ENGINE online/エンジン オンライン

2台のマセラティ・グラントゥリズモSを乗り較べる。


MASERATI GRANTURISMO S/マセラティ・グラントゥリズモS
クリックすると拡大
MASERATI GRANTURISMO S

How Magnificent, Latest Italian GTs!
表層を軽やかに疾走する、感覚。


フェラーリ、アルファロメオとならぶイタリアンGTの雄と言えば、
モデナの名門、マセラティを忘れるわけにはいかない。
新たにオートマティックが上陸したのを機に、
シーケンシャルと合わせて2台のグラントゥリズモSを乗り較べた。
文=村上政(本誌) 写真=望月浩彦



 グラントゥリズモSにオートマティックが追加されると聞いた時には、正直言って耳を疑った。ATだったら4.2リッターV8を搭載するノーマルのグラントゥリズモがあるではないか。それなのに、なぜ4.7リッターV8を積む過激なスポーツ仕様のSにまでAT版を用意しなければならないのか。Sにはダイレクトな6段シーケンシャル・マニュアルこそがふさわしい。ATは堕落だ。
 今回、実際に2台を乗り較べてみるまで、偏狭な私は、ずっとそう思い続けていたのである。
 だが、試乗を終えた今、そんな私の考えは世間知らず、いや、華麗なるイタリアンGTの世界知らずのものであったことを認めなければならない。好みの問題はともかく、この2台はそれぞれが独自の世界を持ち、どちらをとってもイタリアンGTを代表する存在であるのは間違いない。しかし、どちらかと言うと、むしろオートマティックの方が、華麗なるイタリアンGTと呼ぶにふさわしいのではないか。そう考えるに至った。


MASERATI GRANTURISMO S/マセラティ・グラントゥリズモS
クリックすると拡大
MASERATI GRANTURISMO S


感触の化け物

 新しいグラントゥリズモSオートマティックは、ひとことで言えば、最高性能のスポーツカーを最大限ラグジュアリーに乗ろうという、極めて邪な発想から生まれたGTカーだ。その結果、生まれたのは、“感触の化け物”としか言いようのないような、独特の乗り物だった。
 そもそも、ブル・オチェアーノ、すなわち海の青と名付けられたボディ・カラーを持つ試乗車のドアを開けた途端に眼前に開けたサビア、すなわち砂浜の色を持つレザーの内装に度肝を抜かれた。眩しいくらいに美しすぎて、ちょっと汚い手で触ったらすぐに汚れてしまいそうで恐い。
 勇気を振り起こして乗り込み、運転席につくと、ステアリングはウッドで、10時10分の位置から下半分の内側に内装と同じサビアのレザーが貼られている。その触り心地は独特だ。なにしろ、ツルツルのウッドときめ細かい女性の肌のようなレザーの感触が、常に同時に手のひらに伝わってくるのだから。
 しかも、困ったことに、そのステアリングの操舵感ときたら、まるでオモチャのクルマのように軽いのである。そのくせ遊びは極度に少なく、切り始めからいきなりキュッと切れるから、決して強く握っていてはいけない。あくまで軽く、手のひらがステアリングの表面に触るか触らないかくらいの微妙な握り方をしていなかったら、このクルマをうまく御することなどかなわないのだ。で、そうしていると手のひらの感覚が異様に研ぎ澄まされてきて、なんだかエロティックな気分になってくる。
 たとえばこれがもう1台のシーケンシャル仕様の試乗車だと、アルカンタラとシボのついた黒いレザーの組み合わせのステアリングは、手のひらに吸いつくようになじむし、操舵感もグッと重い味付けになっているから、そんな妙な気分になることなく運転に集中できる。ステアリング・ポストからはレーシング・カーみたいな巨大なパドルが生えていて、自らが走りのクルマであることを声高に主張しているかのようだ。
 一方、オートマティックのパドルはと言えば、ずっと小さく華奢だ。しかも裏側には触り心地のよいフェルトのような布が貼られていて、シフトするたびにドライバーは不思議な感触を味わうことになるのだ。

MASERATI GRANTURISMO S/マセラティ・グラントゥリズモS
クリックすると拡大
MASERATI GRANTURISMO S


前のページ
1
2
次のページ



page1 How Magnificent, Latest Italian GTs! 表層を軽やかに疾走する、感覚。
page2 危ういまでの軽やかさ

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2019年1月号
いま、ボルボに乗りたいこれだけの理由。
NEWS
ENGINE beat Lupin 2018…
昭和の文士たちに愛された『銀座・ルパン』が開店から90周年を迎えた。内装も戦前のままという店を訪…
NEWS
PEUGEOT508/プジョー508…
2019年第1四半期に導入が予定されている新型508の発表に先立ち、全国の主要ディーラーでプレビュー・…
SPECIAL
ヴァシュロン・コンスタ…
愛車でクラシックカー・イベントに行く時にも、ちょっと気取って仲間のパーティに出掛ける時にも似合…
NEWS
FIAT クロスオーバーSUV …
2014年春のデビューから4年半、フィアットの小型クロスオーバー(SUV)の500Xが初めて大規模なマイナ…
NEWS
MAZDA CX-5 CX-8/マツダ…
CX-5とCX-8がアップデート。そのプロトタイプにテストコースで試乗した。今回の改良の目玉はエンジン…
NEWS
40年間封印されていた幻…
日本では1978年に短縮版のみが公開されていた、米リメイク版の『恐怖の報酬』が完全な形で復活。ど迫…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S