ENGINE online/エンジン オンライン

ENGINE 2016年8月号


ENGINE8月号/エンジン8月号 ENGINE 8月号 6月25日発売
ENGINE
特別定価 1180円
JAN:4910019970866

▼ENGINE定期購読のオンラインお申込みはこちら

ENGINE 予約購読

▼毎月ENGINEの目次をメールにて送信。

ENGINE メールマガジン登録
 ENGINE最新号をオンラインで購入


CONTENTS/コンテンツ

巻頭特集
読者委員も加わって、いよいよ欲望全開の“いま、買いたいクルマ”ランキング。
2016年版エンジン・ホット100ニューカーズ!


エンジン・ホット100ニューカーズ

HOT1〜HOT100まで一気に公開!
スポーツカー強し!
けれどあの新着SUVも10位以内に! そして1位はあのハードコアな……

毎年恒例の特別企画「エンジン・ホット100」がスタートしたのは14年前のこと。編集部がそこに込めた想いは、「いま日本で買えるすべての新車のなかから、この時代に生きる僕たちのライフスタイルの相棒になれる100台をみんなで選ぼう」ということだった。時の流れ、クルマも雑誌もこの企画自体も、大なり小なりのモデル・チェンジを重ねたけれど、クルマがいぜんとして僕たちのライフスタイルにとって欠かせない相棒であり、“買いたいクルマ”について考えることが、クルマ好きにとっての永遠の楽しみであることは変わらない。そこで今年もお届けします、「2016年版ホット100」。今年は読者委員にも投票に加わってもらいました。


エンジン・ホット100ジャーナリスト委員33人の選んだ最新版「マイ・ホット20」を一挙公開!
これが33人がセレクトした「いま、買いたいクルマ」ランキングだ!
自動車ジャーナリストと27人と本誌自動車担当の編集記者6名が2016年のいま、購入することのできる新車の中から心の底から欲しいと思っているクルマ、もしくは自信を持ってお勧めできるクルマを1人あたり20台選んだ。はたして彼らはどんなクルマを選んだのか? そしてそのクルマを選んだ理由は? 20台の選考の理由とそれぞれのクルマの魅力について、12頁にわたって一挙に紹介しよう。


読者53人が選んだマイ・ホット5はこれだ!
読者がいま、本当に欲しいクルマ、乗りたいクルマは何か? 本誌のウェブ・サイトに寄せられたジャーナリストとは一味違う声をどうぞ。愛車名、私の選考基準のほか、5台それぞれにコメントをいただきました。


ニューモデル海外試乗記
(1)ポルシェ911Rに木村好宏氏がドイツで乗る。
僕らはこんな911を待っていた!
カレラにダウサイジング・ターボを積み、GT3を2ペダル化したポルシェがその流れに逆らうかのような、自然吸気+MTの硬派モデルを世に送り出した。この911Rは、今後のスーパースポーツ界に一石を投じることになるかもしれない。


僕らはこんな911を待っていた
(2)マクラーレン初のラグジュアリーGTに
カナリア諸島のテネリフェ島で乗る。

驚くべき進化速度!
ストイックなまでにドライビング・ファンを追求し、レーシングカーを連想させるようなスーパースポーツで畳み掛けてきたマクラーレンが、ついに新展開を見せた。


驚くべき進化速度!
(3)待望の新型アルファ・ロメオ、
ジュリアにイタリア・バロッコで乗る。

「クルマ好き」ごのみの1台!
フロント・エンジン、リア・ドライブのアルファ・ロメオが帰って来た。しかも、このブランドの戦後の礎を築いた“ジュリア”の名前をまとって。電撃的な発表から1年、ようやくその新型ジュリアに試乗できる日がやってきた。


クルマ好き」ごのみの1台
エンジン中古車探検隊が行く!
80年代、90年代のアルファ・ベルリーナは
今が底値?

徹底的に手を入れた、極上の
アルファ・ロメオを狙え!!

経年劣化で内外装かボロボロになりがちな、ちょっと旧いアルファ・ロメオ。その中ても特に75や155、164など比較的手ごろな価格帯のユーズド・カーをこつこつ丁寧に仕上げている専門店かあると聞きつけた探検隊は、北陸新幹線に飛び乗った。


エンジン中古車探検隊が行く
ニューモデル海外試乗記番外篇
ハーレー・ダビッドソン・ロードスターにプロヴァンスで乗る
コーナーが待ち遠しい
荒野を果てしなく続く直線道路よりも、カーブが連続する峠道が似合うハーレーが登場!


