


おっとり感が懐かしい。


今春のジュネーブ・ショウでパワーアップした新型が
登場したFRのV8フェラーリ、カリフォルニア。
その新型のハンドリング・スペシャル版に試乗した。
文=村上 政(本誌) 写真=小河原認


 2008年にデビューしたカリフォルニアは、フェラーリにとって、新たな顧客獲得に大いに貢献するモデルとなったようだ。なにしろ、マラネロの発表では、カリフォルニアを購入したオーナーのうち、70%以上が初めてフェラーリを所有した人だというのだ。使われ方もこれまでとは違っており、とにかく使用頻度が高いのが特徴なのだとか。年間走行距離はフェラーリ平均比でプラス30%。さらにオーナーの20%は、毎日使用しているという。そして、もうひとつ面白いのは、1台を複数の人で使っているケースが多いことで、なんと65%が同業者あるいは家族と共に使用しているのだそうな。
 なんだかポルシェのデータでも繙いているような錯覚にとらわれるが、ある意味、カリフォルニアの実用性の高さが、新しいフェラーリ・オーナー像をポルシェ・オーナー像に近づけたのだろう。実際、ポルシェから乗り換えた人も多いに違いない。
 とはいえ、デビューから4年が経ち、フェラーリもこのあたりで軌道修正して、もう少し従来のフェラーリらしいスポーツ志向を強めようと考えたのかも知れない。今春のジュネーブ・ショウで、30psのパワーアップと30kgの軽量化を同時に実現したマイナーチェンジ版を発表した。
Ferrari California Handling Speciale
クリックすると拡大
 今回、試乗したのは、それをベースにハンドリングについて特別なチューニングを施したモデルで、その名も“ハンドリング・スペチアーレ”。ノーマル・モデルより90万円高いプライス・タグが付いている。
 その中身について見る前に、パワーアップと軽量化について触れておくと、パワーアップは主にエンジンのポンピングロスの低減などによる効率の向上とECUのソフトウェアの変更、排気系の見直しによって得られたものだという。一方、軽量化は、最先端のアルミニウム製造技法と組み立て技術の採用によるものだ。


Ferrari California Handling Speciale
クリックすると拡大
Ferrari California Handling Speciale
ハンドリング・スペチアーレのノーマル・モデルとの外観上の識別点はほとんどない。唯一、フロント・グリルとサイドのエア・アウトレットの色をHSは無償でチタン・シルバーに変更できる。試乗車はその色が選択されていたが、余程のフェラーリ通でも識別は困難だろう。そのほか、試乗車にはデイトナ・スタイルのシートをはじめとして約500万円分のオプションが装着されていた。


変更点はステアリングと脚

 さて、そこで本題だが、ハンドリング・スペチアーレのノーマルとの違いは3点。まず、ステアリング・レシオをノーマルより約10%減らして、よりクイックにしたこと。次に、フロントに約15%、リアに約11%硬めのスプリングを採用し、脚を締め上げたこと。そして最後に、磁性流体ダンパーを採用し、入力に対するレスポンスを50%短縮したことだ。
 その違いは、試乗車に乗ってみると明らかだった。これまでのカリフォルニアは、誤解を恐れずに言えば、ややおっとりした、いい意味でユルくおおらかな乗り味が魅力だった。他のミドシップ・フェラーリや12気筒モデルに比べると、明らかに動きがゆったりとしており、それが2プラス2の大きめな開口部を持ったFRオープン・カーというスタイルによくマッチしていたのだ。
 それに比べると、ハンドリング・スペチアーレは明らかに硬い脚を持っている。路面の細かな荒れに対して敏感に反応して常に振動を伝えてくるし、ステアリングの操作に対するボディの動きも、ややオーバーなくらい機敏になっている。とりわけスポーツ・モードを選んだ時には、前後の荷重移動の動きが急になり、山道ではリアの荷重が抜けそうになる場面も出てくる。そういう時は、ルーフを格納して、リアの荷重を増やしてやった方がずっと走りやすいのに気づいて、ちょっと驚いた。今月乗ったもう1台のメルセデスSLもそうだったが、バリオ・ルーフのオープン・カーというのは、ルーフを上げた状態と下げた状態では乗り味がずいぶん違っているのだ。山道を走るなら、開けていた方がずっと気持ちいいし、運転もしやすくなる。
Ferrari California Handling Speciale
クリックすると拡大
 それに対して、高速道路を飛ばす時には、風仕舞いの問題を抜きにしても、ルーフを上げていた方が走り易いように思えたのは錯覚だろうか。
 いずれにせよ、ハンドリング・スペチアーレは、明らかにこれまでのカリフォルニアの性格を軌道修正するものだ。よりスポーティなハンドリングを好む、本来のフェラーリ・ユーザーにとっては、歓迎すべき進化だろう。しかし、新たに加わった70%のオーナーにとってはどうか。少なくともカリフォルニアにV8ミドシップ・フェラーリとは別の魅力を見いだしていた私には、かつてのおっとり感がやや懐かしくもあったことを、正直に告白しておこう。

