ENGINE online/エンジン オンライン

マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。


MACLAREN MP4-12C
クリックすると拡大
MACLAREN MP4-12C



正しいスポーツカー!


英国サリー州ウォーキングに本拠地を置くマクラーレンは、その近郊にあるダンスフォールドという飛行場をテスト・コースにしているという。
BBCの「トップ・ギア」にも登場するそこで、MP4-12Cに初試乗した。


文=村上 政(本誌) 写真=マクラーレン・オートモーティブ





 広大なダンスフォールド飛行場の上には、厚い雨雲が低く垂れ込めていた。毎日こうだったら夏目漱石ならずとも神経症になりそうな重苦しく陰鬱なイギリスの空の下で、私はマクラーレンMP4-12Cの初めての試乗に臨むことになった。
 ウォーキングの本社敷地内にテスト・コースを持たないマクラーレンは、この飛行場をMP4-12C開発のためのテスト・コースに使ってきたという。なんの変哲もない田舎の古い飛行場だが、イギリス中の、いや最近では世界中のクルマ好きに知られているのは、ここにBBCの人気番組、「トップ・ギア」に登場するタイム・アタック用のトラックがあるからだ。8の字を描くように走るそのトラック(といっても、単に滑走路を繋いでコースをペンキで描いただけのものだが)を、マクラーレンも共用しているのだという。そして実際にこの日、私もそこを思いっきり走ることになったのである。
 飛行場の奥深くに、マクラーレンは小さな建物を構えている。そこを拠点に、半日の試乗会は行われた。最初に3台の試乗車を前に簡単なコクピット・ドリルを受けた後、さっそく試乗プログラムに入る。1台は一般道用の右ハンドル仕様で、飛行場を出て、周辺の試乗コースを走るために供された。そして、残り2台は飛行場内を走るための左ハンドル仕様である。残念ながら、試乗時間はごくわずかなものだったが、それでも乗りさえすれば、なにかがつかめる。ましてや、こんな突出したスーパー・スポーツカーならなおさらだ。私はまず一般道から体験することになった。
運転に必要なものしかない

 初めて間近に見るMP4-12Cは、写真から想像していたよりずっと小ぢんまりしてキュッと引き締まったクルマだった。良く見ると、ボンネットやヘッドライトの位置づけや、フロントやサイドのガラスの形状、ショルダー・ラインなど、そこここにかつてのマクラーレンF1ロード・カーの面影を見ることができる。そもそも、全体のフォルムがそっくりにできていることを、この日の午後、マクラーレン本社で2台が並べられているのを見て知ることになるのだが、その点はぜひ写真で、各自確認していただきたい。
MP4-12C
MP4-12Cのシャシーは、カーボン製バスタブ型モノコックの前後にアルミ製フレームを剛結してつくられる。
 ドアには把手がない。その脇に立ち、ドア上部の膨らみの下を撫でるようにしてロックを解除し、ドアを押し上げて開く。まるで手品みたいだ。サイド・シルはロータス・エリーゼ並みに太く高いから、乗り込むのはちょっと大変だが、ドアがハネ上げ式で開口部が大きいため、エリーゼほど窮屈な思いはしない。
 運転席に乗り込むと、お尻から足先までが、カーボン製のバスタブの底に穿たれたスペースにすっぽりと収まった。驚くのは、その着座位置の低さと、前方視界の良さだ。思い切り低いところに座っているのだが、ダッシュボード上部はその時の目線よりもさらに低いところにあるから、なにも視界を遮るものがない。そしてもうひとつ重要なのは、シートに対して寸分違わずに正対してステアリングがあり、回転計があり、ふたつのペダルがあることだ。すべてがドライバーに対して正しい位置にある。この文法は右ハンドルでも左ハンドルでもキッチリと守られていた。
 コクピットの風景は驚くほど簡素だ。まるでレーシング・カーのように、運転に必要なものしか付いていない。正面にあるメーターは巨大な回転計ひとつだけ。速度はその右下の小さな液晶パネルに表示される。回転計の両脇にも大きな液晶パネルがあって、様々な情報がわかりやすく表示されるようになっている。
 ステアリング・ホイールの裏側にはシーソー式に左右がつながったシフト・パドルがある。マクラーレンはF1マシンでも、これと同様のものを使っているのだという。操作感はカチッとしていてわかりやすい。
驚異的な乗り心地の良さ

