ENGINE online/エンジン オンライン

和製スーパー・スポーツカーはイタリアの官能を超えたか?


LEXUS LFA
クリックすると拡大
LEXUS LFA



心に響く、驚くべき日本車。


レクサス=トヨタが威信をかけて放ったスーパー・スポーツカー、LFAに公道で乗れる日がついにやってきた。 はたしてそれは、絶品だった。イタリア車ともドイツ車とも英国車とも違う、日本のスーパースポーツが、ここに生まれた。
話す人=鈴木正文+村上 政+齋藤浩之(ともに本誌) 写真=小野一秋



スズキ スーパーカーの定義はむずかしいけれど、ランボルギーニ・アヴェンタドールは間違いなくスーパーカーといえるね。じゃあ今日乗ったレクサスLFAはどうなのか。
村上 スーパーカーというよりはスーパー・スポーツ・カーですかね。
スズキ ならば、そのクルマの成り立ちから見て、LFAにはスーパー・スポーツ・カーとして資格があるのだろうか。どう思う?
齋藤 あるんじゃないでしょうか。ドライ・カーボン、ウェット・カーボンを使い分けて車体中央部分の純2座用バスタブを作り、その後ろもカーボンで構築している。前部はバスタブのファイアウォールの前にアルミの角を出して、エンジンや脚を支えながら、衝突時の衝撃吸収能力を確保する。エンジン・フードとルーフもカーボンで作っています。側面は修理コストを考えたんでしょうかね、グラスファイバーを使っている。ほとんど10年前に開発が始まった時期の初期プロトタイプではアルミを主たる構造材にしていましたが、この生産型では将来技術を睨んでとのことですが、繊維強化樹脂を全面的に採用しています。全体としてアルミの場合より100kg軽くなったといいます。脚は前にダブルウィッシュボーン、後ろにマルチ・リンクですが、このアーム類は鍛造アルミ製。アーム長などの物理量もしっかりとってあります。ブレーキはカーボン・セラミック。ノーズに収まるエンジンはヤマハ発動機が機械設計を担当して専用に開発されたドライサンプ式のポート噴射式自然吸気V10。4.8リッターで560psを叩き出し、9000rpmまで常用可能です。独立10連スロットルを持っています。このエンジンと強固なトルクチューブで剛結されたリアのトランス・アクスルは、変速のダイレクト感を重視して乾式単板クラッチを使う6段の自動MTです。車両重量は車検証の記載で1570kg。前後重量配分は前が780kgで後ろが790kgですから、50対50に近い。レクサスの主張では乾燥重量1480kgの48:52です。かいつまむとこんな感じですが、ありとあらゆる部分がこのクルマ専用です。協力会社の持てる技術を総動員して日本の技術で作られています。スーパー・スポーツと呼ぶのに申し分のない成り立ちといっていいと思います。ホンダNSXや日産GT−Rとも違う、日本にはかつてなかった種類のクルマです。
正面の大径メーターは液晶表示式で、回転計と速度計を切り替えられる
正面の大径メーターは液晶表示式で、回転計と速度計を切り替えられる。最高出力560psを8700rpmで発揮する。9000rpmのリミットまで常用が可能。全域ピーク・トルクみたいなピック・アップのよさが印象的。
スズキ NSXは意味合いとしてはこれに近いものがあったと思うけれど、エンジンの基本設計が量産セダンからの流用だった。
村上 LFAは500台の限定生産で、その内の165台が日本国内で販売された。あとは海外分。165台というのはレクサス・ディーラー1店舗につき1台という勘定です。昨年末あたりから納車が始まったらしいですが、日本ではおよそ100台ほどが納車済みのようです。500台の内の一部が『ニュルブルクリンク』バージョンとして作られますが、生産は最後になるので未だデリバリーは始まっていません。標準型の車両価格は3750万円。
齋藤 その価値はあると思います。もし、その価値を傷つけるものがあるとすると、速度リミッターだけじゃないでしょうか。最高速度325kg/hを豪語する少量生産のスーパー・スポーツにまでリミッターというのは、想像するだけでもナンセンスだと思えてしまう。180kg/hはプロボックスでも出ます。
スズキ プリウスでも今のだったら出るよね、たぶん。それはさておき、僕らはLFAについに自由に乗ることができた。乗ってみたらこれが…


前のページ
1
2
3
次のページ




 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
SPECIAL
アルファ・ロメオのショ…
新しい時代の到来を感じられるのはクルマだけにあらず。ジュリア上陸に伴い、ディーラーも一新。その…
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年12月号
待ちに待った新型ジュリアを国内で徹底試乗! アルファ・ロメオ新時代。
NEWS
AUTOMOBILE COUNCIL 今…
ヘリテージ・カーがその場で買えるだけじゃない。自動車メーカーも趣旨に沿う出展で盛り上げた“オート…
NEWS
Ferrari F1/フェラーリ …
バカンス突入前の最終戦となったハンガリーGP。低中速コーナーが連続し、スロットル全開率の高くない…
NEWS
FIAT 500/フィアット 50…
ブルガリが世界で展開している300の店舗に、フィアット500が登場する。ブルガリとフィアットがパート…
NEWS
VOLVO/ボルボCAR PEDIA…
ボルボの第1号車“ヤコブ”がラインオフしてから今年で90周年を迎えることを記念した限定車、V90 90th…
NEWS
Mercedes-Benz S-CLASS/…
4月の上海モーターショウでデビューしたフェイスリフト版のSクラスが日本に上陸した。
ENGINE ROOM
ENGINE 2017年12月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S