ENGINE ROAD TEST

#1 アウディの新型S8プラスに乗って、驚いた。
底なし! 天井知らず!
アウディのS8がさらに強力になってS8プラスになった。さっそく借り出して試みたら、これがなんと……。


#2 英国の新興スポーツカー・ブランド、ゼノスに乗る。
未完の大器。
これはバックヤード・ビルダー作のキワモノにあらず。くれぐれも過激な見た目だけで判断することなかれ。


#3 VWパサートにプラグイン・ハイブリッド登場。
電化は追い風になるか?
ゴルフに続き、兄貴分のパサートにも電化バージョンが追加された。ディーゼルでつまずいたVWとしては、このクルマへの期待は大きい。


TEST ON THE TRACK
ランボルギーニ・ウラカンに2輪駆動のLP580-2が登場!
走る喜びに満ちている。
ランボルギーニの基幹車種、ウラカンに後輪駆動モデルが登場。鈴鹿サーキットで試乗した。


ENGINE SPECIAL REPORT
装いを新たにしたDSシリーズに乗る。
ほかにはない価値。
ひとつのブランドとして独立したDSの各モデルが相次いでフェイスリフトを実施。新しい顔を得て、揃って日本にやってきた。


ポルシェカレラカップ ジャパン2016リポート
プロ・サッカー選手、南野拓実さんが初観戦した!

サーキットを走ってみたい!
ヨーロッパのサッカー・リーグで活躍する南野拓実選手が、富士スピードウェイにやってきた。ポルシェ718ボクスターに乗り、ポルシェカレラカップ ジャパンを観た南野選手は大興奮です!


TIRE REPORT SPECIAL
アドバン・ストーリー【前編】
あの日、あの時、筑波サーキットで。
今年で誕生から38年目を迎えるスポーツ・タイヤの雄“アドバン”。自動車ジャーナリスト、斎藤 聡がその歴史を振り返る。


新連載!
私のトリノ物語 第1回

自動車を中心に回る街
舞台はイタリアのクルマの中心地、トリノ。ベルリンの壁崩壊の翌年、自動車雑誌の編集部を飛び出した好奇心旺盛な若い女性が、この街に移り住んだ。ローマでもミラノでもフィレンツェでもない、クルマの街をめぐる物語が始まる。


自動車を中心に回る街
ENGINE名物!
CAR PEDIA
新型アウディA5&S5登場!
美しいクーペの代表といってもいいアウディA5/S5クーペが、いよいよ新型にバトンを渡すときがやってきた。


イタリア篇
生誕50周年を迎えたミウラに乗る! etc.
1960年代に生まれたスーパーカーの始祖、ミウラ。その1台を存分に走らせることができた。山崎元祐がご報告。


イギリス篇
ニュルでアストンV8ヴァンティッジGT8をテスト。etc.
V8ヴァンティッジ・シリーズ最強のモデル、“GT8”をニュルブルクリンク近郊で試乗した。


スウェーデン篇
ボルボXC90で600kmをイッキ乗り。
距離を重ねて見えた別の顔。


ドイツ篇
ザ・ビートルにSUV風味の限定車登場。etc.
往年のビートル・ベースのバギーを彷彿させるちょっとワイルドな新種のかぶと虫がやってきた。


フランス篇
プジョー308GTiの250ps仕様に乗る。etc.
驚くほど秀逸な仕上がりを持っていた270ps仕様の308GTi。となると、やはり気になるのは250ps仕様のデキだ。



オーデマ ピゲが“最高峰”であることを証明する2つのコレクション
時代を先取りする“才色兼備”な時計
今年1月、しばらく途絶えていたイエローコールドのコレクションを復活させたオーデマ ピゲ。同社を最高峰ブランドへと導いたのは、時代の先を読む感性と時計界屈指といわれる技術力だった。


ENGINE WATCH CLUB SPECIAL
オメガが生まれる場所を訪ねて
「最高精度の時計」は“未来工場”でつくられる。
スイス連邦計量・認定局「METAS」が2015年からスタートした腕時計の新品質基準、「マスター クロノメーター」をいち早く取得したモデルを世に問うたオメガ。その厳しい基準を満たすムーブメントの製造工場とMETASの認証部門を訪ねた。


香川・高松の「アイアイ イスズ」が創業35周年を機に、店内を一新!
最強伝説の第2章、はじまる。
大聖堂のような店構えに約120ブランド―高松市に郊外にある高級時計専門店「アイアイ イスズ」は、常に計2000本超もの時計を一度に見ることができる日本最大級の時計店だ。リニューアルで増したその魅力をお伝えしよう。


ENGINE WATCH CLUB in SUMMER
夏の時計大特集
この夏、時計を探す人必見!

