ENGINE online/エンジン オンライン

クラシックとモダン、あなたはどっち?


Volkswagen Golf Cabriolet & OPEL Astra Cabri
OPEL ASTRA CABRIO
オペル・アストラ・カブリオ
●全長×全幅×全高=4270×1710×1400mm ホイールベース=2615mm 車両重量=1400kg ●エンジン形式=2.2リットル直列4気筒DOHC 最高出力=147ps/5800rpm 最大トルク=20.7kgm/4000rpm ●駆動方式=FF トランスミッション=4段AT ●タイヤ・サイズ=205/50R16 ●乗車定員=4名 ●車両本体価格=339.0万円
VOLKSWAGEN GOLF CABRIOLET
フォルクスワーゲン・ゴルフ・カブリオレ
●全長×全幅×全高=4075×1695×1420mm ホイールベース=2475mm 車両重量=1250kg ●エンジン形式=2.0リットル 直列4気筒SOHC 最高出力=116ps/5400rpm 最大トルク=16.9kgm/2600rpm ●駆動方式=FF トランスミッション=4段AT ●タイヤ・サイズ=205/45R16 ●乗車定員=4名 ●車両本体価格=340.0万円



クラシックとモダン、あなたはどっち?


VWゴルフ・カブリオレ(340.0万円)&オペル・アストラ・カブリオ(339.0万円)
ほぼ同価格のドイツ製実用小型車、ゴルフとアストラのオープンはどっちがいいか? 3日間足に使って、その実用車度を比較検討してみた。
文=今尾直樹(本誌)  写真=小林 稔



10年モノ対最新モノ

 まず、ゴルフ・カブリオレの紹介から。ベースは先代ゴルフ3。ドイツのコーチビルダー、カルマン製で、デビューは1993年に遡る。フント・マスクだけゴルフ4風に整形されたのは98年。頑強なロールバーが残るのが特徴で、幌の開閉はロックのみ手動の半全自動。今年の秋にはゴルフ5が発表され、そうなると新型ベースのカブリオレの登場が予想される。買うならいまか。
 一方、本国では01年デビュー、日本には昨年上陸したアストラ・カブリオはクーペともどもイタリアン・カロッツェリアの雄、ベルトーネがデザイン、製造を担当する。ゴルフが旧式の2リットル直4SOHCなのに対して、アストラは2.2リットル直4DOHC。幌は収納のハッチまで自動開閉するフル・オートマチック。それでいてお値段はアストラの方が1万円安い339万円。
 あなたならどっちを選ぶ? さっそく2台に乗り込んでみましょう。


運転席にて

 着座してみての違い。ゴルフは全長4075×全幅1695×全高1420mm、ホイールベース2475mm。ゴルフ3がベースなだけに、目の前のダッシュボードは切り立っていて、ちょっと懐かしい感じもある。カブリオレは窓が小さい分、ふつうのゴルフより室内が暗い。それは、リア・クオーターの視界がよくない、ということも意味する。幌は6層構造の布製で、ドイツ製らしくしっかりしている。90年代初期のクルマだから、運転席まわりのスイッチの数は少なめ。
 シンプルで機能的に見える。革座席はシート・ヒーター付き。
 一方、アストラ・カブリオに初めて乗り込んだ日の夜は冷え込みが厳しかった。ドアノブに手をかけると窓ガラスが数mm、自動的にシュッと下がる仕組みなのに、凍結してしまって動かない。密閉度が高いことがかえって災いした。バケツで水をかけて解凍した(本当はアルコールをかけるか、こそぎ落とすのが正しい)。
 バーガンディのボディ色にベージュのレザー内装のアストラは、一見地味だが、けっこう派手なタイプ。よく見るとベルトーネのbのマークがサイドに入っていたりして、うれしいひとにはうれしい。でも、シルエットは平凡なので、私、恥ずかしいことに、夜、駐車場でこのクルマを探してしまいました。全長4270mm×全幅1710×全高1400mm、ホイールベース2615mmと、トランクのある分、全長がゴルフより20cmほど長い。
 アストラで気になるのはスーパーカーなみのAピラーの傾斜。身長172cmにしてはテスターの座高が高いせいもあるが、圧迫感があるだけでなく、左助手席側の視界を左Aピラーがさえぎって見えにくい。
 後席は、どちらも大人が乗れる。ゴルフの場合、足元のスペースはあるが、幌が頭にあたる。アストラはクーペ・ベースなので、着座位置が落としこまれている。


VOLKSWAGEN GOLF CABRIOLET
VOLKSWAGEN GOLF CABRIOLET(写真上から)(1)直立したダッシュ。ある人にはなつかしい運転席。 (2)大人3人で近所に行くのは無問題。 (3)幌を閉じると、クーペっぽい。リアにノッチが残る。 (4)街中では眠く重たい2リットル直4。でも味がある。


前のページ
1
2
次のページ



page1 クラシックとモダン、あなたはどっち?
page2 走り出してみると

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
NEWS
ROLLS-ROYCE CULLINAN/…
ついにこの日がやって来た。前々からその存在が公言されていたロールス・ロイス初のSUV、カリナンが5…
NEWS
Ferrari Racing Days 201…
フェラーリ・オーナーとフェラーリ・ファンのための跳ね馬の祭典、「フェラーリ・レーシング・デイズ…
NEWS
BMW X2/ビー・エム・ダ…
BMWのコンパクトSUV、X1をベースにスタイリッシュなボディを与えたX2の日本での受注が開始された。
NEWS
KANGOO COULEUR/カング…
日本オリジナルとなる特別なボディ・カラーに塗られたカングーの限定車クルール。第8弾目となる今回…
NEWS
MINI/ミニCAR PEDIA 20…
ミニの3ドアと5ドア、そしてコンバーチブルの3モデルが改良を受け、日本市場に投入された。識別ポ…
NEWS
RANGE ROVER Sport/レン…
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年モデルのレンジローバーおよびレンジローバー・スポーツ…
NEWS
MAZDA CX-3/マツダ CX-3…
デビューから3年3ヵ月で4度目の改良を受けたCX-3。これまでの3回は一部改良レベルだったが、今回…
NEWS
TOYOTA Yaris WRC/トヨ…
2017年、18年ぶりにWRCへの参戦を再開し、2勝を挙げたトヨタ。2018年もハンニネンに替わりフォードか…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼クルマの取材ストーリー 最新5件
 作家、真山仁、F1シンガポール・グランプリを見に行く。
 マクラーレンが放った久々のロード・カー、MP4-12Cに英国・ダンスフォールドで乗る。
 ベントレー・コンチネンタルGT&GTCに加わったV8モデルに英国の本拠地、クルーで乗る。
 ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー・スピードとジャガーXJスーパースポーツ
 アウディS4 と ポルシェ・パナメーラ4S