ENGINE online/エンジン オンライン

アバルト・カップに再び参戦す。


LOTUS EXIGE S
クリックすると拡大
ロータス エクシージ S




29号車
LOTUS EXIGE S

全長×全幅=3785×1719mm、ホイールベース2300mmというコンパクトなボディのミドに最高出力221ps/7800rpmと最大トルク21.9kgm/5500rpmを発生する1.8リッター直4+過給機を搭載するエクシージS。前195/50R16、後225/45R17のアドバンA048の組み合わせは、チャンピオン・マシンの実力を持つはず。いまはまだ能書き。



サーキットでは、硬派に変身する。


初代エリーゼのときに、ワン・メイク・レース車両の公道版として誕生したのがエクシージ。
サーキットに来ると、「三つ子の魂」がわかる。
文=今尾直樹(本誌) 写真=柏田芳敬



 9月10日に参加したアバルト・カップが楽しかったので、11月12日に開かれた06年最終戦にも参加した。ひとりは寂しいので、編集部のI記者も誘ってエクシージSでダブル・エントリー! タイム云々は後生だから聞かないでほしい。まだ公表する段階ではない。
 でも、私、実感しました。エクシージSはアクセレレーターで曲げるってことを。コーナーでアクセルを踏んでもゆるめても、向きが変わる。それはアクセルを積極的に踏まないとわからない。次回はもっとわかるかもしれない。つまり、もうちょっとは上達するかもしれない。さらに詳しいハンドリングの解析はまた今度。いま申し上げられるのは、フツウに公道を走っているレベルでは、乗り心地はやたら硬いのにボディ剛性はたいしたことない、と私は思っていたが、コーナリング速度が上がってタイヤのグリップ性能も上がってくると、クルマ全体の手ごたえが俄然ガッチリしてきて頼もしくなる。硬派にして、レーシング・カーっぽい。男らしい。よくできたプロの道具、という感じがする。これはものすごいスポーツカーだ。という認識を新たにした。
主催者の角田幸弘さん
主催者の角田幸弘さん。鉄道マニアでもある。
アバルト・カップにイギリス車

 さて、アバルト・カップというくらいだから、本来はイタリア車ファンのためのイベントである。そこに、のこのこイギリス車。
 でも、エクシージSの雄姿を見ていただきたい。アバルト2000TCとかが現代に蘇ったら、こんなカッコウになりはしないか。カルロ・アバルトが生きていて、たまさかトヨタ・エンジンを積んだミドシップ・スポーツカーをつくったとしたら……。もちろん、エクシージSはカルロ・アバルトとは無関係にロータスなので、そのような空想は無意味。とはいえ、このミニ・スーパーカーが60年代のイタリア車っぽいスタイルをまとっていることは否定できまい。そもそもスーパーカーは、イタリアはモデナの特産品である。
 主催者の角田幸弘さんによると、第1回アバルト・カップは92年に開かれた。以来15年にわたって連綿と続いている。フランス車乗りのフランス車乗りによる一大イベント、フレンチ・ブルー・ミーティングのイタリア車版がほしいね、ということからイタリア車乗りのクラブが協力してフィアット・フェスタというイベントが生まれ、これは文化祭的だったので、運動会がほしいという気運が盛り上がってアバルト・カップに至った。末永く続くことを。英国車だけど、ミニ・スーパーカーで07年も出たいです。


ロータス エクシージ S
(左)最終戦ゆえ年間成績発表も行われた。ステキな盾。(右)角田さんの76年フィアット・アバルト 131ラリー。


ロータス エクシージ S
(左)山路徹さんの新兵器、89年のフォード・シエラRS。(右)70年のプリムス・クーダ440-6バレル。豪快。

 
 
最新記事一覧
Driving Lesson
エンジン・ドライビング・レッスン
「エンジン・ドライビング・レッスン2017」の受講生募集を開始します。今年の開催は全3回…
ENGINE ROOM
凝っても、この程度。本…
エピソード7のラーメンに続いて紹介する「しましまチキン」を使ったグリルパン料理はサンドイッチ! …
ENGINE ROOM
ENGINE 2018年10月号
SUVワールド、百花繚乱! 第1部いま、もっとも悩ましい、ミドル・サイズのSUV選び篇
NEWS
FERRARI V8/フェラーリ …
フェラーリのV8エンジンが、2018年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を獲得、…
NEWS
MITSUBISHI OUTLANDER PH…
2代目アウトランダーに2度目の大きな改良が施された。今回の変更はPHEVのみで、よりEVらしさを強め…
NEWS
SUBARU/スバルFORESTER…
いまやスバルの最量販車種にまで成長したフォレスター。今回発売された新型の注目はインプレッサが初…
NEWS
JAGUAR XF SPORTBRAKE/…
遅れて上陸したジャガーXFスポーツブレークのディーゼルを試した。排気量は2リッターで最高出力はガ…
NEWS
ASTON MARTIN DBS/アス…
アストン・マーティンの勢いが止まらない。セカンド・センチュリー・プランの第1弾であるDB11、DB11…
NEWS
TOYOTA COROLLA SPORT/…
伝統の名前“カローラ”を受け継ぐことになったからだろうか、新型クラウン同様、大きな進歩を遂げてい…



バックナンバーページの定価表記について
「ENGINE 2014年3月号」以前の定価表記は、発売時の定価になっております。
予めご了承くださいますようお願い申しあげます。



▼長期テスト車 最新5件
 価値あるクルマで価値あるモノを探しに行く
 大反響につき、「LEAF to Home」のリポート第2弾。
 北軽井沢に住まう
ゴルディーニ遣いを訪ねる。

 スモール・フレンチ、1年3カ月の任期を終えて退役す。
 フランス車との初めての生活が始まります。