テーマ別、ブランド別に新作、定番148本を一挙紹介!!
自分を引き立ててくれる“スタイルある時計”を探せ!
ジュネーブサロンとバーゼルワールド―今年の2大スイス時計見本市の新作に目立った傾向といえば、時代の流れを反映した時計の低価格化と多様化に尽きるだろう。なかでも光っていたのが、色や素材、機能やデザインの新しさで腕に着けた人の心をワクワクさせてくれるような“スタイルある時計”たち。そんな時計148本をご紹介します!


テーマ別、ブランド別に新作、定番148本を一挙紹介
恒例! 2016年新作時計座談会
時計ジャーナリスト5名と本誌編集長が、今年の新作と傾向を徹底検証!

オススメしたいのは、こんな“スタイルある時計”!
去る5月某日、いずれも時計好きなれど、好みも着眼点も異なる時計ジャーナリスト5名と本誌編集長が、ジュネーブやバーゼルの時計見本市で見てきた新作と、それらを通じて感じた今年の傾向を論じ合った。合議で決定した“スタイルある新作”を紹介する。


座談会メンバー5人が、テーマ別にオススメ新作をリコメンド! まだまだあります、
“スタイルある時計たち”

この夏、腕に着けたいエンジン一押しの“スタイルある時計”40本!
座談会で紹介した新作時計は、じつはメンバー達が話し合った際に出てきたもののホンの一部。ここでは、各々のメンバーが是が非でも紹介したいと思う新作たちを紹介します!


自社キャリバーを搭載した初のミッレ ミリア クロノグラフ、登場!
クラシック・カー乗りの腕に
ショパールのアイコン・モデル「ミッレ ミリア」が待望の自社製クロノグラフ・キャリバーを搭載。上品なブラック・ダイアルとマットなブラウン・ストラップが相まって、中も外も“スタイル”に満ちた意欲作だ。


フランク ミュラーの新・定番が、最新のポルシェ911に出会った。
エレガンスを忘れないスポーツウォッチ
フランク ミュラーの新・定番ウォッチ「ヴァンガード」の、より純化したトノウ型フォルムはスポーティなのにエレガント。そのラグジュアリーな雰囲気は、最新のポルシェ911 カレラと符合する。


ビジネス・シーンをスタイリッシュに彩るモンブランの新作
「粋」な青で男を凛々しく
モンブランの人気コレクション「ヘリテイジ」に東京・銀座本店の10周年を記念する日本限定モデルが登場した。趣味の良さが際立つ、110本の美しい時計だ。


多彩なブルーがブラックに映える6本のシチズン エコ・ドライブ
“夜明け”ど“ジャズ”が似合う。
シチズン エコ・ドライブのデザイン・コレクション「LIGHT in BLACK」。その新作は、60〜70年代のジャズ・シーンを彷彿させる、エレガントなブラック&ブルーがキーワード!


ブライトリングを代表する2つのスタイルとは?
モダンにいくか、クラシックに攻めるか。
1884年に創業した老舗、ブライトリングには、ナビタイマーとクロノマットという2つのスタイリッシュなアイコンがある。パイロット・ウォッチとして名高い同社の時計だが、本物志向の武骨なフォルムは、新旧のスポーツカーにだって抜群に映えるのだ。


ENGINE RECOMMENDED WATCH SHOPS
持つ人が満足するまで、時計選びに真摯に付き合ってくれる17店
“スタイル”に合った時計を見つけます!
東は東京から、西は宮崎まで、じっくりと時計選びに付き合ってくれる時計店のみを厳選! 豊富な品揃えの中から、“自分のスタイル”にふさわしい1本が必ず見つかります!