Ferrari California Handling Speciale
クリックすると拡大
Ferrari California Handling Speciale
  
 フェラーリ・カリフォルニア・ハンドリング・スペチアーレ
駆動方式エンジン・フロント縦置き後輪駆動
全長×全幅×全高4575×1910×1325mm
ホイールベース2670mm
車両重量1830kg
エンジン形式直噴90度V8DOHC32バルブ
総排気量4297cc
ボア×ストローク94.0×77.4mm
最高出力490ps/7750rpm
最大トルク51.5kgm/5000rpm
トランスミッションデュアル・クラッチ式7段自動MT
サスペンション形式(前)ダブルウィッシュボーン/コイル
サスペンション形式(後)マルチリンク/コイル
ブレーキ(前後)通気冷却式ディスク
タイヤ(前/後)245/35ZR20/285/35ZR20
車両本体価格2480万円
  



(2012年8月号掲載)
 
 
最新記事一覧
SPECIAL
今年もやります!“FUJIオ…
エンジン・ドライビング・レッスンの午前中のプログラムとしてお馴染みのオーバル・レッスン。
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
MAYBACH/マイバッハCAR …
超高級車ブランドにもSUVブームが到来するなか、ドイツの雄から、Gクラスをベースにした超高級SUV、G…
NEWS
鎌田卓麻選手好発進CAR P…
いよいよ2017年シーズンの全日本ラリー選手権が開幕した。
NEWS
LEGACY/レガシィCAR PED…
いまや北米での主力モデルとして堂々としたサイズとなったレガシィ。
NEWS
RANGE ROVER/レンジロー…
最新のレンジローバーと、この原初のレンジローバー、どちらかを選べたら、あなたならどうします?
NEWS
812SUPERFAST/812スーパ…
フェラーリの12気筒ベルリネッタが刷新された。
NEWS
スーパーカーの父、逝く…
自動車界の巨星がまたひとつ消えた。カウンタックの生みの親がこの世を去りました。
NEWS
LUTECIA/ルーテシアCAR …
MTの導入に積極的なルノー・ジャポンは、フェイスリフト版の新型ルーテシアの発表と同時に、MTの限定…
NEWS
4月20日から30日、5月6日…
4月にオープンを控えた新複合施設、GINZA SIX。その地下3階に、観世能楽堂が引っ越してくる。能に親…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 ポールスター・エディションを試す。
 メルセデスSUVのリーダー、Mクラスがモデルチェンジ!
 ルノー・スポールが手掛けた3台の最新モデルに富士スピードウェイでイッキ乗り。
 メルセデス・ベンツSLの頂点、63AMGが上陸!
 パサートCC改めフォルクスワーゲンCCになって新型登場。