ENGINE online/エンジン オンライン

世界3大陸同時発表! ベルリン! ニューヨーク! そして上海!


VOLKSWAGEN THE BEETLE
クリックすると拡大
VOLKSWAGEN THE BEETLE
上海モーターショウ、プレスデイ初日の前夜、浦東新区を望む黄浦江畔のBUND(ザ・バンド)の特設会場に登場したザ・ビートルに報道陣は一斉に群がった。

(左)BERLIN(右)NEWYORK
(左)BERLIN(右)NEWYORK
世界3大陸同時発表の模様はMTVを通じて世界中継された。ニューヨークでは大人気のヒップホップ・グループ、ブラック・アイド・ピーズがライブ・パフォーマンスを披露した。



“ニュー”が取れて再・発進! ザ・ビートル!! 9月発売へ


フォルクスワーゲンのアイコン、ビートルが生まれ変わった。新たな伝説がスタートした地は同社の成長が著しい中国の上海。空冷のオリジナル・ビートルに近づいた外観に最新技術を投入した新型の名前はザ・ビートル! 今年9月にまず北米から発売だ。
文=荒井寿彦 写真=望月浩彦






 上海モーターショウの開幕前夜、フォルクスワーゲンは市内を流れる黄浦江畔の特設会場で新型ビートルの発表パーティを開いた。ドイツのベルリン、アメリカのニューヨークとの3大陸同時発表だが、VW社の役員がズラリと揃う上海こそメイン会場である。会場内は熱気がムンムン。中国はもとより世界中から集まった報道陣約500名が、ステージを見降ろすように設置された観客スタンドにびっしりである。まるでオールスタンディングのロック・コンサートがこれから始まるみたいだ。「ビートルはVWのシンボルであり、歴史そのものなのです!」というヴィンターコーン会長の紹介で、白煙のなかから紅白の新型ビートルが登場すると会場のボルテージは頂点に達した。おびただしいフラッシュ、なりやまない拍手、そして大歓声! 新たな伝説のスタートに立ち会った気がして高揚した。

“ザ”がついた

 新型の名前はザ・ビートル。“ニュー”を取り、“ザ”をつけての再出発である。外観を空冷のオリジナル・ビートルに近づけるため、プロポーションが変更された。4278×1808×1486mmは旧型より152mm長く、84mm広く、12mm低い。ホイールベースは2537mmで26mm伸びた。Aピラーは後退してボンネットが長くなり、ルーフラインは低く、Cピラーも大きく前傾している。サイド・ウィンドウの面積は旧型と比べて半分ぐらいしかない。ワイド&ロウ! そしてリア・フェンダーの大きな膨らみ。そうか! オリジナルに近づくとは、ポルシェ911に近づくことと見つけたり(FFだけど)! ザ・ビートルは男らしくなってより多くの男性ユーザーを取り込む狙いだ。
VOLKSWAGEN THE BEETLE/フォルクスワーゲン ザ・ビートル
 内装はガラっと変わった。まず、奥行が非常に深かった旧型のダッシュボードは廃止され、ウィンドシールドがドライバーにグッと近づいた。見切りの悪さが改善されたのは嬉しい。外観同様、内装デザインもオリジナル・ビートルがモチーフになっている。質感も高い。インパネがボディ同色の仕様も用意されていて、これを奢った赤の展示車は鉄板むき出しだったオリジナル・ビートルの雰囲気を上手に現わしていた。
 後席にも座ってみる。旧型より天井が低くなったとはいえ、オリジナル・ビートルは人々がシルクハットをかぶっていた時代に生まれたクルマだ。新型も頭上に余裕がある。足元も窮屈な感じはしない。
 エンジンはおなじみの4気筒ターボ、TSIが1.2(105ps)、1.4(160ps)、2.0(200ps)リッターの3種類。4気筒ディーゼル・ターボのTDIが1.6(10 5ps)と2.0(140ps)リッターの2種類。どのモデルも6MTのほかDSGの組み合わせも用意されている。また、1.4と2.0TSIにはゴルフGTIに採用されたXDS(電子制御ディファレンシャル・ロック)を標準装備、コーナリング性能の向上が図られている。ザ・ビートル、走行性能もシャキっとしている予感がする。


前のページ
1
2
次のページ



page1 “ニュー”が取れて再・発進! ザ・ビートル!! 9月発売へ
page2 ジミ・ヘンドリクス

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
BENTLEY BENTAYGA/ベン…
ラグジュアリーSUVの雄、ベントレー・ベンテイガの4ℓ搭載モデルが新たに追加された。最高出力55…
NEWS
VOLVO V40 T2 Kinetic/…
ボルボV40のエントリー・モデルで、1.5Lの4気筒ターボ・エンジンと6段ATを搭載するT2キネテックの…
NEWS
Renault TWINGO/ルノー…
ルノー・トゥインゴに限定車、パリジェンヌが発売された。その名のとおり、パリの女性をイメージした…
Cars Driven/試乗記
VOLVO V40 D4R/ボルボV4…
これで3度目となるV40 D4 Rデザインの限定車とこれで最後となるV60ポールスターをテスト。
NEWS
MASERATI/マセラティCAR…
沖縄の海で体験した高速ヨット、マゼラーティ・マルティ70は、水上を飛ぶように疾走する、夢のような…
NEWS
CHEVROLET CORVETTE GRAN…
シボレー・コルベット生誕65周年を記念して、自分だけの1台をオーダーできる「シボレー・コルベット…
NEWS
人気デザイナーの素顔に…
アート・ピースのような靴をつくるマノロ・ブラニクと、小物やアクセサリーは手掛けず、洋服だけで勝…
NEWS
TOKYO AUTO SALON 2018/…
今年で36回目を数えるチューニング&ドレスアップ・カーの祭典、東京オートサロンが2018年1月12日〜14…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S