乗る車×着る服 #67
ROLLS-ROYCE DAWN × BURBERRY
今回のクルマは日本に上陸したばかりのロールス・ロイス・ドーン。大人4名がゆったりと乗ることができる、新たなラグジュアリー・オープンだ。合わせた服はバーバリーのテーラード・ジャケット。伸縮性のあるウールツイードの上品なチェック柄の生地は、なめらかなラペルロールの優雅さが光る英国ならではのクラシックなデザインだ。足元はスポーティなスニーカーで、軽快にドライビングを愉しみたい。ともに英国発祥のブランドによるクルマとファッション。新しさのなかに、伝統が息づいている。


Brand Feature:999.9feelsun
普段づかいに最適な999.9feelsunの新作サングラス。
クラシックか? スポーツか?
999.9(フォーナインズ)のサングラスである、999.9feelsun(フォーナインズ・フィールサン)のフレームは、平日のオン・ビジネス、週末のドライビングや街でのショッピングなど、シーンに左右されずに掛けられるベーシックなデザインが魅力だ。多彩なバリエーションを誇る今シーズンの新作のなかから、クラシックとスポーティなデザインに注目し、4本をセレクトした。


ENGINE HOUSE SPECIAL
Milan Design Week

ミラノ・デザイン・ウィーク レポート<後篇>
インテリア、今年の注目はコレだ!
4月12日から17日まで開催されたミラノ・デザイン・ウィーク。先月の7月号ではミラノ市内全域で開催された自動車メーカーやファッション・ブランドによる展示、さまざまなデザイン関連のイベントなどをフォーカスしたが、今月号はインテリア・メーカーによる展示や製品ジャンル別にピックアップして紹介する。


インテリア、今年の注目はコレだ
ENGINE RECOMMENDED SPECIAL
GRAMASシリーズに待望のウォレットが登場。
“深化”は止まらない。
素材の良さを生かした高品質な製品づくりに定評のあるGRAMASから、人気の「ダブル・ジップ・オーガナイザー」の弟分、「“ピッコロ”シングル・ジップ・オーガナイザー・ウォレット」が発売された。次々に魅力的な製品を送り出すGRAMASに注目だ。


新連載
いまENGINEが気になる、モノ、ヒト、コト。

ENGINE GEAR BOX
いま旬なモノ、ヒト、コトをENGINE的な視点でセレクトして紹介する、ファッション&カルチャーの瓦版「ENGINE GEAR BOX」。新しいなにかでライフ・スタイルをちょっとだけギア・チェンジしませんか?


ENGINE GEAR BOX
ENGINE GALLERY
人とクルマのいい関係を求めて 第50回
パリの街中を歩いてみると

スナップ写真の名手として知られた木村伊兵衛が初のヨーロッパ旅行に出かけたのは1954年のこと。珍しくカラー・フイルムを持参した木村が、パリの街中で目にしたのは、色彩豊かにしてどこか幻想的な光景だった。





森羅万象を斬る「ENGINE beat」



 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
VOLVO S60/ボルボS60CAR…
4月30日に開催されたWTCC第2戦のレース2で、ボルボS60を駆るポールスター・シアン・レーシングのエ…
NEWS
LANDROVER DISCOVERY/ラ…
第5世代に進化した7人乗りフルサイズSUV、ディスカバリーの受注がはじまった。
NEWS
JAGUAR LANDROVER/ジャ…
ジャガー・ランドローバーの10億£(1£=146円換算で約1460億円)という巨額投資によって開設されたエ…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
ジャガーはテニスで有名な英ロンドンのウィンブルドン・センター・コートに、新型XFスポーツ・ブレー…
NEWS
Ferrari F1GP/フェラー…
開幕戦からメルセデス・ワークスに伍する高い戦闘力を発揮したスクーデリア・フェラーリ。
NEWS
Tribute to Ferrari/ト…
創立70周年を記念して世界各地で記念行事が目白押し。中国上海では、8月31日まで記念展示が行なわれま…
NEWS
Andy WARHOL EXHIBITION …
創業90周年を記念して日動画廊が「アンディ・ウォーホル展」を開催。その作品の中心となる肖像画の女…
SHOP
ENGINE ONLINE SHOP GALL…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼ 最新5件
 マニファッティのドライビング・グローブ 限定30個!
 ドライバーのためのGPSソーラー・ウォッチ SEIKO ASTRON × GIUGIARO DESIGN〈PR〉
 ENGINEオリジナル LOCMAN×武田双雲の腕時計、限定30本!
 スイス・ジュネーブで開催された新作時計見本市からの速報
 クラシック・カーが、沖縄に春を連れてきた!