ENGINE online/エンジン オンライン

新型ミニとステキなライバルたち


MINI COOPER S/ミニ・クーパーS MINI COOPER/ミニ・クーパー
ホットなグループ
ミニ・クーパーS vs フォルクスワーゲン・ポロGTI vs スズキ・スイフト・スポーツ
オシャレなグループ
ミニ・クーパー vs シトロエンC3 1.6 vs フィアット・グランデ・プント1.4デュアロジック



ホット・ハッチとオシャレ・ハッチのサバイバル・マッチ!


新型ミニをあえて同じサイズのクルマと比べてみようというこの企画、テストを担当する人間にはヒヤヒヤもの。なぜなら、新型ミニの核心部分に、どうしても触れざるをえないことに、なるはずだからである。
文=齋藤浩之 写真=小野一秋



異論もあるかと思いますが

 ここでは敢えて、きわめて自動車専門誌的なクルマ選びに基づいて、グループ・テストを行うものである。
 ボディ・サイズやエンジン排気量をまず基本的にそろえて、場合によっては最高出力や車輌価格も同水準のものとして直接的な比較を行い、動く機械としての個々のありさまを明らかにしようというのが、比較テストの本来目的とするところだが、グループ・テストには、それ以外の効用もある。単独試乗ではなかなか見えてこない部分も明るみに出ることから、結果的に個々のクルマの立ち位置や商品としての狙いが明瞭に浮かび上がってくるのである。
 「ミニはクラスレスと言っておきながら、ガチンコの同クラス対決をやるっていうのは、オイオイ、それはちょっと筋が違うんじゃないの?」という突っ込みが入るやもしれないと予期、覚悟しながらも敢えて行うのは、じつはそこのところに大きな期待を寄せているからである。
 新型ミニとはいったいいかなるものなのか、というわれわれのなかにもある疑問に対する答えが、そこに見つかるのではないか、と思うのだ。
 だから、ここでは機械構成要素でガチンコな対決になるようなクルマを選んで新型ミニにぶつけている。
 よりスマートに、スマート・フォートゥーやゴルフGTIなどと比較してミニの得意項目を見つけ出す、という手も考えないではなかったが、それではあまりにデキ・レース的な色彩を帯びやしないか? という危惧もあり、典型的な比較テストの手法を取ることにしたものである。




 
 
最新記事一覧
SPECIAL
注目!! 富士のショー…
5月11日(木)開催予定のエンジン・ドライビング・レッスン・スペシャル、「FUJIオーバル・スクー…
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
volvo S60 Polestar/ボ…
ボルボS60ポールスターをベースとするレーシング・カー、TC1でWTCCを戦うポールスター・シアン・レー…
WATCH/時計
A.ランゲ&ゾーネ今月…
最高峰の技術を集大成した複雑時計と人気モデルのアップデートでブランドの魅力を新たにした今年。
WATCH/時計
オーデマ ピゲラグジュア…
今年は定番「ロイヤル オーク」が持つデザインの発展性を追求。基本的なスタイルを堅持しつつ、ディテ…
WATCH/時計
ヴァシュロン・コンスタ…
世界一複雑な時計「リファレンス57260」で披露した超絶技術の流れを汲むハイエンドの新作をずらりと揃…
WATCH/時計
カルティエENGINE WATCH …
ジュネーブ新作時計見本市で発表された2017年の新作は、それぞれのブランドが今まで以上に力の限りを…
WATCH/時計
タグ・ホイヤー カレラ …
自動車に関連したタグ・ホイヤーの代表作といえば、伝説のカー・レース、ラ・カレラ・パナメリカーナ…
NEWS
MORGAN EV3/モーガンEV3…
モーガンは2016年のジュネーブ・ショウで発表した同社初の電気自動車、EV3に続く第2弾として、EV3ジ…
WATCH/時計
ロジェ・デュブイモナコF…
コラボでも、意表を突くのがロジェ・デュブイ流だ。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S