ENGINE online/エンジン オンライン

スバル・レヴォーグがマイナーチェンジ!


最後の進化か!?

クリックすると拡大
 新しいプラットフォームの採用で、一躍スバルの看板車となったインプレッサ。でも、ちょっと待った。レヴォーグの存在を忘れてはいけません。スバルと言えばレガシィ・ツーリングワゴン! いや、日本でワゴンといえば、それはレガシィのことを指すほどの人気車だったツーリングワゴン。その後継たるレヴォーグは、ワゴン専用モデルとして絶大な人気がある。そんなレヴォーグがマイナーチェンジした。
 内外装の一部リフレッシュ。ご存知スバルの自慢安全技術、アイサイトの強化。乗り味の変更。というのが今回のマイナーチェンジの骨子だが、なかでも注目したいのは乗り味だ。
クリックすると拡大
写真は2.0STI。フロント・バンパーの左右のエア・インテークの意匠が変更され、より精悍になった。1.6、2.0ともに動力性の変更はない。価格は282.96〜405万円。
昨年、アウディA4アヴァントが発売されたときに、同じタイミングで登場したレヴォーグSTIと比較試乗したが、アウディのアシがしっとりしなやかだったのに対してレヴォーグSTIは突き上げもきつく乗り心地がいまひとつだった。今回は発売直前のナンバープレートの付かないプロトタイプで、伊豆のサイクルスポーツセンターでの試乗だったが、1.6と2.0の、SとSTIのそれぞれに乗ってみたが、両車ともびっくりするほど乗り心地が良くなっている。前後ともサスペンションのストロークを伸ばし、バネも柔らかくしたほか、フロントはアームのブッシュをピロからゴムに変更。リアはスタビライザーの径を細くした。おかげで乗り味は見違えるようにしなやかになり、しっとりして上質になった。
スポーティなSTIでも、もうゴツゴツした不快な突き上げを我慢する必要はない。現行レヴォーグは、初代レガシィ以来のプラットフォームをアップデートしながら使い続けていっぱいいっぱいだと聞いていたが、まだこんなに伸びしろがあったとは。いい具合に熟成したレヴォーグ、最終モデルは買いだと思います。 (塩澤)

写真=柏田芳敬


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
HONDA CLARITY/ホンダ C…
燃料電池仕様をベースにプラグイン・ハイブリッド(PHEV)に仕立て直したのが、この“クラリティPHEV”。
NEWS
極上のミステリーを味わ…
双子の兄弟との関係にのめりこむヒロインを描いた心理サスペンスと、極寒の雪原で起きた殺人事件の顛…
NEWS
SUZUKI JIMNY/スズキ …
これで4代目。ひと目でクロスカントリー4WDと認識できるスタイリングはジムニー伝統の丸目を踏襲しつ…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クローズド・コースの試乗でいいクルマの片鱗を見せた新型クラウン。果たして、公道での印象はどのよ…
NEWS
Mercedes-Benz CLS Class…
メルセデスEクラスをベースにクーペ風の流麗なフォルムを与えたCLS。3代目となる新型も初志貫徹。ス…
NEWS
Alpine A110/アルピーヌ…
首を長くしてこの日を待っていた人も多いに違いない。21世紀に復活した新型A110の販売概要がアナウン…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。