ENGINE online/エンジン オンライン

159もブレラもスパイダーも147もGTも


Alfa Romeo/アルファ・ロメオ
クリックすると拡大
アルファ・ロメオ


ジュリエッタ、ミトTCTだけじゃない!
まだまだ選べるアルファ・ロメオ


いまアルファ・ロメオは面白い状況になっている。
3つの異なった世代のプラットフォームで作られたクルマが買える。
乗っては感触の違いがあって、好みの1台を見つける悦び大なのだ。
文=齋藤浩之(本誌)


転換期のいまだから面白い

 アルファ・ロメオはいま転換期にある。その橋渡しの役目を果たしているのが、ミトだ。スーパースポーツの8C/8Cスパイダーのデザイン・キューを取り込んで新しい時代のアルファ像を結ぼうとしている。機械技術的にも、次世代アルファの主流をなすマルチエア・エンジンやデュアル・クラッチ変速機などを筆頭に先行して取り入れられている。
 来春日本へ上陸予定のジュリエッタはまさに新時代のアルファ。内包している構成要素は何もかも新しい。
 そこからやがて4ドア版のジュリアが生まれ、ミドル・サイズのSUVも誕生するかもしれない。クライスラーを傘下に収め、そのネットワークを使って今度こそ本気でアルファ・ロメオの北米市場再上陸を狙っているフィアット・グループ・オートモビルズにとって、アルファ・ロメオ再構築は最重要課題のひとつになっている。これまでにないカテゴリーのアルファが生まれ出る可能性はきわめて高い。
 その一方で、過去からの遺産もある。アルファ164開発中にフィアット傘下に入って以後は、前輪駆動(と一部4輪駆動)に特化して、155は156へ、145/146は147へ、164は166へと進化して花を咲かせた。その流れのなかから派生したアルファGTは147とともに、最後の任を果たそうといまも生き残っている。
 GMとの提携のなかで懐胎したアルファ159もブレラ/スパイダーもいる。3世代から選べるのだ。






Alfa Romeo illustrated book



ALFA 159/アルファ159
ALFA 159/アルファ159

アルファ159はいま3つのモデルから選べる。超大径の19インチ・ホイールが印象的なTIの2.2JTSセレスピード(475万円)と3.2 Q4 Qトロニック(565万円)、そして17インチ・タイヤを履く100台限定モデルの2.2JTSセレスピード・コレクション(435万円)である。いずれのモデルも右ハンドルの2ペダル仕様だ。3.2 Q4は4輪駆動。


ALFA 159 SW/アルファ159スポーツワゴン
ALFA 159 SW/アルファ159スポーツワゴン

スポーツワゴンもモデル設定はセダンの159に準じるかたちで4気筒で前輪駆動の2.2JTSセレスピードTI(493万円)とV6を積む4WDの3.2 Q4 QトロニックTI(583万円)の2種類がある。シングル・クラッチ自動MTのセレスピードも、6ATのQトロニックもともに6段型。いずれも右ハンドルのみが用意されている。セダンと違って、こちらに限定モデルの設定はない。


ALFA 147/アルファ147
ALFA 147/アルファ147

ジュリエッタの市場導入が始まろうとしているいま、147はまさにモデル・ライフの最後にある。2004年にフェイス・リフトを受けているけれど、デビュー以来、10年の長きにわたって中心的な役割を務めてきたことになる。4気筒2.0リッターのツインスパークを積む5ドア・ボディのスペチアーレに、標準型(290万円)、プレミアム(310万円)、スポルト(320万円)の3仕様が選べる。すべて右ハンドル。


ALFA GT/アルファGT
ALFA GT/アルファGT

2003年のデビューだからこれも7年目。156/147がデビューして大ブレークした後に、156をベースとしてカロッツェリア・ベルトーネによって生み出された4座クーペ。大人がなんとか乗れる後席と広い荷室をもっているのが特徴。156/147系オリジナルの表情をよく伝えるマスクが美しい。先ごろ60台の限定で投入されたクワドリフォリオ・ドーロ(385万円)が事実上の最終モデルとなっている。


ALFA BRERA/ブレラ
ALFA BRERA/ブレラ

まだまだ現役バリバリなのがブレラだ。159がベースのこちらは2+2然としており、荷室もGTに比べて小さめ。4気筒の2.2JTSセレスピードに標準型(440万円)、プレミアム(515万円)、TI(515万円)の3仕様、3.2JTS Q4 Qトロニックに標準型(580万円)とプレミアム(615万円)が設定される。すべて2ペダルの右ハンドル仕様である。


ALFA SPIDER/スパイダー
ALFA SPIDER/スパイダー

ブレラのデザインをベースに同時開発された現行型スパイダーもまだまだ現役続行が確実。これも4気筒のFWDと6気筒の4WDから選べるが、ブレラと違って、それぞれ仕様は1種類のみ。2.2JTSセレスピード(530万円)と3.2Q4 Qトロニック・ディスティンクティブ(615万円)がそれだ。いずれも右ハンドルのみの設定となっている。


ALFA MITO/ミト
ALFA MITO/ミト

ミトは初期導入モデルだった1.4Tスポーツがいよいよお役御免となり、市中在庫のみという状況。今後は2機種のTCTと、それに先立ってマルチエア・エンジン搭載の高性能モデルとして投入されたクワドリフォリオ・ヴェルデ(328万円)の3モデルによるラインナップとなる。QVは右だけでなく左ハンドル仕様も選べる。ただし6MTのみ。





(2010年12月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
MASERATI Levante GTS/…
マセラティの大黒柱として大ヒットを飛ばすレヴァンテに、550psのV8搭載モデルが加わった。
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
今年もまた富士にフェラーリが大集結した。フェラーリ・オーナーとファンのための集い、「フェラーリ…
NEWS
RENAULT KANGOO/ルノー…
ハッチバックの後部に大きな四角い箱を括りつけたような独特のボディ形状を持ったフルゴネット・タイ…
NEWS
BMW M5/ビーエムダブリ…
8月3日から日本でも公開される映画「ミッション:インポッシブル」の最新作“フォールアウト”とコラボ…
ENGINE ROOM
絶品ラーメンが、どうし…
グリルパンの料理を紹介しているのに、それがなぜラーメンなのか。ヒントはチャーシュー。ふつうなら…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
自動車用品からファッション、時計まで、ENGINE読者必見の新製品、新店舗、イベントなど耳より情報が…
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年9月号
ジャーナリスト46人の投票による、寝ても覚めても恋い焦がれる、 いま、もっとも愛しいクルマ・ラン…
NEWS
TOYOTA CROWN/トヨタ ク…
クラウンと同時に12代目となる新型カローラのハッチバック・モデルも発表された。



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S