ENGINE online/エンジン オンライン

ENGINE 2015年8月号


ENGINE8月号/エンジン8月号 ENGINE 8月号 6月26日発売
ENGINE
特別定価 1080円
JAN:4910019970859

▼ENGINE定期購読のオンラインお申込みはこちら

ENGINE 予約購読

▼毎月ENGINEの目次をメールにて送信。

ENGINE メールマガジン登録
 ENGINE最新号をオンラインで購入


CONTENTS/コンテンツ

巻頭特集
大異変! 日本車大躍進!! スポーツカー復権!!
エンジン・ザ・ホット100ニューカーズ!

エンジン恒例、クルマ好きの、クルマ好きによる、クルマ好きのための大ランキング。今年も、日本を代表する自動車ジャーナリスト29人に本誌代表6人を加えた35人のホット100委員が、自らの内なる欲望の声に従って、今だから乗りたいクルマ20台を選びました。その結果を集大成したところ、なんと大異変が発生!ホット1&2のフロント・ロウを日本車が独占! しかも、その2台を含む上位10台のうち、9台までもが2シーターのピュア・スポーツカー! という前代未聞の結果となったのです。それでは、ミニバンの時代にサヨナラを告げる「2015年版ホット100」の、はじまり、はじまりぃ〜。
エンジン・ザ・ホット100ニューカーズ!
HOT1〜HOT20まで国産スポーツカー、大躍進!
1位はあのオープンカー
ついに日本のスポーツカーが頂点に輝いた!
ENGINE THE HOT 100 TALK SHOW
6人の編集部員が2015年のホット100について、大いに語る。

なぜ、スポーツカーがここまで躍進したのか?
今年から新たな試みとして、クルマ担当の編集部員3人を加え総勢35人のホット100委員によって選出されることになったHOT100。驚くべき結果となった2015年の結果から見えてきたものとは?


なぜ、スポーツカーがここまで躍進したのか

HOT21からHOT40まで
驚いたことにランク・ダウンしたクルマが8台も!!
21位は2014年の9位から大きく順位を落としたポルシェ・ボクスターS、一方初登場25位で新型シボレー・コルベットZ06がランク・イン! 33位にはホット100のなかで最も車重の軽いケータハム・セブン160が入りました。ドイツ、アメリカ、イタリア、フランス、イギリス、日本、そしてスウェーデンと、各国のバラエティに富んだ21位から40位です。


HOT41からHOT50まで
10台のうち4台が新たにランク・イン!
41位から50位はゴージャスなクルマがたくさんランク・インしました。43位ランボルギーニ・アヴェンタドール! 44位アストンマーティン・ヴァンクイツシュ! 46位ポルシェ911ターボS! そして49位、50位にロールス・ロイスのゴースト、レイスと並び、合計1億6000万円超えです! そう考えると表紙のラ・フェラーリ、1台でその価格は凄いですね。


HOT51からHOT70まで
なんと20台中、6台がポルシェ!
獲得ポイント42pt〜31ptで構成される51位〜70位。選考委員の票が最も多かったのは64位のフォード・フィエスタで8人から票を集めました。それにしてもポルシェが強い。ケイマンGT4が51位、マカンSが52位、ボクスターGTSが69位、911はタルガ4、カレラ4S、カレラGTSがそれぞれ54位、62位、63位と6台もランク・インしています。


HOT71からHOT90まで
4年前のHOT1、フィアット500がなんと77位にまで後退。
獲得ポイント30pt〜25ptで構成される71位〜90位。選考委員の票が最も多かったのは75位のシトロエンDS3カブリオ・スポーツシックで5人から票を集めました。4年前、HOT1に輝いたフィアット500ツインエアは77位まで後退。今夏フィアット500はフェイスリフトが噂されていますが、はたして巻き返しはあるのでしょうか。


HOT91からHOT100まで
100位にランク・インしたのもやっぱりスポーツカー!
獲得ポイント25pt〜22ptで構成される91位〜100位。選考委員の票が最も多かったのは95位のホンダ・ステップワゴンで5人から票を集めました。でもHOT100委員が1人高配点にするとランク・インするパターンが多いのも、このゾーンの特徴です。


