ENGINE online/エンジン オンライン

ザ・比較テスト・スペシャル 2011年版、悩ましい選択 その2


A6 3.0TFSI クワトロ/A7 3.0TFSI クワトロ/A8 3.0TFSI クワトロ
クリックすると拡大
(左から)
AUDI A7 3.0TFSI quattro
●もっか最新、新型A6の上級モデル
●直噴3リッターV6機械過給+7段自動MT
●アルミ+鉄の混成ボディで1870kg

AUDI A8 3.0TFSI quattro
●旗艦A8のエントリー・モデル
●直噴3リッターV6機械過給+8段AT
●アルミ・スペースフレームで1900kg

AUDI A6 3.0TFSI quattro
●もっか最新、新型A6の上級モデル
●直噴3リッターV6機械過給+7段自動MT
●アルミ+鉄の混成ボディで1870kg


3台ともエンジンは同じ!
いずれも直噴の3リッターV6スーパーチャージャー付きエンジンを搭載する。ただし、A6とA7は300ps/5250〜6500rpmと44.9kgm/2900〜4500rpm、A8は290ps/4850〜6500rpmと42.8kgm/2500〜4850rpmとなる。
A6 3.0TFSI クワトロ/A7 3.0TFSI クワトロ/A8 3.0TFSI クワトロ



アウディ問題。
同じエンジンを積んだA6とA7とA8、ベスト・チョイスはどれ?


A6 3.0TFSI クワトロ(835万円)
A7 3.0TFSI クワトロ(879万円)
A8 3.0TFSI クワトロ(945万円)



2011年、もうひとつの悩ましい選択といえば、アウディの上級サルーン問題。なにしろ、A6、A7、A8がいずれも同じ3リッターV6スーパーチャージャーを搭載し、しかも、価格差110万円以内に収まっているのだ。いったいどれを買ったらいいの?
話す人=村上 政+齋藤浩之(ともに本誌) 写真=柏田芳敬



村上 いまやアウディには、2を除いて1から8までぜんぶある。近いうちにA2とA9も出るなんて噂もあるけれど、要するにニッチ路線を推し進めてきたアウディが、自らのラインナップの隙間もぜんぶ埋めてきた、ということだよね。
齋藤 メルセデスとBMWの隙間をこじ開けてきたアウディも、もはや年産100万台級のメジャー・プレイヤーだからね。主力車種はもはやニッチなんかじゃない。だから自分自身の隙間を埋めに入っている。
村上 2011年に登場したA7スポーツバックは、まさにその典型でしょう。ベースは後から出たA6だけど、車体の大きさはほとんど先代A8並みに大きい。それでいてテールゲート付きのファストバック・クーペだというのだからニッチもニッチ。一足先に市販化されて成功を収めたA5スポーツバックの路線と軌を一にしている。この伝でいくと、A9はA8ベースの巨大なファストバック・クーペになる。
齋藤 さすがにそれはないでしょ。4ドア・ハードトップじゃない?
A6 3.0TFSI クワトロ
クリックすると拡大
A6 3.0TFSI クワトロ パッと見には前輪駆動ベースとは信じられないほどバランスのいいスタイリングを得た新型A6。室内も広くなり、質感も大幅に向上した。全長×全幅×全高=4930×1875×1465mm。ホイールベース=2910mm。試乗車はオプションの20インチ・タイヤを装着していた(標準は19インチ)。
村上 それはともかく、A6とA8だけだったら、どちらを買うにしても買う方は始めから決め打ちで迷うこともなかったはず。ところが、そこにA7が割り込んだことで、ややこしいことになった。アウディの持つ都会的な洗練されたスタイルに魅かれている人にとって、A7は気になる存在でしょう。ところが、A7までいくんだったら、あと66万円足せば、エア・サス付きのフラッグシップ、A8も射程に入ってくる。そもそもがA6とA8の価格差だって、110万円しかないのだから、本当のところどれがいちばんお買い得なのか。ここは僕らがアウディ・ファンのために3台を徹底的に乗り較べてみよう、となったわけだ。

A6 3.0TFSI クワトロ


前のページ
1
2
次のページ



page1 3台ともエンジンは同じ!
page2 進化した乗り心地と操縦性

 
 
最新記事一覧
SPECIAL
今年もやります!“FUJIオ…
エンジン・ドライビング・レッスンの午前中のプログラムとしてお馴染みのオーバル・レッスン。
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
東京の代官山スクエアを…
BESSが木の文化に親しんできた日本人の感性でつくり、世界に向けて発信する新世代ログハウス「G-LOG(…
NEWS
ヴァンクリーフ&アーペ…
3月1日(水)〜4月18日(火)の20:30〜26:00、ヴァンクリーフ&アーペル銀座本店のウィンドウが、光…
NEWS
東京の日本橋三越本店本…
3月15日(水)〜28日(火)、東京の日本橋三越本店本館6階 時計サロンにて、「ラルフ ローレン SAFAR…
NEWS
ミュージカル映画を仕掛…
2月26日に授賞式が行われるアカデミー賞。その大本命とされるミュージカル映画を仕掛けたのは、3年前…
NEWS
「トヨタ・マスター・プ…
4月15日(土)〜26日(水)、トヨタ自動車はウィーン国立歌劇場の特別協力のもとウィーン・フィルハー…
NEWS
全国16カ所のスキー場に…
3月31日(金)まで、全国16カ所のスキー場にあるサロモンレンタルステーションと、全国11ヵ所のサロモ…
NEWS
CORVETTE GRAND SPORT CO…
「ENGINE大試乗会」の1台でもあったシボレー・コルベット・グランスポーツ。内外装をさらに精悍なイ…
NEWS
東京オートサロンで決起…
NASCARに挑戦する日本人ドライバー、古賀琢麻選手が東京オートサロンで決起集会!



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S