ENGINE online/エンジン オンライン

スバル・レヴォーグがマイナーチェンジ!


最後の進化か!?

クリックすると拡大
 新しいプラットフォームの採用で、一躍スバルの看板車となったインプレッサ。でも、ちょっと待った。レヴォーグの存在を忘れてはいけません。スバルと言えばレガシィ・ツーリングワゴン! いや、日本でワゴンといえば、それはレガシィのことを指すほどの人気車だったツーリングワゴン。その後継たるレヴォーグは、ワゴン専用モデルとして絶大な人気がある。そんなレヴォーグがマイナーチェンジした。
 内外装の一部リフレッシュ。ご存知スバルの自慢安全技術、アイサイトの強化。乗り味の変更。というのが今回のマイナーチェンジの骨子だが、なかでも注目したいのは乗り味だ。
クリックすると拡大
写真は2.0STI。フロント・バンパーの左右のエア・インテークの意匠が変更され、より精悍になった。1.6、2.0ともに動力性の変更はない。価格は282.96〜405万円。
昨年、アウディA4アヴァントが発売されたときに、同じタイミングで登場したレヴォーグSTIと比較試乗したが、アウディのアシがしっとりしなやかだったのに対してレヴォーグSTIは突き上げもきつく乗り心地がいまひとつだった。今回は発売直前のナンバープレートの付かないプロトタイプで、伊豆のサイクルスポーツセンターでの試乗だったが、1.6と2.0の、SとSTIのそれぞれに乗ってみたが、両車ともびっくりするほど乗り心地が良くなっている。前後ともサスペンションのストロークを伸ばし、バネも柔らかくしたほか、フロントはアームのブッシュをピロからゴムに変更。リアはスタビライザーの径を細くした。おかげで乗り味は見違えるようにしなやかになり、しっとりして上質になった。
スポーティなSTIでも、もうゴツゴツした不快な突き上げを我慢する必要はない。現行レヴォーグは、初代レガシィ以来のプラットフォームをアップデートしながら使い続けていっぱいいっぱいだと聞いていたが、まだこんなに伸びしろがあったとは。いい具合に熟成したレヴォーグ、最終モデルは買いだと思います。 (塩澤)

写真=柏田芳敬


 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼試乗記 最新5件
 純ガソリンのポールスター、いよいよ最後かも?
 もっとも手頃なボルボに乗る。
 マイナーチェンジしたキャデラック・エスカレードに乗る。
 ミニ一族では初の電化モデル、クロスオーバー・クーパーSEに乗る。
 フェイスリフトを受けて進化した新型ルノー・ルーテシアR.S.に箱根で試乗。