エンジンHOT100委員、35人のパーソナル・ランキング、一挙公開!
今乗りたいのは○○○○!!
モーター・ジャーナリスト29名と本誌編集長&副編集長の3名の従来からのメンバーに加え今年はクルマ担当記者3人が新たにHOT100委員として加わりました。この35名が「今、乗りたいクルマ」を1人20台ずつ選んだ結果、全部で256台がリスト・アップされました。ここからのページではそれを一挙に公開します。なお、恒例となりましたが、HOT100委員は基本的に自分の愛車とともに登場しています。複数所有で昨年と別のクルマで登場しているメンバーもいますが、今年クルマを乗り換えたのは計8名。そちらも併せてご注目下さい。


なんでもHOT3
#1 美術ライター山内宏泰のチョイス
「ドライブしてでも行く価値がある美術館・ギャラリー」HOT3
感性を刺激されるアート作品のみならず、心を豊かにする自然もあわせて楽しめる美術館・ギャラリーをセレクトした。


#2 フード・ライター小松めぐみのチョイス
「クルマで味わいに行く特別な美食体験」HOT3
オーベルジュ感覚で楽しめるリゾートのレストラン2軒と、旧白洲次郎邸「武相荘」のレストラン&カフェを紹介。


#3 中古車ウォッチャー、渡辺敏史のチョイス
S660やロードスターだけじゃない!
今こそ狙い目の「ユーズド・ジャパニーズ・スポーツカー」HOT3

相次いで登場した2台の日本産オープンカーに注目が集まっているが、日々中古車市況のチェックを続ける自動車ライター、渡辺敏史氏は、ほかにも狙い目の日本車がある、という。


#4 フラットヘッド代表、小林昌良のチョイス
「フラットヘッド、こだわり」のHOT3
モノ作りに徹底的にこだわるファッション・ブランド、フラットヘッドから、夏にお薦めの3点です。


ニューモデル海外試乗記
ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4スーパーヴェローチェにバルセロナで乗る。
「ニュル・ラップタイム、25秒短縮」の衝撃!
今年3月のジュネーブ・ショウでデビューしたアヴェンタドールの高性能版、スーパーヴェローチェに、バルセロナのグランプリ・コースで乗る機会を得た。ニュルブルクリンク北コースで、ノーマル版のラップタイムを25秒短縮する6分59秒73を叩き出したというSVの実力はどれほどか。本誌ムラカミの報告。


エンジン中古車探検隊が行く!
祝!オリジナル・シトロエンDS生誕60周年
記念企画日

ハイドロ・シトロエン、恐るるに
足らず!?

先日プジョー・シトロエン・ジャポンから日本向けのシトロエンC5の輸入が終わるというアナウンスがあったがいよいよフランスでも、C5のハイドロ・バージョンは生産を終えそうな雰囲気。そんな折、ハイドロ・シトロエンたちの中古車事情はいったいどうなっているのか? エンジン中古車探検隊一行は、京都にあるシトロエン専門店へと向かった。
エンジン中古車探検隊が行く
ENGINE ROAD TEST
#1 メルセデスAMG GTに日本の一般公道で初試乗
毎日使えるという主張に偽りなし。
メルセデスAMG本社で借り出して走らせた記憶もまだ鮮やかなままに、GT Sを日本で走らせる機会を得た。それは、日本の道で走らせてもスーパーなクルマだった。


毎日使えるという主張に偽りなし

#2 新型マツダ・ロードスターをワインディング・ロードで走らせた。
こんなにも爽やかな!
新型ロードスターの公道試乗会が今度は伊豆で行われた。緑のなかを縫う山道で走らせ始めると、それはすぐさま、本領を発揮して見せたのだった。


#3 2シリーズ・アクティブ・ツアラーにディーゼルが追加。
これが本命。
353万円〜という218iに対して21万円しか高くない戦略価格を引っ提げて、218dが日本に上陸した。


#4 カッコよくなった新しい1シリーズに乗る。
ラストチャンス。
フェイスリフトを受けた新型1シリーズだが、これがFRを採用する最後のモデルになりそうなのだ。


#5 マイナー・チェンジして3気筒モデルを追加したA1。
バランスの良さ、最上級!
アウディA1がフェイスリフトを受けて新型へ移行した。そのなかからベース・モデルを借り出して試してみた。


