ENGINE online/エンジン オンライン

ENGINE編集部サイトーが信念をもって推す9台


ENGINE編集部サイトーが信念をもって推す9台


最良のクルマは安いクルマのなかにある。


ダイハツ・エッセからトヨタ・プロボックスまで
話すひと=齋藤浩之(本誌) 森 慶太(まとめも) 写真=小野一秋



はじめに

 それはアウディA4とBMWの座談記事を収録している最中に起こった。うかつにも「安いクルマのなかにこそいいクルマがいっぱいある」とつい本音を口走ってしまったのを、村上副編は聞き逃さなかったのだ。「だったら、その思いをぶちまけてよ、さっそく次の号で」と、強引に話は進んだ。『でも、エンジン読者にはひょっとしたら興味のないクルマのオン・パレードになってしまうかも……』という僕の不安の表情を、村上副編はまったく察知してくれないのだった。「じゃあ、わかりました。常日頃思ってること洗いざらい書いちゃいます。いいんですね」と開き直ると、「ちょっと待った。ひたすらそれを書きまくるとヘビーになりすぎちゃうからね。ここは対談形式でいこう。うん、それがいい」と、段取りまで決まってしまった。そして、この企画はどうどう12頁ものボリュームをもって特集のなかに組み込まれることになったのである。
 突っ込み役を買って出てくれたのは森 慶太さんだ。彼も事がこういう内容となれば、言いたいことはいっぱいあるだろうに、今回は自ら聞き役に徹してまとめをやってくれることになった。
 自動車雑誌読者歴37年、自動車運転歴35年、自動車雑誌記者歴23年の自動車人生をかけ、信念をもって推す9台。68万2500円のダイハツ・エッセから399万円のアルファ・ロメオ159まで、どれもが「最良のクルマは安いクルマのなかにある」というタイトルに相応しい内容を携えていると信じています。



DAIHATSU ESSE ECO
価格を超えた価値見積もり 100万円
ダイハツ・エッセ・エコ(5段MT) 
車輌本体価格 68万2500円
排気量0.66リッター/最高出力58ps/全長3.4m/車重700kg

良いところ
すべてにおいて自然体なところ。やわらかでしなやか。突っ張ったところが微塵もない太極拳のような身のこなし。無理のない出力特性の自然吸気エンジンの限られたパワーを巧く引き出してやることそれ自体が楽しい。
気をつけたいところ
標準仕様のまましゃぶりつくしたら、タイヤのインチアップにチャレンジするといい。太さはできるだけ変えずに偏平率を調整することで、タイヤの勉強が安上がりにできます。これ1台で、すべてを学ぶことができます。



DAIHATSU ESSE ECO
クルマを走らせる喜びぜんぶ。

――これのココロは?
齋藤 5MTであること。3ATで実用上なんの問題もないけれど、MTなら価格を超えた価値を享受可能。
――どうしてですか?
齋藤 オートマでなんら問題なく気持ちよく走れるよくできた実用エンジンだからこそ、変速を自分でやることで内燃機関の正しい扱いをきわめて効果的に学ぶことができるわけ。要するにこれ、すごくファン・トゥ・ドライブよ。路地裏でもどこでも。もう1つ重要なのは、いまや軽自動車で標準的な2BOXのボディ形態のクルマがほかにないってこと。唯一の存在。ドライビング・ポジションとか視界とかが、要は上のクラスのハッチバックと相似形。だから、エッセをちゃんと体得して乗り換えたときにはもう身についているわけ。車両感覚だとかなんだとかが。
――でも、いまのクルマはたいがいミニバン体型じゃないですか。
齋藤 そうなんだけど、ミニバンの人は最初っからミニバンだから。ほかへはいかない。軽でもミニバン。免許とっていきなりゴルフGTIに乗る必要なんてないでしょ。エッセみたいなクルマでちゃんと運転学んでおいたほうが、いざゴルフGTIに乗ったときもずっと上手くクルマの能力を引き出すことができます。それは間違いない。
――そうですか。
齋藤 エッセは、エンジンのトルクが最大でも6.6kgmしかない。排気量に対しては優秀なんだけど、絶対的には小さい。それをキッチリ使って走ることができるようになれば、コワいものなし。フェラーリ乗っても大丈夫。これ、冗談じゃないよ。


FIAT PANDA
FIAT PANDA
価格を超えた価値見積もり 200万円
フィアット・パンダ(5段デュアロジック) 
車輌本体価格 169万円
排気量1.24リッター/最高出力69ps/全長3.54m/車重960kg

良いところ
4人(5人)乗り乗用車に必要なすべてがここに。乗用車としてなら、上のクラスの必要性を感じさせない優れた居住性と乗り心地がなによりいい。2ペダルのロボタイズド・マニュアルもほとんど完成の域に達している。
気をつけたいところ
高いほうのグレードを買うと、パンダのよさが見えにくくなってしまうので気をつけましょう。必要ないものを抱え込まないゆえに輝くのが、パンダです。そこは初代と同じ。パンダはレス・イズ・モアのクルマです。





 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
PEUGEOT5008/プジョー50…
3列7人乗車を踏襲したものの、ミニバンから正統派SUVへと大胆に生まれ変わった5008。
WATCH SPECIAL CONTENTS
ULYSSE NARDIN/ユリス・…
「マリーンクロノメーター」の製作で名を馳せたスイスの名門時計ブランド、ユリス・ナルダンの最新作…
NEWS
TOYOTA CENTURY/トヨタ…
20年の時を経て3代目へと生まれ変わったセンチュリー。この目で確かめたい方は是非、東京モーターシ…
NEWS
SUBARU EyeSight/スバル…
車線中央維持、先行車追従操舵という新機能を備えたツーリングアシストを加え、アイサイト・セイフテ…
SHOP
限定30本のLOCMAN×武田双…
色やデザインも大切だけど、時計を選ぶ際に気をつけてほしいのが着け心地。エンジン・オンラインには…
NEWS
HONDA N-BOX/ホンダ N-B…
いまやホンダの屋台骨といってもいい存在が、N-BOXだ。聞けば、初代N-BOXはモデル最終期でも月間2万…
NEWS
TOYOTA HILUX/トヨタ・…
2011年に三菱トライトンの販売が終了して以来、空白だった日本のピックアップ市場に大物が帰ってきた…
NEWS
Driven By Emotion Ferra…
フェラーリの名を冠したクルマが世に出てから70年、世界規模で行なわれた記念イベントが日本でも。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S