 センター・コンソールにあるボタンを押してエンジンを始動すると、短いクランキングの後、ブォォーンという小さな雄叫びを上げて、V8ツインターボに火が入った。背後から聞こえてくる音は、さほど大きいわけではないが、猛獣の鼓動のような迫力がある。センター・コンソールのボタンでDレンジを選び、アクセレレーターを踏んで発進する。
 なんとイージーなことだろう。低音の素晴らしく魅力的なサウンドを響かせながら、MP4-12Cはスルスルと走り出した。そのままスロットルを開けていくと、3000回転あたりからターボが効いて音が変わり、俄然、野太さを増してくる。
マクラーレン本社
マクラーレン本社には、同じボディ・カラーのF1ロード・カーと一緒に並べられていた。スタイリングがそっくりなのにビックリ。
 空港の敷地を出ると、イギリスの典型的なカントリー・ロードに入った。路面は少々荒れ気味で、ところどころに小さな凹凸も出来ているが、その道をMP4-12Cはまるで苦にする様子もなくフラット感を保ちながら駆け抜けていく。この乗り心地の良さは驚異的だ。聞けば、4つのダンパーの油圧経路を繋いで相互に関連させながら制御する、プロアクティブ・シャシー・コントロールというシステムを導入しているという。ヤマハが開発した「Xリアス」にも似たもののようだが、どうやらその出来ばえが抜群にイイらしい。
 センター・コンソールには車両特性を変えるふたつのダイヤルが付いている。Pはパワートレイン、Hはハンドリングで、それぞれ、ノーマル(N)、スポーツ(S)、トラック(T)の3種類から選択できる。PのダイヤルをSに入れると、アクセレレーターのピックアップが俄然鋭さを増し、排気音も明らかに一段と大きく、高くなった。さらにTにして右足を踏み込んだら、もっと高音の動物の鳴き声のような音を響かせて怒濤の加速を始めたのである。

ダンスしているように走る
スパイダー・モデル
7月5日に、新しいスパイダー・モデルが発表された。フェラーリ458 スパイダーのように、ハード・ルーフと大きなふたつのフィンを持つのが特徴だ。
 軽い。驚くほど軽い。なんだか本物のレーシング・カーに乗って、公道を走っているかのようなクルマとの一体感がある。どんなステアリングの微妙な操作にも、正確に反応し、その分だけノーズが向きを変える。ハンドリングのダイヤルをノーマルにしていても十分にハンドリングはシャープだが、さらにスポーツからトラックへと切り替えていくと、足が硬さを増すのと比例して驚くほど切れ味が鋭くなっていく。雨に濡れた公道ではリアが滑って、とても攻める気になれない。飛行場に戻って、トラックで試してみることにした。
 8の字トラックを、すべてトラック・モードにして走るのは、この上なく楽しい経験だった。ステアリングから常に正確なロード・インフォメーションが伝わってくるから、安心感が高い。そして、フロントのグリップさえしっかりと確保しておけば、やや多めにスロットルを開けてお尻が流れ始めても、実にコントロールがしやすいから、少々振り回して遊ぶこともできる。運転が上手ければ上手いほど、楽しめる種類のクルマである。最後に、インストラクターの助手席でホット・ラップも体験したが、もう左に右にと振り回してドリフト自由自在。なんだか、ダンスでもしているみたいだった。
 それにしても、この超絶ハンドリング・マシンが、公道でも毎日使えそうなくらい乗り心地がいいのだから、それが最大の長所かも知れない。ただし、フェラーリと絶対的に違うのは、マクラーレンには、色気や遊びの要素などまったくないことだ。すなわち、どこまでもマジメな“正しいスポーツカー”なのである。