#6 Q3のフェイスリフト・バージョンが日本に上陸。
ファミリー・カーの新しい形。
先代A3をベースにSUVに仕立てたQ3はセダンやハッチバックの代わりになり得る存在だ。


#7 VWゴルフRにワゴン・ボディが加わった。
ワインディングが似合う。
280psの高出力エンジンと4WDを組み合わせた最速・最強&最上級のゴルフ・ヴァリアント誕生。


#8 ミニ一族最速、JCWに箱根のワインディングで試乗。
足のいいヤツ。
派手な見た目とズバ抜けた速さに惑わされてはいけない。新型ミニ・ジョン・クーパー・ワークスの走りは只者じゃない。


ENGINE名物!
CAR PEDIA
祝!ヤナセ創立100周年。
5月25日、東京・日比谷の帝国ホテルで、ヤナセ創立100周年記念式典が開催された。


イギリス篇
新型マクラーレン、日本上陸。etc.
ニューヨークと上海、4月に開催された2つのモーターショウでお披露目されたマクラーレンのスポーツ・シリーズが早くも日本にやってきた。


日本篇
ホンダ・フィット・シャトルに試乗。etc.
セダンのグレイス、SUVのヴェゼルに続いて、今度はワゴンのシャトルが登場。


ドイツ篇
BMW7シリーズがフル・モデルチェンジ。etc.
スタイリングはキープ・コンセプトでコンサバなデザインだがカーボンを用いて軽量ボディをはじめ、中身はハイテクの塊。


フランス篇
これが新しいアルピーヌか!?
生誕60周年、フランスの名門が復活への狼煙を上げた。


イタリア篇
フィアット500X、今秋、日本で販売開始。etc.
ナイスなファミリー・カー


アメリカ篇
新型シボレー・コルベットZ06発表!etc.
コルベット史上最強のパフォーマンスを謳う新型Z06が、浅間ヒルクライムでお披露目された。


スウェーデン篇
最後の6気筒搭載S60に乗る。etc.
ボルボの直6搭載モデル、T6シリーズがいよいよ生産を終えた。その最終ロットのS60に、梅雨空の箱根で試乗した。




セクシーな車とエレガントな男‥‥‥、スタイリスト祐冥朋樹の提案! 乗る車×着る服#57
La Ferrari × GUCCI
今回のクルマは、フェラーリ初のハイブリッド・スーパー・スポーツとして2013年のジュネーヴ・ショウで発表されたラ・フェラーリだ。全世界でたった499台のみがデリバリーされた世界最高峰のロードカーに合わせた服は、グッチの新クリエイティブ・ディレクターにアレッサンドロ・ミケーレ率いるデザイン・チームが手がけた、最新秋冬コレクション。やわらかなシルククレープ素材のリボンタイがついたフェミニンなシャツ・ブラウスが、ラ・フェラーリの官能的なデザインとマッチする。


ENGINE BRAND FEATURE:999.9
ベーシックだけれど新しい。フォーナインズの最新3モデル。

変わらないもの。
“眼鏡は道具である”のコンセプトのもと、日本人に合う眼鏡作りを続け、フォーナインズは20周年を迎える。そしていま原点に立ち戻る。


BRAND FEATURE:Salvatore Ferragamo
サルヴァトーレ フェラガモで、ドライビング・シューズをオーダー!

112の個性。
これからの季節、足元のオシャレに欠かせないのがドライビング・シューズだ。サルヴァトーレフェラガモのカスタム・オーダーでこだわりの一足を作りたい。


FASHION FEATURE:EVERYDAY WEAR
自宅でのんびり過ごす、ベーシックで上質な服とアイテム

クルマにのらない休日。
楽しみにしていた週末のドライブも、雨や猛暑で断念……。ここで紹介するのは、そんな“クルマにのらない休日”を明るく彩るホームウェアたち。急に友人が訪れても慌てて着替えなくていい、ちょっと近所に出かけるのにもいい、リラックスできるけれど、エレガントなファッション・アイテムをセレクトしました。


