ENGINE online/エンジン オンライン

ミニ・カントリーマン(日本名クロスオーバー)プロトタイプに乗る。


MINI CROSSOVER(COUNTRYMAN)/ミニ・クロスオーバー(カントリーマン)
クリックすると拡大
MINI CROSSOVER(COUNTRYMAN)



家族が増えたミニ好き用のミニ


今年3月のジュネーブで発表されたミニ・カントリーマンのプロトタイプ試乗会がウィーン郊外で開かれた。
初の4ドア、4m越えミニはミニだったか?
文=今尾直樹(本誌) 写真=BMW AG



ラウノ・アルトネン

 ウィーン郊外にあるショート・サーキットのパドックに、クーパーSカントリーマンが9台ほど並んでいた。正式発売前ということで、どれもブランド・マークが隠してある。運転席に乗り込むと、元ラリー・ドライバーのラウノ・アルトネンさんが助手席に座ってくれた。1967年のモンテカルロ・ラリーを制したリビング・レジェンドはいま、ミニのアンバサダーなのだ。「61年間、モータースポーツ関係で仕事をしています。それでもまだ続けるつもりです」なんて自己紹介には笑った。
 BMWはこれまで「ゴーカートライクなハンドリング」にこだわってきた。ミニの中に入るにはミニでなければならない。いったいゴルフ並みのホイールベースを持つ、ちょっと背の高いカントリーマンはミニみたいに走れるのか?
1967年のモンテカルロ・ラリーを制したアルトネンを助手席に乗せて、ウィーン郊外にあるサーキットを走る
クリックすると拡大
1967年のモンテカルロ・ラリーを制したアルトネンを助手席に乗せて、ウィーン郊外にあるサーキットを走る。カンゲキの図。マークが隠されていても、ミニの一族だとわかるのは、短い前後オーバーハング、長すぎないキャビン部など、独特のプロポーションとデザイン・アイコンが守られているため。
 アルトネン先生と一緒に、まずはレーンチェンジでクルマの挙動を見る。テスト車はクーパーSカントリーマン・オール4の6段マニュアルである。路面は挙動変化が起きやすいように散水してある。レフト、ライトとステアリングを切ったときにリアがスッと出た。アクセル・オンで後輪にトルクが伝わり、安定する。「あなたの方が速いから、前の人との間隔をあけて走ったほうがイイ」
 アルトネン先生はちょっと走っただけで私の実力がわかったみたいだった。男の自信がモリモリわいて出てきた。私はこのとき、私をして速く走らせしめたクーパーSカントリーマンに大いなる好意を抱いた。
 アルトネン先生は、このエンジンはトルクがあるから3速でもいける、といった。早速やってみる。クーパーSカントリーマンのエンジンは、すでに日本で発売中のクーパーSと同じ、バルブトロニック付き1.6リッター直噴ターボである。最高出力184psを5500rpmで、最大トルク240Nm(オーバーブースト時260Nm)を1600-5000rpmの広範囲で生み出す。3速でも4速でも走ってしまうフレキシビリティに舌を巻いた。クーパーSカントリーマン・オール4は3ドアのクーパーSより180kg重い。1.4トン近い。それをまったく苦にしない。

ミニ・オール4

 カントリーマンはワン、クーパー、クーパーSのすべてに設定される。「オール4」と呼ばれるミニ史上初の4WDシステムはクーパーSと、ディーゼルのクーパーDにしか用意がない。基本的にFWD(前輪駆動)ベースで、DSC(スタビリティ・コントロール)を司るコンピューターが状況に応じて電子制御油圧式ディファレンシャルを動かし、前後輪にトルクを最適配分する。必要であれば、0:100のRWD(後輪駆動)にもなる。センター・デフのクラッチは前後アクスルの回転差で機械的にパッシブにも作動する。
MINI CROSSOVER(COUNTRYMAN)/ミニ・クロスオーバー(カントリーマン)
クリックすると拡大
なぜかといえば電磁クラッチの制御だけだと電力消費が多くなるからだ。他のミニ同様、MTにはエンジンのスタート&ストップ機能もついている。
 助手席のアルトネン先生がほかのクルマに移ったあと、1周1kmに満たないショート・サーキットをグルグル回った。散水システムによって路面はウェットにしてある。
 ステアリング・フィールはミニそのもので、ハンドリングは機敏。背は高いけれど、ヘンなロールはない。サーキットだけでの試乗ゆえ、公道での乗り心地は不明ながら、現行の3ドア・ミニ似のストローク感重視であることは間違いない。クーパーSと共通の1.6リッター直噴ターボは、同じエンジンだから当たり前だが、乾いた低音でドライバーを魅了し、カントリーマンを活発に走らせる。




前のページ
1
2
次のページ



page1 家族が増えたミニ好き用のミニ
page2 何mまでがミニか?

 
 
最新記事一覧
SPECIAL
今年もやります!“FUJIオ…
エンジン・ドライビング・レッスンの午前中のプログラムとしてお馴染みのオーバル・レッスン。
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
MAYBACH/マイバッハCAR …
超高級車ブランドにもSUVブームが到来するなか、ドイツの雄から、Gクラスをベースにした超高級SUV、G…
NEWS
鎌田卓麻選手好発進CAR P…
いよいよ2017年シーズンの全日本ラリー選手権が開幕した。
NEWS
LEGACY/レガシィCAR PED…
いまや北米での主力モデルとして堂々としたサイズとなったレガシィ。
NEWS
RANGE ROVER/レンジロー…
最新のレンジローバーと、この原初のレンジローバー、どちらかを選べたら、あなたならどうします?
NEWS
812SUPERFAST/812スーパ…
フェラーリの12気筒ベルリネッタが刷新された。
NEWS
スーパーカーの父、逝く…
自動車界の巨星がまたひとつ消えた。カウンタックの生みの親がこの世を去りました。
NEWS
LUTECIA/ルーテシアCAR …
MTの導入に積極的なルノー・ジャポンは、フェイスリフト版の新型ルーテシアの発表と同時に、MTの限定…
NEWS
4月20日から30日、5月6日…
4月にオープンを控えた新複合施設、GINZA SIX。その地下3階に、観世能楽堂が引っ越してくる。能に親…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S