クリックすると拡大
クリックすると拡大

ドアは斜め上方に持ち上がるようにして開く。マクラーレンでの呼称は、ディへドラル(二面角)ドア。把手はなく、ドア上部の膨らみの下を手で撫でるとセンサーが感知してロックが解除される仕組みだ。ミドに収まるV8ツインターボは、ガラス製のフードを通して眺めることができる。フードの後端には少し隙間があり、熱を逃がすようになっている。フルブレーキング時には、巨大なエア・ブレーキが立ち上がる。

クリックすると拡大
レーシング・カーのように素っ気ないコクピット。走りに必要なものだけが、最適の場所に配置されている。走りに関する重要なスイッチ類はすべてセンター・コンソールにまとめられており、車両特性やギアのポジションはボタンとダイヤルで選択する。メーターは巨大な回転計のみ。7600rpmからレッドとなる。その左右の液晶パネルに必要な情報はすべて表示される。写真のカーボン・パーツはオプションで、左の写真のようなアルミ製パネルが標準装備される。

クリックすると拡大
リア・ビュウで特徴的なのは、エア・ブレーキにもなる巨大なウイングと、スリットの間から覗くふたつの排気口だ。こんな高い位置にあっても、世界各国の法規をパスしているという。1.3t強の超軽量ボディに、600psのターボ・パワーとくれば、アクセレレーターの踏み方次第で容易にパワー・スライドに持ち込める。



  
 マクラーレンMP4-12C
駆動方式エンジン・ミド縦置き後輪駆動
全長×全幅×全高4509×1908×1199mm
ホイールベース2670mm
車両重量1336kg(乾燥重量)
エンジン形式V8DOHC32バルブ・ツインターボ
排気量3799cc
ボア×ストローク93×69.9mm
最高出力600ps/7000rpm
最大トルク61.2kgm/3000-7000rpm
トランスミッション7段自動MT
サスペンション(前)ダブルウィッシュボーン/コイル
サスペンション(後)ダブルウィッシュボーン/コイル
ブレーキ(前後)通気冷却式ディスク
タイヤ(前)235/35R19,(後)305/30R20
車両本体価格2790万円




(2012年9月号掲載)
 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
TOYOTA CAMRY/トヨタ・…
トヨタがカムリをフルモデルチェンジ。アメリカで15年連続販売台数1位を獲得した人気のグローバル・…
Cars Driven/試乗記
NISSAN X-TRAIL/日産 X-…
新型エクストレイルの大きな変更ポイントは2つ。ひとつはフロントのデザイン変更。クロームで光り輝…
Cars Driven/試乗記
SUBARU LEVORG/スバルBR…
新しいプラットフォームの採用で、一躍スバルの看板車となったインプレッサ。でも、ちょっと待った。
NEWS
Mercedes-Benz AMG GT3R…
メルセデスAMG・GTの走行性能をさらに際立たせたGT・Rが日本で買えるようになった。
NEWS
ポルシェ911が一部改良。
ポルシェはすべてのモデルで年次改良実施。新型パナメーラから導入された車内でオンデマンド・サービ…
Cars Driven/試乗記
BMW 530e & 430iENGINE R…
新型5シリーズ・ツーリングと時を同じくして上陸したBMWの新作2台、530eと430iに乗ってみた。まずは…
NEWS
VW up!/VW アップCAR PE…
新型アップ!に内外装をSUV風に仕立てたクロス・アップ!が限定販売ながら追加された。
NEWS
Porsche 911 GT2 RS/ポ…
ポルシェ911に、GT3RSを超える新たな頂が現れた。高出力化だけでなく、軽量化にも拍車がかかった怪物…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S