ENGINE CASUAL TALK #13
フラット4の小森 隆さんとVWビートルを語る。

アメリカの自由とドイツの技
こだわりのアメリカン・カジュアル・ブランド、フラットヘッド代表の小林昌良さんがゲストを迎えてライフスタイルを語る「エンジン・カジュアル・トーク」。今回のゲストは空冷VWビートルを日本中に広めた「フラット4」代表、小森 隆さん。仕事を始めたきっかけ、趣味など、とても似ている2人が大好きなビートルを語ります。


アメリカの自由とドイツの技
オーデマ ピゲからミハエル・シューマッハ・モデル、登場!
「ラップタイムが測れる時計が欲しい」
ワールド・チャンピオンに7度輝いた史上最強F1レーサー、ミハエル・シューマッハ。その名を冠したモータースポーツ専用のコンプリケーション・モデルが登場した。


初の自社製ムーブメント搭載モデルも登場!
ミッレ ミリアがモダンに大変身!!
ミッレ ミリアの公式時計に就任した1988年に発表され、以来毎年リリースされ続けてきたショパールの人気モデル「ミッレ ミリア」がリニューアル。「GTS」の名を冠するモダンでパワフルなコレクションとして生まれ変わった。


ゼニスが「ツール オート オプティック2000」の公式計時になった。
「エル・プリメロ」、レース・シーンに登場!
高精度クロノグラフとして名高い「エル・プリメロ」を擁するゼニスが、欧州最大級のクラシック・カー・イベント、ツールオートをはじめとする5つのレースのスポンサーに名乗りを上げた。クルマ好きの目をくぎ付けにしそうな、最新のエル・プリメロを搭載するツールオート記念モデルの魅力を、製造現場や他の新作とともに紹介する。


ブラック&ゴールドをまとった“大人の”エコ・ドライブ
個性を共有する5本
シチズンを代表する5つのブランドから、同じ個性を放つ限定モデルが新登場。「漆黒の空間から生まれる希望の光」になぞらえ、ブラック&ゴールドをまとった大人のための上質な5モデルが揃った。あなたはどれを選ぶ?


クストスの3つのアイコン・コレクション
陸、海、空を愉しむ男の腕に
2005年に登場したスイスの新鋭クストスの時計は、常に最先端のトレンドを感じさせてくれる。そんなブランドの、スポーツ・カーやプレジャー・ボート、プライベート・ジェットを愉しむ洒落者のためのコレクションとは?


第1部 座談会篇
5人の時計ジャーナリストと本誌編集長が、旬なHOT WATCHをリコメンド!

いま欲しいのは、この時計!
柴田 充、菅原 茂、高木教雄、名畑政治、福田 豊、そして本誌編集長の村上 政。時計を愛してやまない6人が集まり、今年のスイス時計見本市で発表された新作の中から自分たちがリアルに欲しい、着けたいと思うHOT WATCHをジャンル別にリコメンド! たくさんの時計を見てきた時計通たちだからこその激論をお楽しみください!


第2部 ブランド篇
今年発表の新作から、ENGINEオススメの1本をリコメンド!

1番“旬”な48本はコレです!
いま一番イケてて、なおかつ末永く使える時計をENGINEがセレクト。座談会篇に登場したジャーナリストたちの推薦コメント付きで紹介します!


第3部 時計店篇
今年のスイス時計見本市の会場で有名時計店の店主に聞いた。

今年の“HOT1”はズバリ、何ですか?
バーゼルワールドやジュネーブサロンで、時計の買い付けに奔走する日本全国の時計店の店主を現地で直撃! たくさんの時計を見ている彼ら自身が欲しいと思うパーソナル“HOT1”を聞いた。


ENGINE WATCH CLUB SPECIAL
【夏の時計大特集】
ジャンル別、ブランド別に新作118本を一挙紹介!

エンジン・ホット・ウォッチズ2015
スイスのジュネーブやバーゼルで発表された今年の新作時計が日本上陸を果たしはじめたいまは、時計探しが最も楽しい時期だ。お気に入りの“HOT”な1本を探そうと思っている貴方に、いま日本で買えるすべての新作の中から自信を持ってオススメできる時計ばかりを集めました。時計探しの前に、必見です!


エンジン・ホット・ウォッチズ2015
ENGINE RECOMMENDED HOT WATCH SHOPS
あなたの“HOT”な1本が必ず見つかる、最高に“HOT”な14店!

あなただけのHOT1を、ご一緒に探します!
西は大分から東は東京まで、時計が大好きで、常に時計に真摯な14の時計店をピックアップ! HOTな知識いっぱいのスタッフと語らいながら、自分だけの“HOT1”をお選びください!
ENGINE beat for BREITLING #124
レーシング・ドライバー、井原慶子さんの場合

自らが範となり、女性に道を開く。
レース・クイーンからレーシング・ドライバーに。昨年ついにアジアン・ル・マン・シリーズ第2戦で女性初となる初優勝を遂げ、ポディウムの中央に立った井原慶子さんは、現在、後進の育成との2足の草鞋を履く。


自らが範となり、女性に道を開く。
祐真朋樹、銘品を語る。
Oh!My Standard[第24回]

パジャマ
本誌ファッション・ディレクターの祐真朋樹が、スタイリストならではの感性を通して、いま愛用しているファッション・アイテムやモノについて、その想いを語ります。今回のテーマは、パジャマ。酒落たパジャマを選び、うまく着こなすポイントとは?


祐真朋樹、銘品を語る
DJ DRAGONのヴィンテージを探して
第6回:南アフリカ蘇鉄

恐竜時代の植物
ヴィンテージ・コレクターとしても有名なDJ DRAGONが注目のヴィンテージを紹介する連載。今回はなんと植物です。太古から地球に根をおろしていた植物界のヴィンテージの魅力的な姿をご覧下さい。


DJ DRAGONのヴィンテージを探して

FREEDOMが教える自分だけの“ガレージハウス”のつくり方
立地はこうして活かす!
個人のライフスタイルにあわせた家づくりで話題のフリーダムアーキテクツデザイン。そんな彼らが、異なる立地条件の中で考案した、3つのガレージハウスのアイデアを紹介しよう。


ENGINE GALLERY
人とクルマのいい関係を求めて第39回

巨匠とパリの恋人たち
柔らかな光と影の中、クルマに寄りかかりながら抱擁する男女。巨匠、アンリ・カルティエ=ブレッソンがとらえた恋人たちとフランス車がある、昼下がりのパリの情景……



森羅万象を斬る「ENGINE beat」



 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クラウンと同時に12代目となる新型カローラのハッチバック・モデルも発表された。
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
昨年の東京モーターショウでお披露目された15代目クラウンが6月26日に正式発表された。それに合わせて…
NEWS
VOLVO XC60 D4/ボルボ X…
世界中で大人気のボルボXC60の、ディーゼル仕様、D4が上陸。トリム違いで3グレードを展開するが、全…
NEWS
McLaren senna/ マクラ…
マクラーレンの新しいアルティメット・シリーズ、“セナ”の日本初公開に合わせて、セナを始め、“P1”の…
NEWS
MAZDA ROADSTER/マツダ …
最大の変更は“RF”に搭載される2.0ℓ直4。大径スロットル・バルブ&吸気・排気バルブ、軽量低抵…
NEWS
MASERATI GHIBLI/マセラ…
マセラティ・ギブリに“ステカナート”という名を加えた特別限定仕様車が加わった。
NEWS
CITROEN C3/シトロエンC…
前回の“ELLE”に続き、早くもC3に特別仕様車の第2弾が導入された。“カフェ・エディション”という名前が…
NEWS
BMW M4 CONVERTIBLE/ビ…
ドイツ本国では初代から連綿と設定されていたM3/M4のカブリオレが日本に導入されることになった。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 円熟期を迎えたポルシェ・マカンの魅力を再検証する。
 ティモーネとエンジンのオリジナル・ポロシャツ、登場!
Timone×ENGINE ORIGINAL POLO SHIRT

 ティベリオ・フェレッティのベルト、第2弾!
 ENGINE オリジナル iPhone X用ケース!
 1000本から選べる、ロレックスの殿堂